ボスコム渓谷の惨劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボスコム渓谷の惨劇
著者 コナン・ドイル
発表年 1891年
出典 シャーロック・ホームズの冒険
依頼者 アリス・ターナー
発生年 不明。1889年?
事件 チャールズ・マッカーシー殺人事件
テンプレートを表示

ボスコム渓谷の惨劇」(ボスコムけいこくのさんげき、The Boscombe Valley Mystery)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち4番目に発表された作品である。「ストランド・マガジン」1891年10月号初出。1892年発行の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』(The Adventures of Sherlock Holmes) に収録された[1]

あらすじ[編集]

ボスコム沼のほとりでチャールズ・マッカーシーという男が殺害された。死体発見直前に息子のジェームズが被害者と口論しているところを目撃されたため、彼は逮捕される。しかし裁判でのジェームズは殺害は否定するものの、口論の原因を述べる事を固く拒んだ。幼馴染みのアリス・ターナーはホームズに父子の言い争いの理由を打ち明け、ジェームズの人柄から彼は絶対に殺人など犯していないと訴える。

登場人物[編集]

  • チャールズ・マッカーシー
  • ジェームズ・マッカーシー
  • ジョン・ターナー
  • アリス・ターナー

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、311頁