シントラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シントラ
Sintra
Pal nac sintra 2.jpg
Pt-snt1.png SNT.png
LocalSintra.svg
所属する県 リスボン県
面積 316.74 km²
人口 363,749人
人口密度 1148人/km²
所属する教区数 20
自治体首長 {{{presidente}}}
住民呼称 {{{gentílico}}}
都市の休日 6月29日

シントラ (: Sintra) は、ポルトガルの都市で、首都リスボンに隣接する地方自治体である。シントラの市街地には約27,000人が居住しているが、市全域では、36万人を超える人口を誇る。ムーア人が築いた城の跡や、ポルトガル王室の夏の離宮など、様々な年代の文化財が集積していることから観光地として有名であり、また、ユーラシア大陸最西端のロカ岬への観光の拠点でもある。

歴史[編集]

シントラは、すでに11世紀アラブ人の地理学者であるアル・バクルによる記述が残っており、後には、詩人バイロンが「エデンの園」と称賛した。

8世紀ないしは9世紀には、ムーア人が、ムーアの城跡(カステロ・ド・ムーロ)を建設したとされる。

アフォンス・エンリケスによるシントラのポルトガル併合は、1147年のことであり、このとき、町の大部分の城砦が破壊された。

1493年クリストファー・コロンブスが、スペイン国王のもとへ航海を続けた際に、突風に巻き込まれ、シントラの岩壁に避難したこともある。ポルトガル国内で、安全な港を探すことができずに、このような事態に陥り、他に選択の余地もなく、シントラからリスボン港へ向かった。

世界遺産[編集]

世界遺産 シントラの文化的景観
ポルトガル
ペーナ宮殿
ペーナ宮殿
英名 Cultural Landscape of Sintra
仏名 Paysage culturel de Sintra
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(4),(5)
登録年 1995年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

宮殿群や城跡を含むシントラの文化財は、「シントラの文化的景観」として、1995年、ユネスコ世界遺産に登録された。

主な物件[編集]

主な物件は以下の通り。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

地理[編集]

首都のリスボンロシオ駅から、列車やバスで約1時間であり、ロカ岬(ユーラシア大陸最西端)にもバスで約40分で訪れることができる。

日本との関係[編集]

菓子[編集]

小麦粉の生地にチーズクリームを詰め込み焼き完成となるケイジャーダが存在する。

ギャラリー[編集]

シントラの王宮 
ムーアの城跡 
レガレイラ宮殿 
ケルス宮殿 
パラシオ・デ・ モンセラーテ 
ロカ岬 
ロカ岬 

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]