サベナ・ベルギー航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サベナ・ベルギー航空
Sabena
IATA
SN
ICAO
SAB
コールサイン
SABENA
設立 1923年
ハブ空港 ブリュッセル国際空港
マイレージサービス Qualiflyer
航空連合 クオリフライヤー(現存しない)
保有機材数 84機(倒産時)
就航地 99都市(倒産時)
本拠地 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
代表者 Christophe Müller(倒産時のCEO

サベナ・ベルギー航空 (Sabena , フランス語Société Anonyme Belge d'Exploitation de la Navigation Aérienne) は、2001年まで存在したベルギー航空会社

概要[編集]

古い歴史を持つ同国のフラッグ・キャリアだった。「サベナ(SABENA)」という言葉は、フランス語の"Société Anonyme Belge d'Exploitation de la Navigation Aérienne"(直訳すると「ベルギー航空航法サービス会社」)の各単語の頭文字を取ったものである。機体は白地に青が基本で、垂直尾翼に"S"を象ったマークが付けられていた。

歴史[編集]

サベナ航空のダグラスDC-6型機

1923年に、ベルギー本国とベルギーの植民地だったベルギー領コンゴとを結ぶ国営航空会社として設立。ただし、実際にブリュッセルとコンゴの間の運航を始めたのは1935年である。

第二次世界大戦でベルギーがドイツに占領されたために壊滅的な打撃を受けるが、戦後には復活。首都ブリュッセルを中心に路線網を拡げ、ヨーロッパアフリカのみならず、ニューヨーク中東アジア極東にも進出した。

日本へはアジア極東路線として、1969年から羽田空港(東京国際空港)に就航を開始して、就航当初の1971年頃はブリュッセル-東京(羽田)間を、ブリュッセル-アテネ-テヘラン-バンコク-東京の中東アジア路線と、ブリュッセル-アテネ-ボンベイ-バンコク-マニラ-東京のアジア路線、以上2通りのヨーロッパ南廻り線、及び、ブリュッセル-アンカレッジ-東京の北極上空を通過する北極路線の3通りで、週3往復ボーイング707型機を用いて運航していたことがある。翌年の1972年にはテヘランを経由する中東アジア路線が運航停止になり、その後、ヨーロッパ南廻り線は全て廃止されて、北極廻り線のみを週3便DC10コンビによって運航する様になり、1978年の成田空港開設後は成田に乗り入れることになった。

ブリュッセル-成田間では機内サービスとして、日本人乗客向けに日本人客室乗務員を乗務させていた。ならびに、ブリュッセルの空港では、主に日本人乗客のために搭乗手続きや案内業務を行う、日本人の空港地上職員を採用していた。

けれども、ベルギーは小国ゆえ国内線がほとんどなく国際線に頼りがちであり、しかも経営効率が悪かったために黒字を計上したのはわずか1年だけという状態で、慢性的な高コスト体質、赤字が続いた。そのような経営環境だったため、1990年代に入り規制緩和で格安航空会社との競争が激化すると、経営状態はますます悪化した。欧州委員会は、政府による自国航空会社の手厚い保護を認めないという姿勢を打ち出したため、それまでベルギー政府の庇護を受けていたサベナは転換を迫られた。

このため、1990年代前半には隣国フランスエール・フランスと提携するが、当時のエール・フランスも経営状況は厳しく、この提携は長続きしなかった。1990年代後半には新たにスイス航空と資本提携を結び、「クオリフライヤー」と呼ばれる航空連合を形成した。しかし、1990年代末にはスイス航空の業績も悪化、2001年9月アメリカ同時多発テロの影響によってスイス航空は経営危機に陥り、サベナを支援することが出来なくなってしまった。最終的にはライアンエアーがブリュッセルに拠点を構えたことによる競争激化によりサベナは経営破綻、同年11月に運航を停止した。翌年にはスイス航空もサベナと共倒れになる形で倒産し、消滅した。

その後、サベナの機材や路線の一部などを新規に設立されたSNブリュッセル航空が引き継ぎ、尾翼のマークもそのままに使用されたが、2007年ヴァージングループヴァージン・エキスプレスと合併しブリュッセル航空となった。この際に尾翼のマークはドットで「b」をあしらったものに変更され、サベナの名残はブリュッセル航空の2レターコード(SN)に残るのみとなっている。

使用された主な機材[編集]

関連項目[編集]