コイサン語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コイサン語族
話される地域: カラハリ砂漠タンザニア中央部
言語系統: コイは牧畜民、サンは狩猟採集民。アフリカで最も小さな語族
下位言語:
ISO 639-2639-5: khi
Khoi-San.png

コイサン語族の分布図

コイサン語族アフリカ言語で最も小さい語族である。

概要[編集]

歴史的にコイサンの人々によって話されてきた。 今日では南西アフリカのカラハリ砂漠とタンザニアの一部地域で(サンダウェ語英語版ハヅァ語英語版)話される。 特徴は吸着音を音素とすることや、50を超える吸着音と140を超える音素を持つクン語英語版や、 厖大な音素の目録を持ち、キーキー言う咽頭音を持つコオ語英語版を含むことである。

分類[編集]

関連項目[編集]