クリス・スミス (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・スミス
Chris Smith
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州トーランス
生年月日 1957年7月18日(57歳)
身長
体重
182 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1978年 MLBドラフト11巡目
初出場 MLB / 1981年5月14日
NPB / 1984年4月6日
最終出場 MLB / 1983年10月2日
NPB / 1985年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリス・スミスChristopher William "Chris" Smith , 1957年7月18日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手内野手外野手)。右投両打

来歴・人物[編集]

1975年MLBドラフト30巡目でボルチモア・オリオールズに指名されるが契約せず、南カリフォルニア大学に進学。1978年のMLBドラフト11巡目でテキサス・レンジャーズに指名され契約。1980年3月にモントリオール・エクスポズに移籍し、1981年5月14日にメジャーデビューを果たす。1983年2月にサンフランシスコ・ジャイアンツに移籍。

1984年ヤクルトスワローズ外野手として入団し、来日。同年の開幕3連戦で11打数4安打と順調なスタートを切る。しかし、4月15日の対大洋戦にて一塁ゴロを放った際、全力疾走せず途中でベンチに引き返したことが武上四郎監督の不興を買い、打撃不振と重なったこともあり、以降は試合出場から遠ざかる。5月途中から指揮を執った土橋正幸監督の方針から再び出場機会が与えられるも、オールスターゲーム以降はほとんど出場はなく散々たる成績に終わる。

1985年も打撃不振から脱出できずにシーズン大半を二軍で過ごし、ペナント終了を待たずに10月1日に解雇となり帰国した。

南カリフォルニア大学時代には、留学してきた江川卓とルームメイトとなった。江川の「英語の先生」役であったが、部屋にガールフレンドを連れ込むことがしばしばで、江川はその度一人で外出する羽目になったという(本宮ひろ志「実録たかされ」より)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 MON 7 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1982 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1983 SF 22 77 67 13 22 6 1 1 33 11 0 0 0 1 7 1 2 12 0 .328 .403 .493 .895
1984 ヤクルト 52 152 140 9 30 1 0 5 46 15 0 2 0 0 11 0 1 17 2 .214 .276 .329 .605
1985 16 41 38 5 6 1 0 0 7 3 1 0 0 0 2 0 1 6 1 .158 .220 .184 .404
MLB:3年 31 86 76 13 22 6 1 1 33 11 0 0 0 1 7 1 2 15 0 .289 .360 .434 .795
NPB:2年 68 193 178 14 36 2 0 5 53 18 1 2 0 0 13 0 2 23 3 .202 .264 .298 .562

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 6 (1981年)
  • 5 (1982年)
  • 31 (1983年 - 同年途中)
  • 32 (1983年途中 - 同年終了)
  • 2 (1984年 - 1985年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]