カポナータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カポナータ

カポナータイタリア語Caponata)は、シチリア島およびナポリの伝統料理。

シチリアのカポナータ[編集]

シチリアのカポナータは揚げナス甘酢煮である。カプナータ(Capunata)またはカプナティーナ(Capunatina)とも呼ばれる。イタリア全土で有名な料理であり、スペインカタルーニャから渡来したと考えられている。

ナスを一度オリーブ油で揚げ、別鍋にオリーブ油で炒めたタマネギセロリトマトオリーブケッパーと合わせて白ワイン酢で軽く煮込み、砂糖で調味したのちに、バジリコをちらして常温で供する。仕上げにココアパウダーを加えることもあり、ゆで卵カラスミマグロの卵、オイルサーディンタコエビなど魚介類が入る場合もある[1]

カポナータと似た夏野菜の炒め煮は、地中海地方各地でよく見られる。日本では南イタリアチャンボッタCiambotta)と混同されることが多いが、野菜の種類が異なる場合があり、甘酸っぱい味付けにはしない点が異なる[2]。また、フランスラタトゥイユとも似ているが、こちらも普通砂糖や酢は入れない。


ナポリのカポナータ[編集]

ナポリのカポナータは、水に浸して戻した乾パントマトニンニクオレガノオリーブ油で和えたサラダ状の料理である。アックァ・サーレ(Acqua Sale)とも呼ばれる。乾パンはパネ・ビスコッタート(Pane Biscottato)またはフレセッレ(Freselle)と呼ばれるものを用いる。バジリコパセリタマネギオリーブツナの油漬け、ケッパー、茹でたさやいんげんアンチョビピーマン唐辛子の油漬け、ナスの油漬け、キノコの酢漬けを入れることもある[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Simeti, Mary Taylor. Pomp and Sustenance. Ecco, Hopewell, NJ, 1989. p.77-78.
  2. ^ Schwartz, Arthur. Naples at Table. Harper Collins, New York, 1996. p.364-366
  3. ^ Schwartz, Arthur. Naples at Table. Harper Collins, New York, 1996. p.359-361