カセセ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カセセ県と2001年から2005年の県境

カセセ県 (Kasese District) はウガンダ西部、トロ王国南西部、ルウェンズルル王国南部のルウェンゾリ山地の南東、エドワード湖とドゥウェル湖(ジョージ湖)の北に位置し、面積は 2,724 km²で、南西にブコンゾ郡、東部にブソンゴラ郡の2つの郡にブコンゾに10、ブソンゴラにカセセ、カトウェ=カバトロ、ヒマの3TCを含め12の計22副郡と113の教区、656の村が置かれている。キレンベには銅山があり、ウガンダ鉄道がカセセまで敷かれた。現在ではコバルトが採掘されている。住民の多くは家畜を伴った農民である。2002年の国勢調査人口は 523,033人。知事に相当する第5地域議会 (LC5) 議長はジュリアス・キタゲンダ。

火口湖の1つ

ブソンゴラ郡南部にはカトウェ=キコンゴロの火口湖群があり、北部はルウェンゾリ山地国立公園、南部はクイーンエリザベス国立公園に指定されている。北にブンディブギョ県、北東にカバロレ県、東にカムウェンゲ県、南東にカジンガ水路を挟み、アンコーレ王国ブシェニ県、エドワード湖の南にキゲジルクンギリ県カヌング県、西にコンゴ民主共和国北キヴ州と接する。フォート・ポータルからの幹線道がヒマ、カセセを通りキコロンゴでコンゴ方面、ントゥンガモ方面に分岐している。カセセの東にカセセ空港がある。

外部リンク[編集]

座標: 北緯0度9分 東経30度3分 / 北緯0.150度 東経30.050度 / 0.150; 30.050