ウガンダの行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2010年3月時点の112県(数字は下記の表に対応)

ウガンダには2010年7月以降、行政区でない4つの地方[1]112の県が置かれている[2]。イギリス植民地時代に人口を基準に村、教区(ムルカ)、副郡(ゴンボロラ)、郡(サザ)、県が置かれ、1990年代初頭には33県であった[3]が、近年は一つの郡が県とされる例が多い。2000年前半では45に、さらに2006年には80に、2010年3月では112と大きく増加した。県の増加だけでなくその下の地方自治体も増え、また地方議員や行政官も増え財政的に深刻な問題が生じてきている。[4]。またかつては現在の地域と同じ名前で州が置かれたりもしたが、現在の4地域や地方は州ではない。県の長は第5地域議会 (LC5) の議長である。


2010年8月時点の県一覧[編集]

人口は2012年[5]。県はアルファベット順に並んでいる。

中央地域
Central Region
(赤色)
人口
82 ブイクウェ英語版 429,600
84 ブコマンシンビ英語版 154,000
86 ブタンバラ英語版 99,400
87 ブヴァマ英語版 55,300
89 ゴンバ英語版 152,800
27 カランガラ 66,300
90 カルング英語版 177,200
29 カンパラ 1,723,300
36 カユンガ 358,700
38 キボガ 165,100
95 キャンクァンジ英語版 182,900
48 ルウェロ 440,200
99 ルウェンゴ英語版 267,300
100 リャントンデ 80,200
51 マサカ 251,600
56 ミティアナ 311,600
59 ムピジ 215,500
60 ムベンデ 610,600
61 ムコノ 551,000
63 ナカセケ 191,100
64 ナカソンゴラ 156,500
70 ラカイ 484,400
72 センバブレ 219,600
76 ワキソ 1,371,600
東部地域
Eastern Region
(緑色)
人口
4 アムリア 406,400
7 ブダカ 178,900
49 ブドゥダ 180,600
8 ブギリ 426,800
83 ブケデア 186,400
9 ブクウォ 73,400
85 ブランブリ英語版 125,400
13 ブシア 297,600
14 ナムトゥンバ 218,900
15 ブタレジャ 221,100
88 ブイェンデ英語版 265,100
20 イガンガ 499,600
21 ジンジャ 501,300
25 カベラマイド 199,200
28 カリロ 216,500
30 カムリ 500,800
33 カプチョルワ 114,100
35 カタクイ 176,800
91 キブク英語版 181,700
45 クミ 255,500
94 クウェエン英語版 103,300
98 ルッカ英語版 260,900
101 マナフワ 367,500
53 マユゲ 461,200
54 ムバレ 441,300
103 ナマインゴ英語版 232,300
105 ンゴラ英語版 157,400
69 パリサ 362,600
110 セレレ英語版 294,100
73 シロンコ 239,600
74 ソロティ 322,000
75 トロロ 487,900
北部地域
Northern Region
(黄色)
人口
1 アビム 56,500
2 アジュマニ 375,800
78 アガゴ英語版 299,700
79 アレブトング英語版 226,000
3 アモラタル 127,400
80 アムダット英語版 113,700
39 アムル 178,800
5 アパッチ 349,000
6 アルア 776,700
16 ドコロ 183,400
17 グル 396,500
22 カボング 395,200
42 キトゥグム 247,800
43 コボコ 236,900
93 コレ英語版 231,900
44 コティド 233,300
97 ランウォ英語版 171,300
47 リラ 403,100
50 マラチャ 199,300
57 モロト 136,000
58 モヨ 412,500
62 ナカピリピリ 161,600
104 ナパック英語版 197,700
65 ネビ 346,200
107 ナウォヤ英語版 54,000
108 オツケ英語版 86,000
67 オヤム 378,900
68 パデル 231,700
77 ユンベ 545,500
112 ゾンボ英語版 219,800
西部地域
Western Region
(青色)
人口
81 ブフウェジュ英語版 101,300
10 ブリサ 80,800
11 ブンディブギョ 261,700
12 ブシェニ 251,400
18 ホイマ 548,800
19 イバンダ 255,500
26 イシンギロ 420,200
23 カバレ 498,300
24 カバレロ 415,600
31 カムウェンゲ 332,000
32 カヌング 252,100
34 カセセ 747,800
37 キバレ 681,300
40 キルフラ 300,800
92 キリャンドンゴ英語版 317,500
41 キソロ 254,300
96 キェゲグワ英語版 159,800
46 キエンジョジョ 383,600
52 マシンディ 352,400
55 ムバララ 445,600
102 ミトマ英語版 196,300
106 ントロコ英語版 84,100
66 ントゥンガモ 480,100
109 ルビリジ英語版 124,400
71 ルクンギリ 321,300
111 シェエマ英語版 220,200

地域[編集]

地域は前述した通り行政府を持たないため、通常は行政区画に使われない。
しかし、県はこの地域枠から出ることのできない為、いくら県が増えようと面積値は変動せず、人口統計も範囲が変わらないので更新が可能である。そのため統計などでは変化していく県より使われることは多い。

人口(2011年7月1日[6]) 面積(km²) 人口密度
中央地域 Central Region 8,465,400 61,403.2 137.86
東地域 Eastern Region 8,623,300 39,478.8 218.42
北地域 Northern Region 7,620,700 85,391.7 89.24
西地域 Western Region 8,229,800 55,276.6 148.88

過去の行政区分[編集]

45県時代(1997年 - 2001年7月)の県境 
56県時代(2001年7月 - 2005年7月)の県境 
80県時代(2006年7月 - 2010年8月)の県境 


脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 常に「4地方」に分けられる訳ではない。cf.Uganda AIDS Commission National HIV/AIDS ATLAS, Dec 2005.
  2. ^ Status of Local Governments, Ministry of Local Government, 2 Aug 2010.
  3. ^ 長島信弘セメイ・L・カクングル : そのガンダ王国時代」、『一橋論叢』第73巻第4号、日本評論社、1975年4月1日、 366頁、 ISSN 0018-2818
  4. ^ 斎藤文彦「地方行政と開発」/ 吉田昌夫・白石壮一郎編著『ウガンダを知るための53章』 明石書店 2012年 95ページ
  5. ^ Citypopulation.de 2012年投影人口 (英語)
  6. ^ geohive.com

外部リンク[編集]