アムリア県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2001年から2005年のカタクイ県と県境、西部がアムリア県

アムリア県 (テソ語: Amuria distrikt, 英語: Amuria District) はウガンダ北東部、テソ地方北部の2005年7月1日にカタクイ県から北西のカペレビョング郡と南西のアムリア郡が分割され設置された。住民の多くは農民でキャッサバサツマイモラッカセイモロコシゴマなどが主に栽培され、家畜のウシも保有している[1]。カペレビョング郡に3、アムリア郡にアムリアTCを含め7の計10副郡と50の教区が置かれている。2002年の国勢調査人口は 180,022 人、2006年度の概算人口は 244,500 人[1]。知事に相当する第5地域議会 (LC5) 議長はジュリアス・オチェン。南にソロティ県、南西にカベラマイド県、北東にカラモジャ地方モロト県、北西にランゴ地方リラ県と接する。

脚註[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯2度5分 東経33度40分 / 北緯2.083度 東経33.667度 / 2.083; 33.667