モヨ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モヨ県と2001年から2005年の県境

モヨ県 (Moyo District) はウガンダ北西部西ナイル地方北東部の。県庁所在地はモヨ。西ナイル県から分割されたマディ県が1979年に改名されモヨ県となり、1997年5月17日に白ナイル東岸の東モヨ郡がアジュマニ県として分割された。北に西モヨ郡、南にオボンギ郡の2つの郡が置かれている。2002年の国勢調査人口は 199,912人。知事に相当する第5地域議会 (LC5) の議長はピーター・イク・ドロである。第二次スーダン内戦の影響で3万人程のスーダン難民も暮らしている。西はユンベ県、北は南部スーダン東赤道州及び中赤道州と接する。中赤道州のカジョ・ケジとモヨは道路で結ばれている。2005年に第二次スーダン内戦の和平が結ばれ、スーダンとの国境貿易も再開しつつある。

座標: 北緯3度26分 東経31度34分 / 北緯3.433度 東経31.567度 / 3.433; 31.567