アパッチ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2001年から2005年のアパッチ県

アパッチ県 (Apac District) はウガンダ中北部、ランゴ地方西部の。1974年にランゴ県が分割された際に西ランゴ県として設置され、1980年に県庁所在地からアパッチ県に改称された。「アボケの誘拐」で有名なアボケは北部に、ミルトン・オボテの出生地のアココロ村は南西部に位置する。2002年の国勢調査人口は 676,244 人(うち2007年以降のアパッチ県分は 405,524 人)。2007年7月1日に北部がオヤム県に分割された。北東にリラ県、東にドコロ県、南にクワニア湖を挟みアモラタル県、南西にブガンダナカソンゴラ県、西にブニョロマシンディ県と接する。

関連項目[編集]

座標: 北緯2度05分 東経32度35分 / 北緯2.083度 東経32.583度 / 2.083; 32.583