マシンディ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マシンディ県と2001年から2005年の県境

マシンディ県 (Masindi District) はウガンダ西部、ブニョロ北部の。ムウィタンジゲ(ニョロ語: Mwitanzige[1], アルバート湖)の東、白ナイル川の南に位置し、北東部にキバンダ郡、南西部にブジェンジェ郡、北西にブリサ郡、中南部にブルリ郡の4郡が置かれていた。2006年7月にブリサ郡はブリサ県として分割された。面積は 7,216km²で、県の北部・キバンダ郡の西部はアムル県の南部と共にカバレガ国立公園に指定されている。キバンダ郡に4、ブジェンジェ郡に2、ブルリ郡にマシンディTCを含め6の計12副郡が置かれている。キバンダ郡のキリャンドンゴは第二次スーダン内戦やケニア暴動の難民再定住キャンプとなっている。2002年の国勢調査人口は 396,127 人。知事に相当する第5地域議会 (LC5) 議長はビリジャ・スティーヴン。南西にホイマ県、東にランゴ地方オヤム県アパッチ県、カフ川を挟み南東にブガンダナカソンゴラ県ナカセケ県、南にキボガ県と接する。マシンディはリラカンパラ、ホイマと幹線道で結ばれている。

脚註[編集]

外部リンク[編集]