アモラタル県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2001年から2005年のリラ県、南西部の半島がアモラタル県

アモラタル県 (Amolatar District) はウガンダ中部、ランゴ地方南部の2005年7月1日リラ県の南部に置かれていたキオガ郡が分割され設置された。北にクワニア湖を挟みアパッチ県、北東に同様にリラ県から翌年に分割されたドコロ県、南東にテソ地方カベラマイド県、南にキオガ湖を挟みブソガカムリ県ブガンダカユンガ県ナカソンゴラ県と接する。水域を合わせた面積は1,581.77 km²だが西部の湿地はナルバーレダムの過剰放流で洪水に悩まされることが多く、ほぼ常に水面下にある。2008年5月現在の知事に相当する第5地域議会 (LC5) の議長はアルフレッド・アドリである[1]

脚註[編集]

  1. ^ Fred Ogwang, "Grow more trees – Adoli", Uganda Spotlight, May 28, 2008.

外部リンク[編集]

座標: 北緯1度38分 東経32度50分 / 北緯1.633度 東経32.833度 / 1.633; 32.833