キオガ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キオガ湖
Lake Kyoga (NASA).jpg
所在地 ウガンダ
面積 1,720 km2
周囲長 - km
最大水深 - m
平均水深 5.7 m
貯水量 - km3
水面の標高 914 m
成因 -
淡水・汽水 淡水
湖沼型 -
透明度 - m
テンプレートを表示
ウガンダ国内の河川と湖沼。キオガ湖は同国中央部に位置する

キオガ湖Lake Kyoga)は、ウガンダ共和国の中部に位置する大地溝帯に位置し、水面標高は914m。面積は1,720平方キロメートルで、大きくて浅い湖となっている。白ナイル川上流部にあり、ヴィクトリア湖アルバート湖の間に位置する。北西のランゴ地方・北東のテソ地方と南東のブソガ・南西のブガンダの境界となっている。ヴィクトリア湖からキオガ湖に流入する水量は、ヴィクトリア湖畔の都市ジンジャにあるナルバーレ発電所によってコントロールされている。この他にキオガ湖に流入する河川の水源として、ウガンダとケニアの国境にそびえるエルゴン山がある。なお、キオガ湖はアフリカ大湖沼の一帯に位置しているが、アフリカ大湖沼には数えられていない。

水深は最も深い場所で約5.7m、湖の多くは深さが4m未満と浅くなっている。水深3m未満の水域は全域がスイレンで覆われ、湖岸の大半にはパピルスホテイアオイが生育している。パピルスは小さい島々の間を漂う浮島を形成している。北西部のクワニア湖とは増水時にはつながった状態になる。

キオガ湖には46種類の魚類が確認されており、多数のワニも棲息している。

1997年から1998年にかけて、エルニーニョ現象による降雨で水位が上昇した。その結果、巨大なパピルスの浮島やホテイアオイが湖から流されて、白ナイル川に流れ出る湖の出口に蓄積してしまった。これらの堆積物によってせき止められたキオガ湖はさらに水位が上昇し、あふれ出た水によって周囲の580平方キロメートルが被害を受けた。また、周辺住民が移住を余儀なくされたり社会経済に対する深刻なダメージを残したりするなどの結果をもたらした。2004年エジプト政府はウガンダ政府に対して、うまく流れるようにするための工事費1,300万ドルを贈った。

座標: 北緯01度30分00秒 東経32度35分00秒 / 北緯1.50000度 東経32.58333度 / 1.50000; 32.58333