ミティアナ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2001年から2005年のムベンデ県、東部がミティアナ県

ミティアナ県 (Mityana District) はウガンダ南西部、ブガンダ中部のカンパラの西約60kmに位置し、2005年7月1日にムベンデ県から東部のミティアナ郡、ブスジュ郡が分割され設置された。北のミティアナ郡にミティアナTCを含め5、南のブスンジュ(ブスジュ)郡に4の計9副郡、64教区が置かれている。2002年の国勢調査人口は 265,994 人[1]。主な食用作物はマメ、キャッサバ、バナナ、サツマイモ、ジャガイモ、ラッカセイなどで出荷もされ、商品作物にコーヒーバニラワサビノキカカオなど[1]で家畜も飼われている。知事に相当する第5地域議会 (LC5) 議長はムソケ・ジョゼフ。南西部のムベンデ県との間にワマラ湖がある。北にキボガ県、北東にナカセケ県、東にワキソ県、南にムピジ県と接する。

脚註[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯0度27分 東経32度3分 / 北緯0.450度 東経32.050度 / 0.450; 32.050