オーサカ=モノレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーサカ=モノレール
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ファンク
活動期間 1992年-
レーベル SHOUT!
メンバー
中田亮
平石勝俊
山縣賢太郎
真砂陽地
向井志門
速水暖
池田雄一
中村大
木村創生

オーサカ=モノレール日本の9人編成のファンクバンドである。1992年、大学のジャズサークルの仲間で結成された。「1968~72年のFUNKサウンド」を結成以来のバンドコンセプトに掲げている。

バンド名は、結成当時のリハーサル場所だった大学の近くに大阪モノレール線があったことなどから。また、正式英語表記としてOsaka Monaurailというのを採用しているが、これはスペルミスで、The J.B.'sによる1975年のファンクナンバー"It's the JB's Monaurail"から採った、ということである。

メンバー[編集]

  • 中田 亮(なかた りょう、1972年10月7日生、大阪府枚方市出身)ボーカル
  • 平石 勝俊(ひらいし かつとし、1972年10月27日生、奈良県生駒郡出身)トロンボーン
  • 山縣 賢太郎(やまがた けんたろう、1979年9月29日生、東京都杉並区出身)トランペット
  • 真砂 陽地(まさご ようち、1987年3月26日生、奈良県斑鳩町出身)トランペット
  • 向井 志門(むかい しもん、1976年6月9日生、東京都国立市出身)テナーサックス
  • 速水 暖(はやみ だん、1976年12月1日生、奈良県奈良市出身)ギター
  • 池田 雄一(いけだ ゆういち、1981年3月7日生、神奈川県三浦郡出身)ギター
  • 中村 大(なかむら だい、1976年1月30日生、京都府京都市出身)ベース
  • 木村 創生(きむら そうき、1984年1月30日生、栃木県栃木市出身)ドラム 

過去のメンバー[編集]

  • 大内毅(おおうち つよし、京都府京都市出身)ベース
  • 武島聡(たけしま さとる、岐阜県出身)テナーサックス
  • 奥瀬 健介(おくせ けんすけ、1978年11月15日生、岩手県久慈市出身)ドラム
  • 榊原 聖人(さかきばら せいじ、1983年4月20日生、静岡県静岡市出身)トランペット

来歴[編集]

  • 1992年、大阪大学のジャズサークル内で結成された。
  • 1998年、クラブイベント「SHOUT!」をスタートさせる。
  • 2000年3月、12inch EP『What It Is...What It Was』発売。
  • 2000年4月、ブッダブランド『病める無限のブッダの世界』発売。
  • 2000年4月、CDアルバム『What It Is...What It Was』発売。
  • 2001年12月、CDアルバム『Rumble'n Struggle』発売。
  • 2002年、拠点を大阪から東京に移す。ほぼ同時にメンバー多数が入れ替えとなる。
  • 2004年9月、CDアルバム『THANKFUL』発売。
  • 2005年10月、ライブアルバム『EYEWITNESS TO THE... (Live in Heavy Funk System,  Raindogs, Osaka, April 28, 2005)』発売。
  • 2006年、FUNKシンガーマーヴァ・ホイットニーの来日ツアーをバックバンドとしてサポートする。
  • 2006年11月、初のヨーロッパツアーを行い、JAZZ CAFE(ロンドン)などを初め、フランスやドイツなどで計6公演を行う。
  • 2006年12月、CDアルバム『Reality For The People』発売。同日、マーヴァ・ホイットニーを全面プロデュースしバックバンドも務めたCDアルバム『I Am What I Am』発表。
  • 2007年、第二回目となるヨーロッパ遠征。計15公演を行う。CD『Reality For The People』のヨーロッパ盤をUNIQUEレーベル(ドイツ)より発売。
  • 2008年7月、別名儀「UNDERCOVER EXPRESS」として、インストカヴァーアルバム『Introducing Undercover Express』発売。ヨーロッパ盤UNIQUEレーベルは、内容は同じだがジャケットも異なり、名義はOSAKA MONAURAIL、タイトルは『AMEN, BROTHER』として発表。
  • 2008年、8月セルビア遠征、9月バンコク遠征、10〜11月ヨーロッパ遠征(17公演)。
  • 2009年11〜12月、ヨーロッパ遠征(14公演)。
  • 2009年、スペイン・バルセロナでの公演を収録した『LIVE IN SPAIN』を発表。初のドキュメンタリーDVD+CD2枚組。
  • 2010年11〜12月、ヨーロッパ遠征(14公演)。
  • 2011年8月、CDアルバム『State Of The World』発表。「オーセンティックFUNKの発展」というテーマに取り組んだアルバム。ヨーロッパ盤はUNIQUEレーベル(ドイツ)より2012年3月発売。
  • 2012年、結成20周年を記念して、ヨーロッパおよび北米を巡るワールドツアーを行う。3~4月および6~7月で計38公演。モントリオール国際ジャズフェスティバル(カナダ)への出演も果たした。
  • 2012年12月、ジェイムズ・ブラウンの音楽監督として知られるトロンボーン奏者、フレッド・ウェスリーとイベント「Hennessy artistry」にて共演。
  • 2013年1月、初のオーストラリア・ツアー。シドニー、メルボルンなど6公演を行う。
  • 2013年7月、ヨーロッパ遠征にて15公演(予定)。

ディスコグラフィー[編集]

7インチシングル[編集]

  • NEW NEW TYPE THING (pts.1&2)(2001年1月20日)
  • (SHE LIGHTS MY FIRE, THE BABY SURE IS) DOWN AND OUT (pts.1&2)(2001年1月20日)
  • JUST BEIN' FREE (pts.1&2)(2001年6月16日)
  • MIND POWER (pts.1&2)(2004年11月12日)
  • DOUBLE-UP, NOW b/w GROOVY,GROOVY,GROOVY(Pt.2)(2004年11月12日)
  • HOT PANTS ROAD (pt.1) b/w PICK UP THE PIECES ONE BY ONE (pt.2)(2005年4月15日)
  • PICK UP THE PIECES ONE BY ONE (pt.1) b/w HOT PANTS ROAD (pt.2)(2005年4月15日)
  • I AM WHAT I AM (pts.1&2) (MARVA WHITNEY WITH OSAKA MONAURAIL)(2006年6月16日)
  • SOULSISTERS (OF THE WORLD UNITE) b/w IT'S HER THING (MARVA WHITNEY WITH OSAKA MONAURAIL)(2007年3月16日)
  • QUICKSAND b/w CEOLA(2007年4月20日)
  • WE GOT ONE (A SHOW)(2007年)
  • SIGNED, SEALED AND DELIVERED - I'M YOURS b/w SUPERSHINE #9(2009年)
  • TIGHTEN UP b/w SOULFUL STRUT(2009年)
  • HUNG UP(2009年)
  • NO TROUBLE ON THE MOUNTAIN (featuring Shirley Davis) b/w THE ARCHIPELAGO(2011年)

アルバム(CD/LP)[編集]

  • WHAT IT IS...WHAT IT WAS(2000年4月 RDレコード
  • RUMBLE'N STRUGGLE(2001年12月 RDレコード)
  • THANKFUL(For What You've Done)(2004年9月 RDレコード)
  • EYEWITNESS TO THE (Live In Heavy Funk System At Raindogs, Osaka, April 28,2005)'(2005年10月 RDレコード)
  • REALITY FOR THE PEOPLE(2006年12月 Pヴァイン
  • I AM WHAT I AM (MARVA WHITNEY)(2006年12月 SHOUT!/Pヴァイン)
  • INTRODUCING UNDERCOVER EXPRESS (2009年、UNDERCOVER EXPRESS名義)
  • AMEN, BROTHER!(2009年 UNIQUE RECORDS).....INTRODUCING UNDERCOVER EXPRESSと同内容。
  • LIVE IN SPAIN (CD/DVD)(2009年12月 SHOUT!/Pヴァイン)
  • STATE OF THE WORLD(2011年8月 キングレコード

参加作品[編集]

  • BUDDHA BRAND「病める無限のブッダの世界〜BEST OF THE BEST〜」(2000年3月15日)
    1.SUPER HEAVY FUNK INTRO
  • keyco「P-TRAIN」(2002年)
    1.上へ行こう
  • SOUL SCREAM「TOUR2002 FUTURE IS NOW」(2002年11月).....全曲でバックバンドを担当。
  • MURO「ULTIMATE COLLECTION MUROTIMATE BREAKS & BEATS VOL.2」(2006年11月22日)
    13.SPREADING FUNK VIRUS feat.中田亮
  • 大西ユカリ「HOU ON」(2009年)
    5.MARU-CHO inside out!, 13.MO'MARU-CHO
  • 近藤房之助「黒くなれ」(2011年)
    8.WHO'S MAKING LOVE, 9.WAR
  • 平井堅「JAPANESE SINGER」(2011年)
    8.GIRLS 3x

メディア出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

  • ライブビート(2012年3月、NHK-FM

関連項目[編集]

外部リンク[編集]