JBズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・JBズ(The J.B.'s, 時としてThe JB'sやThe J.B.sのように表記されることもある)は1970年代前半のジェームス・ブラウンのバンド。レコードではJames Brown Soul Train、Maceo and the Macks、A.A.B.B.、The First FamilyやThe Last Worldといった様々な別名でクレジットされることもある。ジェームス・ブラウン以外にも、ボビー・バードリン・コリンズなどのジェームス・ブラウンのショーと関係する歌手のバックを務めたり、グループ自身の名義での活動を行うこともあった。

キャリア[編集]

「オリジナル」JBズ[編集]

JBズはブラウンの旧バンドの殆どのメンバーが賃金ストライキを起こした後の1970年3月に結成された(ブラウンの1950年代と1960年代の旧バンドはザ・ジェームス・ブラウン・バンドやザ・ジェームス・ブラウン・オーケストラとして知られていた)。JBズの初期メンバーには無名のファンクバンドであるザ・ペースメーカーズ出身のベース奏者ウィリアム“ブーツィ”コリンズとその兄でギター奏者のフェルプス“キャットフィッシュ”コリンズの兄弟、60年代のブラウンのバンドから残ったボビー・バード(オルガン)とジョン“ジャボ”スタークス(ドラム)、経験の浅い3人のホーン奏者クレイトン“チキン”ガンネルズ、ダリル“ハサン”ジャミソンとロバート・マコラフ、コンガ奏者のジョニー・グリッグズがいた。この代のJBズは "Get Up (I Feel Like Being a) Sex Machine", "Super Bad", "Soul Power", や "Talkin' Loud and Sayin' Nothing" といったブラウンの最も強烈なファンク録音の幾つかで演奏した。またブラウンのヨーロッパツアーにも同行し(ずっと後になってリリースされるライブアルバム Love Power Peaceをツアー中に録音)、更には2枚組LPのセックスマシーンを録音、好んでサンプリングされる"The Grunt"と"These Are the J.B.'s"の2枚のインストシングル盤をリリースした。

他のライナップ[編集]

1970年12月、トロンボーン奏者のフレッド・ウェズリーがJBズのリーダーとなるためにジェームス・ブラウンの組織に戻る。やがてウェズリーに従いメイシオ・パーカーセント・クレア・ピンクニーといった他のブラウンの元サイドマンたちが復帰すると、コリンズ兄弟や他の「オリジナル」JBズはブラウンのもとを離れてジョージ・クリントンPファンク共同体に合流する。その後はJBズのライナップは頻繁に入れ替わり、かつてJBズとして活動したグループは1976年のウェズリーとパーカーの脱退で本質的に解散となる。

録音[編集]

この年代のブラウンのステージとレコードでのバックを務めた以外にも、JBズは自身のアルバムやシングルを録音し、時にブラウンもオルガンやシンセサイザーで参加した。アルバムは一般にヘビーなファンク曲やよりジャズ色の濃い曲からなっている。1970年代前半には"Pass the Peas"や"Gimme Some More"といった多くのヒット曲をチャート入りさせ、"Doing It to Death"はナンバーワンR&Bヒットとなった。「フレッド・ウェズリー&ザ・JBズ」名義での"Doing It to Death"は100万枚を売り上げ、1973年7月にRIAAからゴールドディスクが与えられた。[1]

1974年の"Breakin' Bread"は特異なアルバムで、殆どの曲の冒頭で録音されたバッキングトラックにフレッド・ウェズリーが語る回想がオーバーダブされている。これは名盤"Doing It to Death"に見られるジェームス・ブラウンのリアルタイム録音主体のスタイルと対局をなしている。類似の特異性として、1974年のアルバム "Damn Right I Am Somebody" では第2トラックのジャムの20秒の延長が他の全ての曲の冒頭のつなぎとして使われている(そのどれもにジェームス・ブラウンのトレードマークである金切り声が入っている)。ほぼ全てのJBズの録音はブラウンによりプロデュースされ、殆どの曲はブラウン自身のレーベルであるピープルレコードからリリースされた。ファンクスタイルが1970年代にディスコに主流の座を譲って短命に終わり、彼らの素材やアレンジはそれに合わせて徐々に変わっていく。1999年の"Bring the Funk on Down"は(ほとんど)1970年代の形式への回帰と言える。

A.A.B.B.名義では、グループは1975年のアメリカチャートで108位を記録する"Pick up the Pieces One By One"をリリースしている。[2] その名前は当時人気のファンクグループアヴェレージ・ホワイト・バンドに因んだ"Above Average Black Band"の略である。[2]

殆どのジェームス・ブラウンの音楽同様に、JBズの録音はヒップホップDJやレコードプロデューサーによって大いに発掘されてきている。

ザ・JBホーンズ[編集]

1980年代から1990年代にかけて、メイシオ・パーカーとフレッド・ウェズリーはアルフレッド“ピー・ウィー”エリスといった元ブラウンのサイドマンたちをひきつれてザ・JBホーンズ名義で継続的にツアーを行っている。JBホーンズはグラマビジョンレーベルに数枚のアルバムを録音し、後にライノレコードより再発されている。また同名義でジェフ・マクレイリチャード・マズダのプロデュースによるアルバム"I Like It Like That"を残している。

再結成[編集]

フレッド・ウェズリー、ブーツィ―・コリンズ、ピー・ウィー・エリス、ボビー・バードとクライド・スタブルフィールドを含む形態でのJBズがセント・クレア・ピンクニーへの追悼として1999年に「再結成」アルバム"Bring the Funk on Down"を録音している。このアルバムはPヴァイン・レコードから日本でリリースされ、2002年にインスティンクトレコードよりアメリカで再リリースされた。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Food For Thought (1972)
  • Doing It to Death (1973)
  • Damn Right I Am Somebody (1974) - (as "Fred Wesley & the J.B.'s")
  • Breakin' Bread (1974) - (as "Fred & the New J.B.'s")
  • Hustle with Speed (1975)
  • Jam II Disco Fever (1978)
  • Groove Machine (1979)
  • Bring the Funk On Down (1999)

JBホーンズ名義[編集]

  • Pee Wee, Fred and Maceo (1989)
  • Funky Good Time / Live (1993)
  • I Like It Like That (1994)

シングル[編集]

  • 1970
    • "The Grunt, Pt 1" / "Pt2"
    • "These Are the J.B.'s, Pt 1" / "Pt 2"
  • 1971
    • "My Brother, Pt 1" / "Pt 2"
    • "Gimme Some More" / "The Rabbit Got The Gun"
  • 1972
    • "Pass the Peas" / "Hot Pants Road"
    • "Givin' Up Food For Funk, Pt 1" / "Pt 2"
    • "Back Stabbers" / "J.B. Shout"
  • 1973
  • 1974
    • "Damn Right I Am Somebody, Pt 1" / "Pt 2"
    • "Rockin' Funky Watergate, Pt 1" / "Pt 2"
    • "Little Boy Black" / "Ronkin' Funky Watergate"
    • "Breakin' Bread" / "Funky Music is My Style"
  • 1975
    • "Makin' Love" / "Rice 'n' Ribs"
    • "(It's Not the Express) It's the J.B.'s Monaurail, Pt 1" / "Pt 2"
    • "Thank You for Lettin' Me Be Myself and You Be Yours Pt 1" / "Pt 2"
  • 1976
    • "All Aboard The Soul Funky Train" / "Thank You for Lettin'... Pt 1"
    • "Everybody Wanna Get Funky One More Time, Pt 1" / "Pt 2"
  • 1977
    • "Music For The People" / "Crossover" - (as the J.B.'s International)
    • "Nature, Pt 1" / "Pt 2" - (as the J.B.'s International)
  • 1978
    • "Disco Fever, Pt 1" / "Pt 2" - (as the J.B.'s International)

CDコンピレーション[編集]

  • Funky Good Time: The Anthology (2 CD) (1995)
  • Food for Funk (1997)
  • Pass the Peas: The Best of the J.B.'s (2000)

参考資料[編集]

  1. ^ Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. p. 338. ISBN 0-214-20512-6. 
  2. ^ a b Joel Whitburn, Top Pop Singles 1955-2008. Record Research, 2009, p. 19.

外部リンク[編集]