オリヴィエ・ブランチャード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリヴィエ・ブランチャード
ニューケインジアン経済学
生誕 1948年12月27日(65歳)
フランス アミアン
国籍 フランスの旗 フランス
研究機関 国際通貨基金IMF
研究分野 マクロ経済学
母校 マサチューセッツ工科大学MIT
影響を
与えた人物
ジョルディ・ガリ英語版
ギルス・セントポール英語版
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

オリヴィエ・ブランチャード(Olivier Jean Blanchard、1948年12月27日―)は、フランスアミアンで生まれたアメリカ経済学者。フランス国籍でアメリカの永住権をもつ。
マサチューセッツ工科大学MIT)の教授だが、現在はIMFのチーフエコノミストとして活躍している。専門はマクロ経済学である。日本での名前の呼び方には、他にオリビエ・ブランチャード、オリヴィエ・ブランシャール、オリビエ・ブランシャールなど多様なものがある。

略歴[編集]

主な著作[編集]

日本語訳[編集]

著書(原書)[編集]

  • "Restoring Europe's Prosperity; Macroeconomic Papers from the Centre for European Policy Studies" (with Rudiger Dornbusch and Richard Layard), MIT Press, 1986
  • "Lectures on Macroeconomics"(with Stanley Fischer), MIT Press, 1989
  • "World Imbalances, Wider World Economy Group, 1989 report", WIDER, 1989
  • "Reform in Eastern Europe, Wider World Economy Group 1990 report", WIDER and MIT Press, 1991
  • "Competitive disinflation, the Mark, and fiscal policies in Europe", International Policy Group at OFCE, Oxford University Press, 1993
  • "East-West Migration, Wider World Economy Group, 1991 report", WIDER and MIT Press, 1992
  • "Post Communist Reform, Wider World Economy Group 1992 report", WIDER and MIT Press, 1993
  • "The Transition in Eastern Europe" (editer with Kenneth Froot and Jeffrey Sachs), VolumesⅠand Ⅱ, NBER and University of Chicago Press, 1994
  • "Spanish unemployment; is there a solution?", CEPR group on Spanish Unemployment, CEPR, 1995
  • "Macroeconomics", Prentice Hall, 1997, 2000, 2003, 2005, 2008
  • "The Economics of Post-Communist Transition", Clarendon Lecture, Oxford University Press, 1997

関連項目[編集]