ジェームズ・デューゼンベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・デューゼンベリー
ネオケインジアン経済学
生誕 1918年7月18日
ウエストバージニア州
死没 2009年10月5日(91歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
研究機関 ハーバード大学
研究分野 ミクロ経済学
行動経済学
母校 ミシガン大学
影響を
受けた人物
ジョン・メイナード・ケインズ
ミハウ・カレツキ
ジョン・ヒックス
ポール・サミュエルソン
論敵 ミルトン・フリードマン
影響を
与えた人物
ケネス・アロー
実績 所得と消費のケインジアン分析
テンプレートを表示

ジェームズ・デューゼンベリー(James Stemble Duesenberry、1918年7月18日-2009年10月5日)は、ウェストバージニア州プリンストンで生まれたアメリカ経済学者

ハーバード大学教授であり、専門は貨幣および銀行論、マクロ経済学であった。歯止め(ラチェット)効果とデモンストレーション効果を基本とする相対所得仮説、金融的要因を重視する景気循環理論、アメリカの計量経済モデルの開発などの研究に尽力した。

略歴[編集]

業績[編集]

  • 消費理論では、歯止め(ラチェット)効果とデモンストレーション効果を重視して相対所得仮説を展開した。
  • 景気循環理論では、金融的要因を重視する乗数・加速度モデルを提唱した。
  • 計量経済モデルでは、ブルッキング・モデルを中心に開発・運用を行った。

主要著作[編集]

日本語訳[編集]

  • 『所得・貯蓄・消費者行為の理論』(現代経済学選書)、大熊一郎訳、巌松堂出版、1955年(改訳版1964年)
  • 『景気循環と経済成長』、馬場正雄訳、好学社、1965年
  • 『貨幣と信用』(現代経済学叢書)、貝塚啓明訳、東洋経済新報社、1966年
  • 『新展開・日米経済:均衡ある発展を求めて』、近藤鉄雄編、J.S.デューゼンベリー他著、TBSブリタニカ、1989年

原書[編集]

  • Income, Saving, and the Theory of Consumer Behavior, 1949年(『所得・貯蓄・消費者行為の理論』)
  • Business Cycles and Economic Growth, 1957年(『景気循環と経済成長』)
  • Cases and Problems in Economics, with Lee E. Preston, 1960(『経済学における事例と課題』)
  • Money and Credit: Impact and Control, 1964(『貨幣と信用』)
  • The Brookings Model: Further Results, 共編, 1969(『ブルッキングス・モデル 増補版』)
  • Capital Needs in the Seventies, with Barry Bosworth and Andrew S. Carron, 1975(『70年代における資本の必要性』)
  • Money, Banking, and Economy, with Thomas Mayer and Robert Zelwin Aliber, 1981(6th ed. 1996)(『貨幣・銀行と経済』)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]