スタンレー・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタンレー・フィッシャー
ニューケインジアン経済学
イスラエル銀行総裁・スタンレー・フィッシャー
生誕 1943年10月15日(70歳)
北ローデシア (現在のザンビア)
国籍 イスラエルの旗 イスラエル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 イスラエル銀行(2005年–2013年)
シティグループ(2002年–05年)
国際通貨基金(1994年–01年)
世界銀行(1988年–90年)
MIT(1973年-88年, 1990年–94年)
研究分野 金融経済学
母校 MIT (Ph.D.)
LSE (B.Sc., M.Sc.)
影響を
受けた人物
フランクリン・M・フィッシャー
影響を
与えた人物
N・グレゴリィ・マンキュー
ベン・バーナンキ
ケネス・ロゴフ
テンプレートを表示

スタンレー・フィッシャー(Stanley Fischer、1943年10月15日 - )は、アメリカ合衆国イスラエル経済学者イスラエル銀行前総裁。

北ローデシア(現在のザンビア)でユダヤ系移民の子として生まれ、1956年ごろに現在のジンバブエに移住し、高校最後の年に経済学を履修した。1962年からイギリスロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修士課程まで学び、アメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学へ渡った。ここでは金融政策が効果的な雇用拡大につながるとの持論を展開している。1969年、同大学でPh.D.を取得した。シカゴ大学を経て多年にわたりマサチューセッツ工科大学で教職にあった。受講者には、ベン・バーナンキマリオ・ドラギローレンス・サマーズグレゴリー・マンキューなどがいる。アメリカとイスラエル両国の市民権を得ている[1]

1988年からの世界銀行チーフエコノミスト就任時から政策運営に関与することへの意欲が高まり、サマーズの援助も有って1994年国際通貨基金の筆頭副専務理事となった。2002年シティグループ副会長に就任後、2005年12月に打診を受けてイスラエル中央銀行総裁となった。2011年、同行において金融政策委員会を作り総裁の裁量権を放棄した。2014年6月に中銀総裁の任期が終了する予定であったが、2013年6月末に退任した[1]

2014年1月、オバマ大統領から米国連邦準備理事会副議長に指名された[2]。6月17日就任[3]

略歴[編集]

著作[編集]

  • ルディガー・ドーンブッシュ共著)『マクロ経済学(上)(下)』改訂版、シーエーピー出版、1998年.
  • オリビエ・ブランチャード共著)『マクロ経済学講義』、高田聖治訳、多賀出版、1999年.
  • (スタンレー・フィッシャー他著)『IMF資本自由化論争』、岩本武和監訳、岩波書店、1999年(Fischer, Stanley et al., Should the IMF Pursue Capital-Accunt Convertibility? (Essays in International Finance, 207), Princeton University, 1998).
  • 「生産要素の移動可能性と国際通貨」、『金融研究』、第8巻第3号、日本銀行金融研究所、1989年10月.

参考[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “情報BOX:米FRBの次期副議長に指名されたフィッシャー氏の横顔”. REUTERS. (2014年1月15日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0KO1W020140115 2014年1月16日閲覧。 
  2. ^ “米大統領、フィッシャー前イスラエル中銀総裁をFRB副議長に指名”. INTERNATIONAL BUSINESS TIMES. (2014年1月11日). http://jp.ibtimes.com/articles/53188/20140111/1389371490.htm 
  3. ^ フィッシャー氏が米FRB副議長に就任宣誓、他の2理事も ロイター2014年6月17日