ロイド・メッツラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロイド・メッツラー
ネオケインジアン経済学
生誕 1913年
カンザス州ロストスプリングス
死没 1980年10月26日
イリノイ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 イェール大学 (1946年-1947年)
シカゴ大学 (1947年-1975年)
研究分野 経済学
母校 カンザス大学 (BS, 1935; MBA, 1938)
ハーバード大学 (MA, 1941; PhD, 1942)
影響を
与えた人物
アーノルド・ハーバーガー
実績 国際貿易
テンプレートを表示

ロイド・メッツラー(Lloyd Appleton Metzler、1913年 - 1980年10月26日)は、アメリカ経済学者。彼は生涯のほとんどをシカゴ大学で過ごしたが、シカゴ学派ではなく、ネオケインジアンとして過ごした。彼はメッツラー・パラドックスやメッツラー行列で有名である。

略歴[編集]

著作[編集]

日本語訳[編集]

原書[編集]

  • "The Assumptions Implied in Least Squares Techniques", 1940, REStat
  • "The Nature and Stability of Inventory Cycles", 1941, RES
  • "Underemployment Equilibrium in International Trade", 1942, Econometrica
  • "The Transfer Problem Reconsidered", 1942, JPE.
  • "Effects of Income Redistribution", 1943, REStat
  • "Stability of Multiple Markets: The Hicks Conditions", 1945, Econometrica
  • "Business Cycles and the Modern Theory of Employment", 1946, AER
  • "Keynes and the Theory of Business Cycles", 1947, in Harris, editor, New Economics
  • "Factors Governing the Length of Inventory Cycles", 1947, REStat
  • "Three Lags in the Circular Flow of Income", 1948, in Metzler, editor, Income, Employment and Public Policy.
  • "The Theory of International Trade", 1948, in Ellis, editor, A Survey of Contemporary Economics
  • "Tariffs, Terms of Trade and the Distribution of National Income", 1949, JPE.
  • "Tariffs, International Demand and Domestic Prices", 1949, JPE
  • "A Multiple Region Theory of Income and Trade", 1950, Econometrica
  • "Graham's Theory of International Values", 1950, AER
  • "The Rate of Interest and the Marginal Product of Capital", 1950, JPE
  • "Flexible Exchange Rages and the Theory of Employment", with S. Lauresen, 1950, REStat
  • "Wealth, Saving and the Rate of Interest", 1951, JPE
  • "A Multiple-Country Theory of Income Transfers", 1951, JPE
  • "Taxes and Subsidies in Leontief's Input-Output Model", 1951, QJE

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代経済学の展望』は理論篇I、理論篇II、政策篇の3冊からなる。