ジョージ・シャックル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・シャックル
ポストケインジアン経済学
生誕 1903年7月14日
ケンブリッジ
死没 1992年3月3日
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究機関 リヴァプール大学
研究分野 期待、不確実性、経済思想史
母校 LSE
影響を
受けた人物
フリードリッヒ・ハイエク
ジェームズ・ミード
論敵  
実績 驚愕関数
『経済理論の体系』(著書)
テンプレートを表示

ジョージ・シャックル(G・L・S・シャックル、George Lennox Sharman Shackle、1903年7月14日-1992年3月3日)は、ケンブリッジ出身のイギリス経済学者

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスLSE)で学び、リヴァプール大学で教えた。「期待」と「不確実性」の問題に関心を示したほか、経済思想史を研究した。

略歴[編集]

研究[編集]

  • 経済活動は将来の出来事についての期待に支配されるが、将来の出来事はもともと不確実なものであり、したがってほとんど予測不可能である。
  • 不確実性の存在を洞察して、「驚愕関数」(surprise function)の理論を提示した。シャックルは、驚愕関数の輪郭についてのいくつかを公式化することができた。 
  • 1965年の著書『経済理論の体系』(“A Scheme of Economic Theory”)では、経済理論を8つ(大まかにいえば5つ)に分類している。
  1. General timeless equilibrium
  2. Leontief models
  3. Harrod-Hicks models of systematic movement
  4. Austrian capital theory
  5. Marshall's time-spectrum
  6. Neo-Wicksellian sequence analysis
  7. Keynesian kaleido-statics
  8. Non-distributive expectation 

著作[編集]

  • 『期待・投資・所得』、1938年
  • 『経済学における期待』、1949年(第2版1952年)
  • 『人間の行為における決定・秩序・時間』、1961年(第2版1969年)
  • 『経済理論の体系』、1965年
  • 『認識学と経済学』、1972年
  • 『高度な理論の時代』、1967年