デビッド・ローマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デビッド・ローマー
ニューケインジアン経済学
生誕 1958年3月13日(56歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 カリフォルニア大学バークレー校
研究分野 マクロ経済学
母校 MIT
プリンストン大学
影響を
受けた人物
ジョン・メイナード・ケインズ
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

デビッド・ローマー(David Romer、1958年3月13日-)は、マサチューセッツ州Amherstに生まれたアメリカ経済学者カリフォルニア大学バークレー校の教授であり、専門はマクロ経済学である。
妻のクリスティーナ・ローマーも経済学者である。グレゴリー・マンキューとともにニューケインジアンの代表的理論家である[1]。日本ではデイヴィド・ローマーと呼ぶ人もいる。

略歴[編集]

  • 1958年 マサチューセッツ州Amherstで生まれる。
  • 1976年 ‘Amherst Regional High School’に通う。
  • 1980年 プリンストン大学を卒業(A.B.)する。
  • 1980年~1981年 ‘Council of Economic Advisers’でJunior Staff Economistとなる。
  • 1985年 マサチューセッツ工科大学MIT)よりPh.D.を得る。
  • 1985年~1988年 プリンストン大学の助教授となる。
  • 1988年~1990年 カリフォルニア大学バークレー校のアクティング准教授となる。
  • 1990年~1993年 カリフォルニア大学バークレー校の准教授となる。
  • 1992年~現在 “Journal of Money, Credit, and Banking”の共同編集者となる。
  • 1993年~2000年 カリフォルニア大学バークレー校の教授となる。
  • 2000年~現在 カリフォルニア大学バークレー校の‘政治経済学ハーマン・ロイヤー’教授となる。
  • 2003年~2008年 NBERにおける貨幣経済プログラムについてクリスティーナ・D・ローマーと共同理事となる(2008年~現在、理事)。
  • 2003年~現在 NBERの景気日付委員会のメンバーとなる。
  • 2006年~現在 アメリカ芸術科学アカデミーのフェローとなる。
  • 2007年~現在 “American Economic Journal: Macroeconomics”の編集委員となる。
  • 2009年~現在 Justin Wolfersと共に“Brookings Papers on Economic Activity”の編集者となる。

人物[編集]

  • 妻クリスティーナ・ローマーとはMITのクラスメイトであった。子どもは、キャサリン、ポール、マシューの3人である。本人の兄弟はEvanである。
  • ウィキペディア英語版「デビッド・ローマー」の執筆者は次のように述べている。‘Greg Mankiw served as best man at their wedding.(Romer served as best man at Mankiw`s wedding.)’

著書[編集]

日本語訳[編集]

  • 『上級マクロ経済学』、堀雅博・岩成博夫・南条隆共訳、日本評論社、1998年(原書初版1996年)、2010年(原書第3版2006年)

著書(原書)[編集]

  • “Advaced Macroeconomics”, McGraw-Hill, First edition 1996, Second edition 2001年, Third Edition 2006, Fourth edition 2012.

出典[編集]

  1. ^ N. Gregory Mankiw and David Romer, eds., (1991), New Keynesian Economics. Vol. 1: Imperfect competition and sticky prices, MIT Press, ISBN 0-262-63133-4. Vol. 2: Coordination Failures and Real Rigidities. MIT Press, ISBN 0-262-63133-2 Template:Please check ISBN.

関連事項[編集]