エバレット (哨戒フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Everett 120800801.jpg
艦歴
発注
起工
進水 1943年9月29日
就役 1944年1月22日
1950年7月26日
退役 1945年8月16日
1953年3月10日
その後 海上自衛隊に貸与
除籍 1961年12月1日
性能諸元
排水量 基準 1,430トン
満載 2,415トン
全長 303 ft 11 in (92.6 m)
全幅 37 ft 6 in (11.4 m)
吃水 13 ft 8 in (4.1 m)
機関 ボイラー3基 5,500軸馬力
タービン2基 2軸推進
最大速力 20ノット (37 km/h)
航続距離
乗員 190名
兵装 3インチ50口径対空砲3門
40mm機関砲 4門
20mm機関砲 9門
ヘッジホッグ 1基
対潜爆雷投射機(Y砲)8基
爆雷投下軌条 2条

エバレット (USS Everett, PF-8) は、アメリカ海軍の哨戒フリゲートタコマ級フリゲートの1隻。艦名はワシントン州エバレットに因む。

艦歴[編集]

エバレットはカリフォルニア州リッチモンドのカイザー・カーゴ社で起工する。1943年4月15日まではPG-116と呼ばれた。1943年9月29日にコーネリア・M・フィッチ夫人によって命名、進水し、1944年1月22日に艦長W・L・デイヴィス沿岸警備隊少佐の指揮下就役した。

整調および訓練後、エバレットはアラスカ州アダック島に向けて出航し、1944年4月22日に到着、アリューシャン列島の荒天下、哨戒および船団護衛任務に16ヶ月間従事した。1945年8月16日にアラスカ州コールド・ベイで退役し、レンドリース法の下ソ連海軍に貸与された。ソ連では「護衛艦」を意味する「EK」の略号が付与され、EK-15ロシア語:ЭК-15エーカー・ピトナーッツァチ)と命名された。1945年8月26日には、警備艦として太平洋艦隊に配備された。

1949年11月15日、アメリカ海軍に返還されたエバレットは日本横須賀で広範囲オーバーホールが行われ、1950年7月26日に再就役した。香港でステーション艦として任命され、国連軍の封鎖作戦および朝鮮半島沖での護衛任務に従事した。北朝鮮元山を砲撃中の1951年7月3日、エバレットは沿岸砲台からの直撃を受け、1名が死亡し7名が負傷したが、船体への損害は軽微であった。

1953年3月10日にエバレットは横須賀で退役し、海上自衛隊に貸与、きり (PF-11) として就役した。きりは1957年9月1日にPF-291へ艦番号が変更され、1961年12月1日にアメリカ海軍から除籍、その後1966年、YAC20(保管船)に区分変更された。

エバレットは朝鮮戦争の戦功で4個の従軍星章を受章した。

外部リンク[編集]