グレンデール (哨戒フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Glendale and USS Gallup.jpg
艦歴
発注
起工 1943年4月6日
進水 1943年5月28日
就役 1943年10月1日
退役 1951年10月29日
その後 ソ連に貸与。返還後タイへ貸与。
タイで記念艦として公開。
除籍 1951年11月20日
性能諸元
排水量 基準 1,430トン
満載 2,415トン
全長 303 ft 11 in (92.6 m)
全幅 37 ft 6 in (11.4 m)
吃水 13 ft 8 in (4.1 m)
機関 ボイラー3基 5,500軸馬力
タービン2基 2軸推進
最大速力 20ノット (37 km/h)
航続距離
乗員 190名
兵装 3インチ50口径対空砲3門
40mm機関砲 4門
20mm機関砲 9門
ヘッジホッグ 1基
対潜爆雷投射機(Y砲)8基
爆雷投下軌条 2条

グレンデール (USS Glendale, PF-36) は、アメリカ海軍の哨戒フリゲートタコマ級フリゲートの1隻。艦名はカリフォルニア州グレンデールに因む。

艦歴[編集]

グレンデールは1943年4月6日にカリフォルニア州ウィルミントンコンソリデーテッド・スチール社で起工した。1943年5月28日にシャーリー・シュリクトマンによって命名、進水し、1943年10月1日に艦長ハロルド・J・ドーブラー沿岸警備隊少佐の指揮下就役した。

南カリフォルニアでの整調に続いて、グレンデールは1944年1月12日にカリフォルニア州サンディエゴを出航、2月17日にオーストラリアケアンズに到着した。1944年後半までグレンデールはニューギニアを拠点として到着、出航する商船の対潜水艦および対航空機護衛任務に従事した。

9月14日、グレンデールはモロタイ島攻撃部隊に参加するためニューギニアのフンボルト湾を出港し、商船の護衛任務を担当した。9月24日にフンボルト湾に帰還し、ニューギニアとフィリピン間での護衛任務を継続した。

1944年12月5日、ホーランジアからレイテ島に向かう船団護衛任務中にグレンデールは日本軍機の攻撃を受ける。この攻撃で貴重な新型レーダー機材を積んだ貨物船アントワーヌ・ソーグレイン (SS Antoine Saugrain) が沈没し、マーカス・デーリー (SS Marcus Daly) も大きく損傷した。しかしながらグレンデールは残る船団をレイテ島に無事送り届けた。

グレンデールは12月8日にレイテ島を出航し、1945年1月24日にマサチューセッツ州ボストンに到着した。オーバーホール後3月28日にメイン州カスコ湾を出航し、4月26日にワシントン州シアトルに到着する。グレンデールは1945年6月12日にアラスカ州コールド・ベイで退役し、ソ連海軍に引き渡された。艦長のアンブローズ・シムコ少佐は他のソ連貸与艦の艦長と同じく、ソ連から記念の短剣を贈与された。ソ連では「護衛艦」を意味する「EK」の略号が付与され、EK-42 と命名された。

EK-42 は1949年11月16日に横須賀でアメリカ海軍に返還され、1950年10月11日に再就役した。朝鮮戦争中の1950年12月、グレンデールは陸上の国連軍を支援して興南釜山および仁川の哨戒を行った。グレンデールは韓国海域での戦闘で、大韓民国殊勲部隊章を受章した。1951年10月29日にグレンデールは再び退役し、タイへ貸与される。タイでは Tachin (PF-1) の艦名で就役した。グレンデールは1951年11月20日に除籍された。

グレンデールは第二次世界大戦の戦功で5個の、朝鮮戦争の戦功で4個の従軍星章を受章した。

外部リンク[編集]