コーパスクリスティ (哨戒フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Corpus Christi PF-44 01.jpg
艦歴
発注
起工 1943年7月17日
進水 1943年8月17日
就役 1944年1月29日
退役 1946年8月2日
その後 1947年10月3日に売却
除籍
性能諸元
排水量 基準 1,430トン
満載 2,415トン
全長 303 ft 11 in (92.6 m)
全幅 37 ft 6 in (11.4 m)
吃水 13 ft 8 in (4.1 m)
機関 ボイラー3基 5,500軸馬力
タービン2基 2軸推進
最大速力 20ノット (37 km/h)
航続距離
乗員 190名
兵装 3インチ50口径対空砲3門
40mm機関砲 4門
20mm機関砲 9門
ヘッジホッグ 1基
対潜爆雷投射機(Y砲)8基
爆雷投下軌条 2条

コーパスクリスティ (USS Corpus Christi, PF-44) は、アメリカ海軍の哨戒フリゲートタコマ級フリゲートの1隻。艦名はテキサス州コーパスクリスティに因む。

艦歴[編集]

コーパスクリスティは1943年7月17日にカリフォルニア州ウィルミントンコンソリデーテッド・スチール社で起工した。1943年8月17日にC・ドリスコル夫人によって命名、進水し、1944年1月29日にサンペドロにおいて艦長W・W・チルドレス沿岸警備隊中佐の指揮下就役した

就役後太平洋艦隊に合流したコーパスクリスティは、7月18日にサンペドロを出航しヌメアケアンズパースに向かい7月18日に到着した。同地で潜水艦支援演習に参加し、第7艦隊潜水艦部隊指揮官の下訓練に従事した

コーパスクリスティはその功績によって2度賞賛されている。最初は1945年2月13日にインド洋で雷撃を受けたピーター・シルヴェスター (SS Peter Silvester) の生存者92名を救助した功績によるもので、この探索にはアメリカ海軍およびオーストラリア海軍の可能な限りの艦艇が参加した。もう一つはイギリス海軍戦艦ハウ (HMS Howe, 32) に対して6月13日から15日にかけて給油を行った功績による。

コーパスクリスティは1945年8月27日にパースを出航、マヌス島真珠湾を経由しサンペドロに10月3日到着した。ターミナル・アイランドでコーパスクリスティは気象観測艦に改修された。

コーパスクリスティは1946年4月15日から7月5日まで沿岸警備隊に貸与され、その後1946年8月2日に退役、1947年10月3日に売却された。

外部リンク[編集]