ポキプシー (哨戒フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CSF PF-284 Momi.JPG
艦歴
発注:
起工: 1943年6月3日
進水: 1943年8月12日
就役: 1944年9月6日
退役: 1945年10月1日
その後: 海上自衛隊に貸与
除籍: 1961年12月1日
性能諸元
排水量: 1,264 トン
全長: 93.0m
全幅: 11.4m
吃水: 3.5m
機関: ボイラー3基 5,500軸馬力
タービン2基 2軸推進
最大速力: 20ノット
航続距離:
乗員: 190名
兵装: 3インチ50口径対空砲3門
40mm機関砲 4門
20mm機関砲 9門
ヘッジホッグ 1基
対潜爆雷投射機(Y砲)8基
爆雷投下軌条 2条

ポキプシー (USS Poughkeepsie, PF-26) は、アメリカ海軍の哨戒フリゲートタコマ級フリゲートの1隻。艦名はニューヨーク州ポキプシーに因む。

艦歴[編集]

ポキプシーは1943年6月3日ウィスコンシン州スペリオルのウォルター・バトラー造船で起工した。4月15日まではPG-134と呼ばれた。1943年8月12日にフランク・M・ドラン夫人によって命名、進水、海軍に移管され1944年9月6日に艦長Q・M・グリーリー沿岸警備隊中佐の指揮下就役した。

バミューダでの整調後、ポキプシーは10月29日から1945年1月31日までフィラデルフィア海軍造船所で信頼性試験を行った。2月から3月にかけてキューバグアンタナモ湾へ船団護衛を行い、3月後半にはニューロンドンの沖合で対潜水艦戦訓練を行った。その後も7月3日まで東海岸沿い、ニューヨークからバージニア州ノーフォークの間で対潜哨戒および船団護衛任務に従事した。

7月9日ニューヨーク湾から出航したポキプシーはパナマ運河を通過し、太平洋艦隊司令官に任務の報告を行った。その後、ワシントン州シアトルソ連海軍への貸与の準備を行った。ポキプシーは1945年10月2日レンドリース法に基づきソ連海軍に貸与され、EK-27ЭК-27エーカー・ドヴァーッツァチ・スィェーミ)として任務に就く。ソ連での活動後、ポキプシーは1949年10月31日横須賀でアメリカ海軍に返還された。

ポキプシーは予備役状態のまま横須賀で保管され、1951年3月23日に天候監視艦の候補に選定される。1953年1月14日に相互防衛援助計画の下海上自衛隊に貸与される。海上自衛隊ではもみ (PF-4) として就役した。もみは1957年9月1日にPF-284へ艦番号が変更され、1961年12月1日にアメリカ海軍から除籍、1962年8月28日付けで貸与から供与へと変更された。1965年4月1日に退役、YAC-13(保管船)に区分変更され、1969年前半まで保管されたあと、大韓民国で同型艦の予備部品として解体使用された。

外部リンク[編集]