エナジーソリューションズ・アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エナジーソリューションズ・アリーナ
"EnergySolutions Arena"
エナジーソリューションズ・アリーナ
施設情報
所在地 301 W South Temple
Salt Lake City, UT 84101
起工 1990年5月22日
開場 1991年10月4日
所有者 Jazz Basketball Investors, Inc.
運用者 Jazz Basketball Investors, Inc.
グラウンド (屋内施設)
建設費 9,300万ドル[1]
設計者 FFKR Architecture
構造設計者 R2H Engineers[2]
サービスエンジニア CCI Mechanical, Inc.[3]
総合建設者 大林組/Sahara
旧称
デルタ・センター(1991年 - 2006年)
ソルトレイク・アイスセンター(2002年冬季五輪開催時)
使用チーム、大会
ユタ・ジャズNBA)(1991年 - 現在)
ユタ・ブレイズ(AFL)(2006年 - 現在)
ソルトレイク・ゴールデンイーグルス(IHL)(1991年 - 1994年)
ユタ・グリズリーズ(IHL)(1995年 - 1997年)
ユタ・スターズWNBA)(1997年 - 2002年)
収容能力
20,000人(バスケットボール
14,000人(アイスホッケー
20,000人(コンサート

エナジーソリューションズ・アリーナEnergySolutions Arena)はアメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティにあるアリーナ。1991年10月4日にこけら落とし。2002年ソルトレイクシティオリンピックではソルトレイク・アイスセンター名義で使用された。

現在は、NBAバスケットボール)のユタ・ジャズAFLアリーナフットボール)のユタ・ブレイズの本拠地としても使われている。

歴史[編集]

1991年まで使用されていたソルト・パレス(12,616名収容)[4]の代わりと冬季オリンピック招致のために9300万ドルの建設費をかけ完成し、デルタ航空が15年契約の命名権を取得。デルタ・センターとしてこけら落とされた。

プロスポーツとしての最初の催しは10月16日に開催されたIHLのソルトレイク・ゴールデンイーグルスの試合である。1993年から1995年にかけては、NCAAWACの男子バスケットボールのトーナメントが開催された。1993年にはNBAオールスターゲームの開催地になっている。2002年のソルトレイクシティオリンピックでは、ショートトラックスピードスケートフィギュアスケートの会場になった。また、映画作品『キューティ・ブロンド ハッピーMAX』ではアリーナにおいて部分的な撮影が行われたこともある。

2006年、デルタ航空はネーミングライツの更新を辞退。低レベル核廃棄物処理企業のエナジーソルーションズが命名権を取得し、名称が変更された。

2010年にはNCAA男子バスケットボール1部のトーナメントにおいて、スウィートシックスティーン(ベスト16)とエリートエイト(ベスト8)の試合会場として使用された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sandomir, Richard (1991年10月21日). “Truss erection system scores at Utah arena”. Engineering News-Record vol. 226. p. 16 
  2. ^ http://www.r2h.com/dgh-energysolutions.html
  3. ^ Sports Complexes | Projects | CCI Mechanical
  4. ^ Hemphill, Lex (1991年9月29日). “Will Delta Center Pack in the Fans? Ticket Sales Say Yes”. ソルトレイク・トリビューン. p. A6 

外部リンク[編集]

開催イベントとテナント
先代:
ソルト・パレス
ユタ・ジャズの本拠地
1991 – present
次代:
current
先代:
オーランド・アリーナ
NBAオールスターゲーム
開催競技場

1993
次代:
ターゲット・センター