エッグベネディクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エッグベネディクト
エッグベネディクト
エッグベネディクトとスモークサーモン

エッグベネディクト英語: Eggs Benedict)は、イングリッシュ・マフィンの半分にハムベーコンまたはサーモンなど、ポーチドエッグオランデーズソースを乗せて作る料理である。

発祥[編集]

エッグベネディクトの発祥には諸説ある。

ザ・ニューヨーカー』のコラム『Talk of the Town(街の話題)』での、ウォールストリート株式仲買人レミュエル・ベネディクトへの、彼の亡くなる前年である1942年のインタビューによると[1]1894年ウォルドルフホテルを訪れ、二日酔いを直すために『バターを塗ったトースト、ポーチドエッグ、カリカリに焼いたベーコンと一口分のオランデーズ』を注文した。「ウォルドルフのオスカー」として知られる支配人のオスカー・チルキー (Oscar Tschirkyがこの料理に感銘し、ベーコンとトーストをハムとイングリッシュ・マフィンに替えて、朝食とランチのメニューに採用した。[2]

クレイグ・クレイボーン (Craig Claiborneは、1967年9月の『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』のコラムでフランスに移住したアメリカ人、エドワード・P・モンゴメリーからの手紙を紹介した。モンゴメリーは、この料理は1920年に86歳で亡くなった銀行家でヨット乗りのイライアス・コーネリアス・ベネディクトが作ったと述べた。モンゴメリーはまた、イライアスの友人である伯父から母が受け取ったとするエッグベネディクトのレシピを一緒に送った。[3]

1967年11月マサチューセッツ州ヴェニヤード・ヘブン(en)のメーベル・C・バトラーは、モンゴメリーの主張に対し、『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』で「ル・グラン・ベネディクト夫人にまつわる周知の真実」として彼女が考案者であると述べた。

ベネディクト夫妻は、1900年頃ニューヨークに住んでいたとき、毎週土曜日にデルモニコスで食事していた。ある日ベネディクト夫人は支配人に「何か新しくて変わった料理はないの?」とたずねた。支配人がこれに応じて彼女の好みを尋ね、焼いたイングリッシュ・マフィンとハムの上にポーチドエッグを乗せ、オランデーズソースとトリュフを添えることを提案した。[4]

種類[編集]

レストランや地域により、エッグベネディクトには多くの種類がある。

  • シーフードベネディクト
ハムの代わりにカニ、小エビロブスター、またはホタテガイを使う。
  • エッグプラックストーン
ハムを脂身入りベーコンに替え、トマトの薄切りを加える。[5][6][7]
  • エッグフロレンティーン(フィレンツェ風)
ハムの代わりにホウレンソウを使う[8][9][10]。旧式のエッグフロレンティーンは、ポーチドエッグ、溶き卵にホウレンソウを加えモルネーソースを添える。[11]
  • エッグユサルド
イングリッシュ・マフィンの代わりにオランダのラスクを使用し、マルシャン・ド・ヴァンを加える。[12][13][14]
  • サーモンベネディクト(エッグパシフィカ、エッグモントリオール、エッグロワイヤル)
ベーコンの代わりにスモークサーモンを使う。
  • パシフィック・ノースウエスト・エッグベネディクト
焼いたイングリッシュ・マフィンにアラスカ産天然スモークサーモンにポーチドエッグを乗せ、オランデーズソースを添える。マフィンをダンジネスクラブ(アメリカイチョウガニ)のクラブケーキに替える場合もある。
  • エッグサルドゥ
イングリッシュ・マフィンとハムの代わりにアーティチョークをベースにアンチョビの切り身を使い、刻んだハムとトリュフ薄切りにオランデーズソースを添える。この料理はニューオリンズのアントワーヌレストランが劇作家ヴィクトリアン・サルドゥに敬意を表して作った[15][16][17]。この料理の世界的に普及したものは、クリーム和えのホウレンソウをベースとし、イングリッシュ・マフィンの代わりにアーティチョークを使い、ハムを使用しない。[12][18][19]
  • アーティチョークベネディクト
イングリッシュ・マフィンの代わりに、窪みをつけたアーティチョークを使う。[20][21][22]
  • カントリーベネディクト
エッグボールガールとしても知られ、イングリッシュ・マフィン、ハム、およびオランデーズソースを、ビスケット、ソーセージのパテ、カントリーグレイビー(ホワイトグレイビー)に替え、ポーチドエッグを目玉焼きに替える。[23][24][25]
  • エッグベネディクトアーノルド
イングリッシュ・マフィンをビスケットに、オランデーズをカントリーグレイビーに替え、ポーチドエッグは使用せず固焼きの黄身を用いる。
  • アイリッシュベネディクト
ハムをコンビーフ(コンビーフとキャベツの煮物は、アイルランドでは稀だが、アメリカのアイルランド料理として知られ[26]、アメリカで年間に消費するコンビーフ4700万ポンドの半分が聖パトリックの祝日前の2週間に消費される[27])またはアイリッシュベーコン(バックベーコン)に替える。[28][29][30]
  • エッグチェサピーク
ベーコンに替えてクラブケーキを使う。
  • ダッチベネディクト
ハムまたはベーコンをスクラップルに替える。ペンシルベニア州東地区で食べられる。
  • ベジベネディクト
ベーコンに替えてアボカドとトマトを使う。
  • エッグカールズバッド
ハムをアボカドに替える。カリフォルニア州、カールズバッドのDon's Country Kitchenで作られる。
  • ワッフルベネディクト
イングリッシュ・マフィンの代わりにワッフルを使用する。通常、オランデーズに加えてメープルシロップを添える。
  • まんまるたまごのハムサンド
日本ケンタッキーフライドチキンのモーニングメニューとして2009年より一部店舗にて販売されている。半熟のゆで卵とハムにオランデーズ風ソースとチェダーチーズをかけて二分割したマフィンで挟んだサンドイッチ形式である。
  • エッグベネディクト(ロイヤルホスト)
ロイヤルホストのモーニングメニューとして2012年より販売されている。「ロイヤルホスト風」として、皿1枚に通常のエッグベネディクトと、イングリッシュマフィンに野菜とサワークラウトを乗せたものを盛っている。

参考文献(時系列)[編集]

日付は出版日時。

  • 1898年 - 『Eggs, and how to use them 』の、エッグベネディクトのレシピ。「小さなマフィンを半分に切ってトーストする。それぞれに丸いハムの薄切りを焼いて乗せ、ハムの上にポーチドエッグを乗せる。適量のオランデーズソースを添える。」[31]
  • 1900年 - 『The Connecticut Magazine: an Illustrated Monthly, Volume VI 』のエッグベネディクトのレシピは、「3番目の種類がエッグベネディクトと呼ばれる。小さなパンのサイズに切って煮たハムの薄切りを焼く。パンの薄切りをトーストし、バターを塗り、水分を加える。ハムを乗せ、ポーチドエッグを乗せる。一つずつ配る。」[32]
  • 1907年 - 『Many Ways for Cooking Eggs 』には、マフィン作りからのエッグベネディクトのレシピがある。酵母を使うイングリッシュ・マフィンと異なり、このレシピはベーキングパウダーとメレンゲを使用して発酵させる。しかしながら、変わらずマフィンコンロで焼く。続くレシピでは、「ハムの薄切りを焼く。オランデーズソースを作る。トリュフを切る。必要分のポーチドエッグを作る。マフィンを皿に盛りハムを乗せ、ポーチドエッグを乗せる。卵にオランデーズソースをかける。トリュフを少々ふりかけ直ぐに供する。」[33]
  • 1914年 - 『The Neighborhood Cook Book 』でのエッグベネディクトのレシピは、「トーストの上に軽く焼いたハムを乗せる。ハムにポーチドエッグを乗せ、オランデーズソースをたっぷりかける。」[34]
  • 1918年 - 『Boston Cooking-School Cook Book 』のエッグ・ア・ラ・ベネディクトのレシピは、「イングリッシュ・マフィンを半分に切りトーストする。茹でたハムの丸い薄切りをソテーする。マフィンの半分にハムを乗せ、落とし卵でアレンジし、オランデーズソースをかける。ソースはかけやすいように、クリームを加える。」[35]
  • 1919年 - 『he Hotel St. Francis Cook Book 』のエッグベネディクトのレシピは、「イングリッシュ・マフィンを2つに切り皿に盛る。それぞれに焼いたハムを、ハムの上にポーチドエッグを乗せ、オランデーズソースをたっぷりかける。ソースにトリュフの薄切りを添える。」[36]
  • 1938年 - Haill Hayden's Hollandaise (6オンスで50セントの瓶入りオランデーズ)の広告がニューヨーク・タイムズに掲載された。「今まで知られていないソースが現れた。それを味わうと、有名シェフは卵とき器を壊して嫉妬に涙した! チモシーアルファルファの香りがするバター、親鳥がまだ泣き続けている卵、レモンと刺激的なスパイスで作られる! 1滴の油も代用品も含まれない。カリフラワーアーティチョークレタス、エッグベネディクト、魚にかけ、「ブロッコリー、ブロッコリー」と歌って食べよう。」[37]
  • 1942年 - 『ニューヨーク・タイムズ』のインタビューで、レミュエル・ベネディクトが二日酔いを直すために、ウォルドルフホテルで注文して考案したと主張した。[2]
  • 1960年 - エリザベス・デイビッドが『French Provincial Cooking 』を出版し、ほとんど同一の伝統料理ウ・ベネディクティヌ(œufs bénédictine )について述べた。
  • 1967 - クレイグ・クレイボーンが『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』で、エドワード・P・モンゴメリーからの、エッグベネディクトをコモドール・E・C・ベネディクトが考案したと書いた手紙を紹介した。[3]
  • 1967年 - 『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』でメーベル・C・バトラーはモンゴメリーの主張に対し、ル・グラン・ベネディクト夫人がデルモニコスでの注文でこの料理を考案したと述べた[4]。チャールズ・ ランフォーファーの料理本『The Epicurean 』最新版に「エッグ・ア・ラ・ベネディク」のレシピがある[38]が、このレシピは1894年の初版には含まれない[39]。1876年から1879年の間、チャールズ・ ランフォーファーは1862年から1896年に引退するまでデルモニコスのシェフであった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Benedict, Cutts. “Eggs Benedict New York: Feedback”. 1998年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月23日閲覧。
  2. ^ a b “Talk of the Town”, The New Yorker, (December 19, 1942)  Notes: This hasn't been verified at the source, but is instead taken from the letter to Karpf by Cutts Benedict and the page of J.J. Schnebel.
  3. ^ a b Claiborne, Craig (September 24, 1967), “American Classic: Eggs Benedict”, The New York Times Magazine: 290, http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F40B13FB3B5F16738DDDAD0A94D1405B878AF1D3 2007年2月19日閲覧。 
  4. ^ a b Butler, Mabel C. (November 26, 1967), “Letters: Benedicts' Eggs”, The New York Times Magazine: SM40, http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F1061FF63D5814728FDDAF0A94D9415B878AF1D3 2007年2月23日閲覧。 
  5. ^ Rombauer, Irma S.; Marion Rombauer Becker (1995) [1975]. “Egg Dishes”. The Joy of Cooking. Illustrated by Ginnie Hofmann and Ikki Matsumoto (1st Scribner Edition 1995 ed.). New York, NY: Scribner. pp. 222. ISBN 0-02-604570-2.  Notes: Title of recipe is poached eggs Blackstone. Uses fried slice of flour dipped tomato, minced bacon, poached eggs, and hollandaise. No bread for base.
  6. ^ The Heritage House - Menu”. 2006年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月26日閲覧。 “Eggs Blackstone, poached eggs served with house made English muffin, apple smoked bacon, tomatoes and hollandaise. Notes: Located in Mendocino, California.
  7. ^ Rulloff's - Sunday Brunch Menu”. 2005年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月26日閲覧。 “Eggs Blackstone poached eggs over crispy bacon and thin sliced tomatoes on a toasted english muffin, with hollandaise sauce Notes: Located in Ithaca, New York.
  8. ^ “Rich mix of patrons makes Moto's special”, The Atlanta Journal and The Atlanta Constitution: A/6, (December 18, 1986)  “eggs Florentine ($3.95), eggs poached and topped with Hollandaise sauce, served on spinach and English muffin” Notes: Not directly verified. Viewed through Google News Archive snippet view.
  9. ^ Good Stuff Hermosa Beach - Menu”. Good Stuff Restaurants. 2006年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月8日閲覧。 “Eggs Florentine The same good stuff as the benedict, only with fresh spinach instead of ham Notes: Located in Hermosa Beach, California.
  10. ^ The Buff Restaurant - Menu”. The Buff Restaurant. 2006年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月8日閲覧。 “EGGS FLORENTINE - SPINACH, CREAM CHEESE, TOMATO, AND MUSHROOMS TOPPED WITH HOLLANDAISE ON A MUFFIN Notes: Located in Boulder, Colorado.
  11. ^ Claiborne, Craig (May 26, 1960), “Maligned Vegetable Has Loyal Fans”, The New York Times: 28, http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F20E1FF83E5916738DDDAF0A94DD405B808AF1D3 
  12. ^ a b DeMers, John (1998). Food of New Orleans: Authentic Recipes from the Big Easy. Food photography by John Hay (1st ed. ed.). Boston: Periplus Editions. pp. 44. ISBN 9625932275. 
  13. ^ Recipes - Eggs Hussarde”. Brennan's Restaurant. 2006年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月26日閲覧。 Notes: Located in New Orleans, Louisiana.
  14. ^ Brunch & Lunch Menu”. Mara's Homemade Restaurant. 2006年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月26日閲覧。 “Eggs Hussarde Toasted English muffin, Canadian bacon, Marchand de Vin sauce, poached eggs and Mara’s Homemade hollandaise sauce” Notes: Located in New York, New York.
  15. ^ Guste, Roy (2005). “Eggs and Omelettes”. Antoine's Restaurant Cookbook. New Orleans, Louisiana: Guste Publishing. pp. 88. ISBN 978-0976592402. "This dish was created by Antoine on the occasion of a dinner he hosted for the French Playwright Victorien Sardou."  Notes: Antoine Alciatore left the U.S. in 1874 so that he could die and be buried in France. If the quote be true and the recipe unchanged since inception, eggs Sardou predates eggs Benedict by a good twenty years. First reference returned by a search of the NYT archive for eggs-Sardou/oeufs-Sardou occurs in 1960. First reference returned by a search of Google Books occurs in 1927. First reference returned by a search of the Google News Archive occurs in 1958.
  16. ^ Sunday "Jazz" Brunch Menu”. Antoine's Restaurant. 2006年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月9日閲覧。 “Oeufs Sardou $17.25 Poached eggs over steamed artichoke bottoms with Hollandaise Sauce Notes: Located in New Orleans, Louisiana. Page viewed differs from archived page in URL and price, but the description was unchanged.
  17. ^ Claiborne, Craig; Franey, Pierre (November 3, 1985), “EGGS SARDOU”, The New York Times: Section 6, p. 87, http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=FA0D1FFC3F5C0C708CDDA80994DD484D81&showabstract=1  “It consists of poached eggs served in artichoke bottoms crossed with anchovy fillets. The eggs are then served with a bit of hollandaise sauce spooned on top, along with a garnish of truffles and/or finely chopped ham. Some recipes call for creamed spinach as a base on which to place the artichokes; a nice idea, but not, I believe, a part of the original.”
  18. ^ Claiborne, Craig (October 9, 1960), “The Art Of Serving Artichokes”, The New York Times Magazine: SM96, http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F70B1FF63A551A7A93CBA9178BD95F448685F9  “BRENNAN'S EGGS SARDOU”
  19. ^ Brunch Menu”. Louisiana Express Company. 2006年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月9日閲覧。 “Poached Eggs ‘Sardou’ Two poached eggs on artichoke bottoms, creamed spinach, sauce hollandaise Notes: Located in Bethesda, Maryland.
  20. ^ Artichoke Recipes”. California Artichoke Advisory Board. 2006年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月28日閲覧。
  21. ^ California Artichoke Advisory Board (1998). “Brunch, Lunch and Dinner, Too”. The California Artichoke Cookbook. edited and compiled by Mary Comfort, Noreen Griffee, Charlene Walker. Berkeley, California: Celestial Arts. pp. 70. ISBN 0890878552. 
  22. ^ Recipes”. Custom Culinary. 2007年2月28日閲覧。 Notes: Archive.org doesn't have a copy of the page. The recipe is a near copy of the one provided by the California Artichoke Advisory Board, but scaled up by a factor of twelve and substitutes the company's hollandaise sauce base.
  23. ^ “All-Star Southern Breakfasts”, The Atlanta Journal and The Atlanta Constitution: M/10, (February 16, 1986)  "There is Country Benedict, which is two fried eggs with country sausage on biscuits topped with hollandaise sauce." Notes: This was viewed through a Google News Archive keyhole, rather than directly verified with its source.
  24. ^ Courtyard Cafe Menu”. The Orleans Hotel and Casino. 2005年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月27日閲覧。 “Country Benedict Buttermilk biscuit and sausage patty, topped with poached eggs and country gravy Notes: Located in Las Vegas, Nevada. Archived page doesn't match current one. The archived menu item is "Country Biscuit Benedict" and the description is slightly different.
  25. ^ Breakfast Menu”. The Big Biscuit Restaurant. 2006年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月27日閲覧。 “Country Benedict scrambled eggs on a biscuit and sausage patty covered with sausage gravy, served with potatoes Notes: Both Big Biscuit restaurants are located in Missouri.
  26. ^ Jenkins, Nancy Harmon (March 14, 1990), “The Troubles That Irish Food Has Seen”, The New York Times: C8, http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C0CE4D6123CF937A25750C0A966958260 2007年3月31日閲覧。  “James O'Shea … this amazing American idea of Irish food: that it's corned beef and cabbage and that's it.” “You'd never see corned beef on an Irish menu”
  27. ^ Smith, Kathie (March 13, 2007), “REUBEN SANDWICHES : Celebrate St. Patrick’s Day with your favorite version”, The Blade, http://www.toledoblade.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20070313/ART06/70313014 2007年3月31日閲覧。  “More than 47 million pounds of corned beef are sold annually in the United States, according to FreshLook Marketing, with more than half of the corned beef in the United Sates each year sold in the two weeks prior to St. Patrick’s Day.”
  28. ^ Townsend, Elisabeth (July 24, 2005), “Dining Out”, The Boston Globe  “Irish Benedict ($7.50): two poached Eggs and corned beef hash on an English muffin covered with hollandaise sauce” Notes: Not directly verified. Viewed through Google News Archive snippet view.
  29. ^ Breakfast Menu”. The Field Irish Pub. 2007年3月30日閲覧。 “Toasted muffin topped with Irish bacon & poached eggs finished with Hollandaise sauce. Notes: Located in San Diego, California.
  30. ^ Breakfast Menu”. Strafford Farms Restaurant. 2006年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月30日閲覧。 “IRISH BENEDICT 3.95 two poached eggs on an English muffin with corn beef hash topped with a hollandaise sauce Notes: Located in Dover, New Hampshire.
  31. ^ Meyer, Adolphe (1898). Eggs, and how to use them. New York: Published by Author. pp. 43.  Notes: This reference hasn't been directly verified, but instead comes by way of the online edition of the Oxford English Dictionary, accessed February 19, 2007. There were multiple printings of Meyer's book; the Cornell University library catalog lists one copy they have as published by Caterer Publishing, 3rd edition. Many cookbooks are modified when reprinted, some adding recipes. It is possible that the OED references a reprint and that the recipe isn't in the original.
  32. ^ Felch, William Farrand; Atwell, George C.; Arms, H. Phelps et al., eds. (1900), “Unknown article title”, The Connecticut Magazine: An Illustrated Monthly (The Connecticut Magazine Co.) VI: 204  Notes: This reference hasn't been directly verified, but was accessed through the snippet view of Google Books' digitized copy.
  33. ^ Rorer, Sarah Tyson (c1907). Many Ways for Cooking Eggs. Philadelphia: Arnold & Company. pp. 46. http://www.gutenberg.org/ebooks/6429 2007年2月19日閲覧。.  Notes: This is a troublesome reference in that the date and page reference comes from an online OED reference, accessed February 19, 2007. The Project Gutenberg copy of the book does contain a recipe for eggs Benedict, but doesn't list which printing was the source for their copy. Rorer's book had its first printing in 1907, a second in 1912 — both by Arnold and Company — and third by Kessinger Publishing in 2004.
  34. ^ The Council for Jewish Women (1914). “Entrees”. The Neighborhood Cook Book (2nd edition ed.). Portland, Oregon: Bushong & Co. pp. 62. http://digital.lib.msu.edu/projects/cookbooks/coldfusion/display.cfm?ID=neig&PageNum=66 2007年2月19日閲覧。. 
  35. ^ Farmer, Fannie Merritt (1918). “Eggs”. The Boston Cooking-School Cook Book. Boston: Little, Brown and Company. http://www.bartleby.com/87/r0172.html 2007年2月19日閲覧。.  Notes: There were many printings of this cookbook. The original 1896 printing did not contain a recipe for eggs Benedict.
  36. ^ Hirtzler, Vincent (c1919). “Menu for February 3”. The Hotel St. Francis Cook Book. Chicago: The Hotel Monthly Press. pp. 34. http://digital.lib.msu.edu/projects/cookbooks/coldfusion/display.cfm?ID=hosf&PageNum=46 2007年2月19日閲覧。. 
  37. ^ “Advertisement for Haill Hayden's Hollandaise”, The New York Times: 24, (October 26, 1938) 
  38. ^ Ranhofer, Charles (2004). The Epicurean Part Two. Whitefish, Montana: Kessinger Publishing. pp. 858. ISBN 1432625497. "Eggs à la Benedick — Cut some muffins in halves crosswise, … Cover the whole with Hollandaise sauce (No. 591)." 
  39. ^ Ranhofer, Charles (1894). “Page 858”. The Epicurean. New York: Published by Author. pp. 858. http://digital.lib.msu.edu/projects/cookbooks/coldfusion/display.cfm?ID=epib&PageNum=276 2007年4月11日閲覧。. 

外部リンク[編集]