デルモニコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯40度42分18秒 西経74度00分36秒 / 北緯40.70508度 西経74.01007度 / 40.70508; -74.01007

1906年のキャンピオン提督に敬意を示した夕食
2 サウス・ウィリアム・ストリート(56 ビーバー・ストリート)にあるデルモニコスの建物
1903年に5番街と44丁目の角にあったデルモニコス・レストラン

デルモニコス英語: Delmonico's)は、期間、特徴及び評判を変える、ニューヨーク市レストランの名称である。

レストランは、国内で最も素晴らしいレストランの1つという評判を獲得し、デルモニコ家によって、19世紀から20世紀初頭にかけ、ロウアー・マンハッタンの2 サウス・ウィリアム・ストリートで運営された[1][2]。普遍的なデルモニコ・ステーキの発祥地でもあり、定食に対抗して、メニューアラカルトに注文できる、アメリカ最初のレストランとしても評価されている。さらに、レストランは、最初に個別のワインリストを作成したところとしても主張されている[要出典]。デルモニコ家は、一度に4つもの店舗を展開し、1923年にビジネスを終了させるまでに、合わせて10の同名のレストランを経営した。

1929年には、レストランの店主であったオスカー・トゥッチが2 サウス・ウィリアム・ストリートで、レストランを復活させ、1977年まで運営していた。他のデルモニコスは、1981年から1992年、1998年から現在まで、営業している。

歴史[編集]

始まり[編集]

最初のデルモニコスは、1827年、23 ウィリアム・ストリートの菓子店を借りてオープンし、1830年にレストランのリストに記載された。レストランは、スイスティチーノ出身の兄弟、ジョンとピーター・デルモニコが開業した。1831年には、レストランのメニューやワインリストに責任を負うようになった彼らの甥、ロレンツォ・デルモニコが加わった。

兄弟は、2 サウス・ウィリアム・ストリートに落ち着くまで、店を数回移転させた。ニューヨーク大火災の後、1837年8月に建物が壮大にオープンしたとき、ニューヨーカーには、入口の柱が、ポンペイから持ってこられたと説明された[3]

拡大と閉鎖[編集]

1850年代から、レストランは、その日の重要な話し手として、多くニューヨーク・ニューイングランド協会の年次会を主催した。1860年には、デルモニコスが、東14丁目の音楽学校で、エドワード7世を迎え、グランド・ボールの夕食を提供した。夕食は、特別は部屋で行われた。メニューは、フランス料理ヴィクトリア女王アルバート王子グレート・イースタン、フローラの花瓶を表したピエスモンテニューヨーク・タイムズは、「私たちは、大きな判断と豪華な規模で、公の夕食が、最も寄りつけない方法で利用されたのをかつて見たことがないと率直に言える」とレポートした[4][5]。1862年には、最も偉大なシェフのうちの1人と考えられていたチャールズ・ランフォーファーを雇った。

1865年から1888年にかけて、ビジネスは非常に成功し、同名のレストランを4店舗出店した。様々な年代に、合わせて10店のデルモニコスが存在した。1899年、デルモニコスは、5番街と26丁目のビル6階にあった店舗を空にした。建物は1901年5月、マーティン・ホテルの所有者、ジョン・B・マーティンに売られた[6]

1919年、エドワード・L・C・ロビンスがデルモニコスを購入した。5番街と44丁目にあった一等地の店舗は、禁酒令による食事習慣の変化の結果、1923年に閉店した。この店舗は、初期のデルモニコスの最後の店舗であった[7]

最後のデルモニコス・レストランの閉鎖直後、多くの模倣者は、「デルモニコス」をオープンさせた。デルモニコス家は、名称の独占権は続くと主張したが、裁判所は、最後のレストランの閉鎖により、名称は公共の財産となったと判決を下した[8]

デルモニコ家が所有・運営したレストラン[7]
位置 期間 備考
23 ウィリアム・ストリート 1827年12月13日 – 1835年12月16日(火災により閉鎖) 「デルモニコ&ブラザー・コンフェクショナー」小さいカフェと菓子屋
25 ウィリアム・ストリート 1830年3月 – 1835年12月16日(火災により閉鎖) 「デルモニコ&ブラザー・コンフェクショナー・アンド・レストラン・フランシス」
76 ブロード・ストリート 1836年12月23日 – 1845年7月19日(火災により閉鎖)
2 サウス・ウィリアム・ストリート 1837年8月 – 1890年7月10日
1891年7月7日再開、1917年閉店
「デルモニコス・レストラン」、「シタデル」と呼ばれる
25 ブロードウェイ 1846年6月1日 - 1856年 デルモニコ・ホテル
チャンバーズ・ストリートとブロードウェイ 1856年 – 1876年10月26日
東14丁目と5番街 1862年4月9日 – 1876年9月11日
22 ブロード・ストリート 1865年 - 1893年
5番街と26丁目 1876年9月11日 – 1899年4月18日 1876年に「ロブスター・ニューバーグ」はここで考案された
パイン・ストリート近くの112–114 ブロードウェイ 1876年10月26日 - 1888年
5番街と44丁目 1897年11月15日 – 1923年5月21日 最後のデルモニコが所有したレストラン

後の復活[編集]

1929年、オスカー・トゥッチがニューヨーク州、2 サウス・ウィリアム・ストリート(56 ビーバー・ストリートとしても記載された)の前の店のあった土地に、「オスカーズ・デルモニコス」と呼ばれた「デルモニコス」をオープンさせた。トゥッチは、本来のメニューとレシピを採用し、著名な政治家、有名人を引きつけるまでにもなった。この店は、1977年に閉店するまで、続けて営業された[9]

1981年、新しいデルモニコスがこの場所に、エド・フーバーによってオープンし、1992年まで営業していた[10]

バイス・グループが所有し、料理長のギアン・ピエトロ・ブランチと再びデルモニコスを運営した1998年まで、建物は空となっていた。1999年には、レストランがオシノンレッド・パートナーに売られ、デルモニコスはサウス・ウィリアム・ストリートの位置で営業を続けている。現在のウェブサイトは、住所を56 ビーバー・ストリートとしている。

代表的なディッシュ[編集]

ロブスター・ニューバーグ[7]、デルモニコ・ポテトはデルモニコス・レストランで考案され、恐らくチキン・ア・ラ・キングもそうだが[11]、これはデルモニコ・ステーキとしてとても有名であった。エッグス・ベネディクトも、他の店でも同様のメニューがあるが、デルモニコスで考案されたと言われていた[12][13][14]ベークド・アラスカの名前は、デルモニコスでつくられた[要出典]マンハッタン・クラム・チャウダーは、ニューヨークのデルモニコスで最初に登場した[15]

著名な顧客[編集]

多くの著名人らは、デルモニコスの顧客となっていた。ジェリー・リンドは、毎回のショーの後、ここで食事をしており、セオドア・ルーズベルトマーク・トウェインアーサー・サリヴァンダイヤモンド・ジム・ブレディ、ダイヤモンド・ジムの会社のリリアン・ラッセルチャールズ・ディケンズオスカー・ワイルドジョン・モルガンジェイムズ・ゴードン・ベネット・ジュニアニコラ・テスラ、当時の英国皇太子であったエドワード7世ナポレオン3世も客であった。ジャーナリストのジェイコブ・リースも異種の客であると主張した。彼の本、「ザ・メイキング・オブ・アン・アメリカン」では、彼の運がついていなかったとき、親切なデルモニコスのフランス語を話すコックが、下の窓からロールを渡してくれたと書いている。

他店舗[編集]

1895年に、デルモニコスはルイジアナ州ニューオーリンズにオープンし、1997年にエメリル・ラガッシによって購入された。ラガッシは、店を改装し、エメリルズ・デルモニコとして再オープンさせた。

無関係であるデルモニコス・ホテルは、パーク・アベニューと東59丁目に位置し、1964年8月にビートルズが滞在した際には、ビートルマニアの中心となった[16]

文化[編集]

デルモニコスは、世紀の変わり目のセントルイスの中級家庭の話である、1944年の映画『若草の頃』で、裕福な求婚者が、家族に長距離電話をかける場所として触れられている。ステージショー・映画『ハロー・ドリー!』では、歌『日曜は晴れ着で』で、ニューヨーク市の「必見」の場所としてレストランが挙げられている。F・スコット・フィッツジェラルドの1920年の小説『メーデー』は、デルモニコスでのダンスが特徴である。1947年の映画『ライフ・ウィズ・ファザー』では、家長のクラレンス・デイ・シニア(ウィリアム・パウエル)が妻のヴィニー(アイリーン・ドゥーン)に騙され、市外から訪れたカズン・コラ(ザス・ピッツ)とマリー・スキナー(エリザベス・テイラー)をデルモニコスへ夕食に連れて行く。デルモニコスはまた、1876年が舞台のジョン・フォードの西部劇である、1949年の映画『黄色いリボン』でも触れられる[17]。レストランは、1966年のエルヴィス・プレスリーの映画『フランキー・アンド・ジョニー』の彼の歌でも歌われ、ケイレブ・カーの小説『精神科医』にも登場する。イーディス・ウォートンによる小説『エイジ・オブ・イノセンス』でもレストランが触れられている。デルモニコスは、レストランの名前として、カンザス州ドッジシティで制作されるテレビ番組『ガンスモーク』で使用されている。

メニュー[編集]

5番街・26丁目のフランス語宴会メニュー。1883年の撤収の日百周年記念
歌手ヨハンナ・ガトスキ音楽家フリッツ・クライスラーを尊敬する1916年のディナーのメニュー

出典[編集]

Notes
  1. ^ Aaseng, Nathan (January 2001). Business Builders in Fast Food. The Oliver Press. pp. 8–10. ISBN 1-881508-58-7. 
  2. ^ Hooker, Richard J (May 1981). “18 – Eating Out 1865–1900”. Food and Drink in America: A History. Indianapolis: Bobbs-Merrill Co.. ISBN 0-672-52681-6. 
  3. ^ History of Delmonico's Restaurant and business operations in New York”. 2013年1月23日閲覧。
  4. ^ Sic: "irreproachable" may have been intended, unless a covert reference to the evening's crush was implied.
  5. ^ Susan Bindig (1989), “New York Welcomes the Prince of Wales (1860)”, Dance Chronicle 12 (.2): pp. 234 
  6. ^ “Delmonico Building Leased”. The New York Times: pp. 3. (1901年5月4日) 
  7. ^ a b c Joe O'Connell (2001年8月25日). “History of Delmonico's Restaurant and business operations in New York”. 2013年1月23日閲覧。
  8. ^ Lately Thomas (1967). Delmonico's – A Century of Splendor. Boston: Houghton Mifflin Co. pp. 333–336. LCCN 67025686. 
  9. ^ Frank J. Prial (1987年11月29日). “Out of the Cellar”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1987/11/29/magazine/out-of-the-cellar.html 
  10. ^ Ed Huber. “Not in My Neighborhood: The owner of one of America's most historic restaurants faces a modern problem”. Guideposts. http://www.guideposts.com/story/delmonicos-neighborhood-homeless?page=0,0 
  11. ^ What's Cooking America: "History of Poultry Dishes: Chicken A' La King”. 2013年1月23日閲覧。
  12. ^ Butler, Mabel C. (November 26, 1967), “Letters: Benedicts' Eggs”, The New York Times Magazine: SM40, http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F1061FF63D5814728FDDAF0A94D9415B878AF1D3 2007年2月23日閲覧。 
  13. ^ “Talk of the Town”, The New Yorker, (December 19, 1942) 
  14. ^ Claiborne, Craig (September 24, 1967), “American Classic: Eggs Benedict”, The New York Times Magazine: 290, http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F40B13FB3B5F16738DDDAD0A94D1405B878AF1D3 2007年2月19日閲覧。 
  15. ^ http://www.simplyrecipes.com/recipes/manhattan_clam_chowder/
  16. ^ Photograph included in the Museum of Modern Art exhibition, Pictures of the Times: A Century of Photography from the New York Times MoMA, No. 22 (Summer), 1996:10–130 illus. p. 13.
  17. ^ Database of Movie Dialogs
Bibliography