エクセリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクセリオン
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケードゲーム
MSX
SG-1000[SG]
ファミリーコンピュータ[FC]
プレイステーション[PS]
開発元 ジャレコ
発売元 ジャレコ
電波新聞社[MSX]
人数 1人(2人交互プレイ可能)
メディア [SG]16Kbitマイカード
[FC]192Kbitカセット
[PS]CD-ROM1枚
発売日 [AC]1983年
[SG]1983年
[FC]1985年2月11日
[PS]2003年10月23日
テンプレートを表示

エクセリオン』(EXERION)は、業務用及びファミリーコンピュータ(以下、FC)用のシューティングゲームジャレコ制作。MSX用やSC-3000シリーズ用に(も)移植されていた。

概要[編集]

本作は固定画面式のシューティングゲームで、8方向ジョイスティックボタン2個で操作する。擬似3Dスクロールする背景と、自機の動きに慣性がついていることが大きな特徴である。自機には、弾数制限がない代わりに画面内に1発しか発射できないデュアルショットと、ボタンを押すだけで連射可能だが弾数に制限があるシングルショットの2種類の武器が装備されている。プレイヤーは局面に応じてこの2種類の武器を使い分け、画面上方から飛来する敵を撃破する。

慣性のついた独特の動きは、回避や攻撃に際してプレイヤーの先読みを要求するため、万人に支持されるものではなかったが、類似ゲームとの差別化には成功したと言える。アーケード版が縦画面だったのに対し、FC版は横画面のため、敵との距離が近くなり、そのプレイ感覚はかなり異なる。

セガSG-1000版は絵・内容ともかなり簡略化されている。MSX版はSG版と全く同じ。グラフィックが多少アーケード版に近づき、ボーナスステージなどがある「エクセリオンII ZORNI」というMSX独自の作品も存在する。

ゲームボーイアドバンスじゃじゃ丸Jr.伝承記~ジャレコレもあり候~』、プレイステーションジャレココレクションVol.1』にFC版が収録され、他にもiアプリ版などがリリースされている。

続編として『エクセライザー』がある。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]