イサカM37

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イサカM37
Ithaca 37.jpg
イサカM37 ステーク・アウト
イサカM37
種類 ショットガン
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 イサカ・ガン・カンパニー
仕様
使用弾薬

12ゲージ 16ゲージ 20ゲージ

28ゲージ
装弾数 4+1発、7+1発(チューブ型弾倉延長タイプ)
作動方式 ポンプアクション方式
全長 1017mm
重量 2.3kg
歴史
設計年 1933年
製造期間 1937年-現在
配備先 アメリカ軍
ローデシア軍
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
ベトナム戦争
テンプレートを表示

イサカM37(Ithaca Model 37)は、アメリカイサカ・ガン・カンパニー(Ithaca Gun Company)社が製造している散弾銃イサカは、ニューヨーク州の名前に由来する。

概要[編集]

1937年に完成。弾薬を装填するローディングゲートと空薬莢を排出するエジェクションポートを共通にすることでフレーム開口部を下部だけとした分、肉厚を薄くすることで軽量化に成功。当時では最も軽い散弾銃だったため、「フェザーライト」と呼ばれた。これは当時、ショットシェルが厚紙製であったことから横殴りのの中でもの内部にが入り込んでシェルが濡れ、火薬の吸湿による不発やの膨張による弾詰まりが起きることを阻止する狙いがあった。それゆえの信頼性の高さが買われ、その後は長きに渡って警察の車載用ショットガンとして使われ続けた。また、ベトナム戦争では南ベトナム解放民族戦線トーチカ地下トンネル内の戦闘に重宝されたことでも有名である。

軍用はもちろん、狩猟スポーツ射撃、自宅警備用など、民間用としてもベストセラーとなった。

1990年までに製造されたモデルは、ウィンチェスター社のM1897M1912のようにトリガーを引いたままハンドグリップをコッキングすることによる連続射撃(スラムファイア)が可能で、ベトナム戦争など戦場で投入された際はウィンチェスターM1897と同様に近接戦闘における大きな強みとなり、兵士には好まれた。しかし、初心者には危険なため、その後のモデルでは省かれた。

登場作品[編集]

外部リンク[編集]