アーロンチェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オフィスにあるアーロンチェア

アーロンチェアとは1994年Don ChadwickBill StumpfらによってデザインされたHerman Miller社の椅子である。

概要[編集]

価格帯[編集]

アーロンチェアは多機能デスクチェアとしては高価な部類であり、新品の場合ランバーサポート型はおよそ11~18万円、ポスチャーフィット型はおよそ13~20万円の市場価格となっている。この高額な価格設定は、多くの個人にとって購入検討する際の大きな障害となり得るが、ハーマンミラーおよびハーマンミラーの正規販売代理店から直接購入後には12年間もの保証期間が設けられており、劣化・消耗部品の多くが無償修理・交換の対象となっている。(オークションなどの個人売買は保証対象外)

機能面[編集]

人間工学に基づいた椅子であり、多数の人々から非常に快適だと認識されている。その理由として、ユーザー・使用環境に応じて細かく調整できるカスタマイズ機能が挙げられる。これにより、一般的な体格である99%の成人であれば男女を問わず快適なデスクワーク環境を実現することができる。

実際に座るとトランポリンのような弾力のある座面に加え、一般の低価格チェアにはないフワリとした不思議な感覚のリクライニング機能を体感できる。それと同時にしっかりと骨盤を受け止める構造となっており、長時間座っても疲れにくくなっている。さらにメッシュ素材の座面を採用したことにより、夏場でも蒸れることなく快適に座ることができる。また、回転時やリクライニング時においてもガタつきのないしっかりした構造となっている。

自動車のシートのように姿勢を矯正するため、リラックス用途を重視するユーザーにとっては窮屈に感じる場合がある。またフレームにネットを取り付ける構造をとるため体型にあわないアーロンチェアを選択している場合は膝の裏側や背もたれ部分のフレームが圧迫要因となり長時間の着座に堪えられない痛みの原因となることがある。このため不特定多数が利用する場面(会議室や休憩室、ネットカフェなど)にはあまり向かない。

アーロンチェアは「高機能オフィスチェア」であり、あくまで利用者個人の体型にフィットした製品を利用することを前提としており、また前傾時のワークスタイルを支援するのが狙いとされている。

その他[編集]

1990年代後期から2000年代初頭におけるインターネット・バブルの象徴であり、ビジネスの成功者や名士のオフィスに、さりげなく部屋に置かれたグラビアなどが多数みられた。テレビドラマなどにおいても成功者の象徴として、経営者役などの部屋にはアーロンチェアが置かれていることがある。

現在では、画期的なデザインのためニューヨーク近代美術館において、「永久コレクション」としての地位を獲得している。この椅子のための市場開拓に際しての障害について、Malcolm GladwellBlinkに記載されている。

日本にて、通商産業省による1996年度グッドデザイン賞のグッドデザイン金賞のオフィス・店舗用品部門を受賞している。

長時間のデスクワーク作業を強いられる経営者やデザイナー、慢性的な肩こり腰痛などの持病をもつ患者など、多くのユーザーに支持されるに至っており、高い満足度は口コミ・ネット掲示板などで広がっている。

特徴[編集]

素材[編集]

一般的な椅子に見られるような、布と綿を用いたクッションは用いられていない。その代わりに、ペリクルと呼ばれる網目状で柔軟性のあるメッシュが座席部分と背もたれに使用されている。このため通気性が非常によく、長時間にわたって作業をしていても蒸れたりすることがない。欠点としては冬場に寒く感じることがある点であるが、座布団を敷くなどの対策をしているユーザーもいる。

サイズ[編集]

他の特筆すべき点としては、サイズ別で大中小の3種類のアーロンチェアが販売されていることが挙げられる。ちなみにサイズは背もたれ上部の取っ手の下にある、小さい点の数(1,2,3)で確認できる。異なるサイズがあることでより自分にフィットしたチェアを選択することができるため、疲労を感じる事なく作業をすることができる。

日本人の場合にはA/Bサイズが1:3くらいの比率で売れており、成人の場合には多くの場合「Bサイズ」が標準的といえる。この3種類のサイズにより、ほぼ99%の成人をカバーできるとされる(A~Bサイズでは、およそ95%ほどの成人をカバーするとされる)。日本ではA/Bサイズのみが常時販売されておりCサイズの場合には米国からの取り寄せのため、3ヶ月前後かかる場合がある。

  • A(小) 145~165センチ(女性・未成年) 体重55キロ未満
  • B(中) 160~185センチ(普通の男性) 体重50~80キロ前後
  • C(大) 180~200センチ(大柄な男性) 体重75キロ以上

機能[編集]

ランバーサポート
フル装備の際に選択可能な、骨盤支持システム。表裏を裏返すことで2種類の厚さを変更することができる。
ポスチャーフィット
ランバーサポートから進化した、骨盤サポート機能。
前傾チルト
フル装備の際に選択できるオプション。前方に5度ほど傾斜させることで、正しい背骨の角度をたもったままデスク作業などしやすくする事ができる。ただし普通に座る際には若干座りづらくなるため、その都度切り替える必要性がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]