アダムとエバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アダムとイヴから転送)
移動: 案内検索
アダムとエバ(1507年、アルブレヒト・デューラー画)
アダムの創造(ウィリアム・ブレイク画)

アダムとエバ(またはアダムとイブ)は、旧約聖書創世記』に最初の人間と記される人物である。天地創造の終わりにヤハウェ(エホバ)によって創造されたとされる[1]

なお、アダムאָדָם)とはヘブライ語で「土」「人間」の2つの意味を持つ言葉に由来しており、エバはヘブライ語でハヴァחַוָּה)といい「生きる者」または「生命」の意味である。このエバ、エヴァ、或いはイヴ、イブ(: Eve に由来する)という読みは: Ευάエウア)に由来する。本項では新共同訳聖書の表記にしたがって以下エバと表記する。 人類最古の文明を生み出したと言われているシュメル人が書き残した天地創造の物語がヘブライ語に翻訳されたと思われる。

天が地から取り去られたのち、
地が天から分けられたのち、
人の名が定められたのち、
アン(天神)が天を運び去ったのち、
エンリル(大地神)が地を運び去ったのち、
アン、エンリル、エンキ(水神)、そしてニンフルサグ(豊穣の女神)が、
黒い頭(人間)を創造したのち、
草木が地においしげり、
けもの-野の四足獣がたくみにつくりだされた。
母なる神よ。
あなたがいちばんはじめに名前を呼んだ被造物が存在しています。
神々の・・・・・・をそのうえに結びつけてください。
深海のかなたにある粘土の心をこねてください。
善良で気高いつくり手が粘土を厚くするでしょう。
あなたは手足をつくりだしてください。
ニンフルサグはエンキにたずねる。
兄弟よ、どこが痛いのですか。
肋骨が痛むよ。
ではあなたのために女神ニンティを産みましょう。
楽園から追放されるアダムとエバ(ギュスターヴ・ドレ画)

『創世記』[編集]

旧約聖書『創世記』によると、アダムの創造後実のなる植物が創造された。アダムはエデンの園に置かれるが、そこにはあらゆる種類の木があり、その中央には命の木善悪の知識の木と呼ばれる2本の木があった。それらの木は全て食用に適した実をならせたが、主なるエホバ神はアダムに対し善悪の知識の実だけは食べてはならないと命令した。なお、命の木の実はこのときは食べてはいけないと命令されてはいない。その後、女(エバ)が創造される。が女に近付き、善悪の知識の木の実を食べるよう唆す。女はその実を食べた後、アダムにもそれを勧め、2人は目が開けて自分達が裸であることに気付き、イチジクの葉で腰を覆ったという[2]

この結果、蛇は腹這いの生物となり、女は妊娠の苦痛が増し、また、地(アダム)が呪われることによって、額に汗して働かなければ食料を手に出来ないほど、地の実りが減少することを主なる神は言い渡す[3]。アダムが女をエバと名付けたのはその後のことであり、主なる神は命の木の実をも食べることを恐れ、彼らに衣を与えると、2人を園から追放する。命の木を守るため、主なるエホバ神はエデンの東にケルビムときらめいて回転する剣の炎をおいた[4]

アダムは930歳で死んだとされるが、エバの死については記述がない[5]。また、「善悪の知識の木」の実(禁断の果実)はよく絵画などにリンゴとして描かれているが、『創世記』には何の果実であるかという記述はない。

17世紀のイギリス人作家ジョン・ミルトンは、この物語をモチーフにして『失楽園』(Paradise Lost:1667)を書いている。

キリスト教[編集]

キリスト教では、失楽園の物語は「原罪」として宗教的に重要な意味を与えられる。新約聖書では、アダムは騙されなかったとしてアダムの罪の大きさを指摘する他、イエス・キリストを「最後のアダム」と呼ぶなど、アダムへの言及が各所に見られる[6]。また、女を騙した蛇はサタンであるとされる[7]。なお、アダムは正教会聖人に列せられている。

アウグスティヌスは『神の国』14巻11章で女は惑わされて罪を犯したが、アダムは女性に譲歩したために罪を犯したと解説している。また『神の国』22巻17章で、女が男からつくられたのはイエス・キリストについての預言であり、アダムの眠りがキリストの死を表し、十字架につけられたイエス・キリストの脇腹から血と水が流れ、そこから教会が立てられたのであり、女が男から作られたことは教会の一致を表しているとしている。そして『神の国』22巻24章で、人間が堕落したにもかかわらず、神は子供を産む祝福を奪われなかったと教えている[8]

また、福音派でも「女の真の定義は男からとられた者」「男の一部」であり、パウロはアダムとエバの類比をキリストと教会の関係に当てはめているとされる。「女はアダムのわきからとられた。教会が出てくるのは、主の傷ついて血のにじむわきからである。」そのため人は妻と結ばれて「一心同体」になるのであり、教会はキリストの花嫁と呼ばれている。エバは頭であるアダムに相談せずに、自分で判断したために堕落した。創造の秩序から女性が上に立ってはならないと教えられている[9]

ユダヤ教[編集]

外典他[編集]

『ヨベル書』によれば、アダムとエバはエデンの園で7年間手入れと管理を行っていた。4月新月追放されエルダ(アダムとエバ起源の地)に住みつき農耕を始めた。長男カイン(第二ヨベル第3年週誕生)は長女アワン(第二ヨベル第5年週誕生)と、三男セト(セツ、第二ヨベル第5年週の第4年誕生))は次女アズラ(第二ヨベル第6年週誕生)と結婚した。なおアベル、エノクの他男女8人の子がいた。

『アダムとエバの生涯[10]』(『モーセの黙示録』)によれば追放の際サフラン、カンショウコウ、ショウブ、シナモン他の種を持っていくことを許可された。また追放後も大天使ミカエルにより種をもらったり、エバの出産を助けてもらうなどしている。息子30人と娘30人もうけたという。追放後18年2ヶ月後子供が生まれた。

グノーシス主義オフィス派の『バルク書』によれば、第二の男性原理エロヒム(万物の父)の天使が、第三の女性原理エデンまたはイスラエル(体は女性、足は蛇身)の女性体の部分の土からアダムを創り(蛇身の土から動物を創った)、エデンが魂を、エロヒムが霊を置いた。イヴも同様にエデンに似せて創られエデンが魂を、エロヒムが霊を置いた。そのあと産めよ増やせよ地に満ちよと命じられた。

イスラム教[編集]

アラビア語で書かれた『クルアーン』(コーラン)では、エロヒムはアッラーフと、アダムはアーダム(Ādam)と呼ばれ、人の祖にして最初の預言者として登場する。イスラム教ではアーダムは「人の父」と称され、人を総称するときは「アーダムの子ら」という語が使われ、「アーダムの」といえば「人の」という意味にもなる。ハヴァ(イブ)すなわちアーダムの妻はハウワーと呼ばれるが、『クルアーン』にはその名前は直接に言及されていない。

『クルアーン』によれば、アーダムはアッラーフの地上における「代理人」(ハリーファ)としてから創造されたという。天使たちは人を地上に置くと地上で悪をなすと反対したが、アッラーフは最初の人としてアーダムを創造し、万物全ての名称を教えた。そのため天使ですらも万物の名はアーダムから教わり、彼に平伏したという[11]。しかし、先に天使と同じような存在あるいは天使の一員としてアッラーフによってイブリースが、創造された。続いてアッラーフはアーダムの妻を創造し、2人を楽園に住まわせた。しかしアーダムはイブリースの言葉に惑わされて、妻とともにアッラーフに食べることを禁じられていた楽園の果樹の実を食べてしまった。二人はこれを悔いてアッラーフに悔悟し、罪を許されたものの、楽園を追放されて地上に下された[12]。『クルアーン』の伝える物語は、『創世記』の失楽園物語と比較すると、果実を食べるよう誘ったのが蛇ではなく(悪魔)である、誘われて果実に手を出したのは妻ではなくアーダムのほうであるという違いがある。

その後、2人は地上で子をもうけ、人類の祖となったとされる。なお、『クルアーン』には記述されていないが、イスラム教の伝承によれば、地上に降りた2人は初め別れ別れであったが、のちにマッカ(メッカ)郊外のアラファート山で再会することができたという。

脚注[編集]

  1. ^ 『創世記』1:26-27
  2. ^ 『創世記』 2:15-3:7
  3. ^ 『創世記』3:14-19
  4. ^ 『創世記』3:20-24
  5. ^ 『創世記』5:5
  6. ^ テモテへの手紙一』2:14、『コリントの信徒への手紙一』15:45
  7. ^ ヨハネの黙示録』12:9
  8. ^ アウグスティヌス『神の国』岩波文庫
  9. ^ マーティン・ロイドジョンズ『結婚することの意味』
  10. ^ 原始キリスト教世界 アダムとエバの生涯”. Barbaroi!. 2010年7月25日閲覧。
  11. ^ 『クルアーン』第2章「牝牛」30-34節
  12. ^ 『クルアーン』第7章「高壁」

関連項目[編集]