イブリース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イブリースアラビア語: إبليس‎, ラテン文字転写: Iblīs)は、イスラム教において、アッ・シャイターン(الشيطان‎)と呼ばれる悪魔の王。ユダヤ教キリスト教サタン(שטן‎)に相当する。

クルアーンによると、アッラーフ(神)が土からアーダム(アダム)を創り天使たちに彼の前にひれ伏すことを命じたが、彼は黒泥を捏ねて作った人間などにひれ伏すことはできないとしてそれに応じずにアッラーフを怒らせた。[1]アッラーフは彼を罰しようとしたが、イブリースはアッラーフに猶予を請うた。 それが聞き入れられると、いずれ最後の審判の後、地獄の業火によって焼かれるまで地上の人々を惑わせてやろう、と誓った。

イスラム教の中にはキリスト教の「サタン擁護論」と同様に「イブリース擁護論」がある。 イスラム神秘主義者の中に「イブリースがアーダムを崇拝しなかったのは、アッラーフ以外への崇拝をしたくなかったからなのだ。」と説く者も、またいる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コーラン 2:34 など