Wikipedia:リダイレクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Wikipedia:Redirectから転送)
移動先: 案内検索

リダイレクト(転送)とは、ある記事へリンクしたときに、別のページに転送する機能のことです。また、そのようなページをリダイレクトページ(転送ページ)と呼びます。

ウィキペディアの記事名はWikipedia:記事名の付け方を基準としています。通常、記事名は正式名称で作られますが、このリダイレクトページを作っておくと、略称や別名や別の表記で記事を検索しても、実際に存在する記事へ自動的に転送されるようになります。

このページは、日本語版ウィキペディアにおいて、どんなリダイレクトを作るべきか、どんなリダイレクトを作るべきではないかについて、プロジェクトの方針を決める場です。リダイレクトの機能や作り方についてはHelp:リダイレクトをご覧ください

方針に対する提案はこのページのノートにお願いします。

目次

リダイレクト作成の基準[編集]

実際に解説が置かれている記事名へのリダイレクトを設定すべき場合には次のようなものがあります。

表記揺れ[編集]

漢字と仮名の違い[編集]

送り仮名の揺れ[編集]

翻訳の揺れ[編集]

原語の違い[編集]

新字体[編集]

旧字体[編集]

日本語以外の表記[編集]

日本語以外での表記・読み[編集]

難解な漢字表記の読み[編集]

区切りの違い[編集]

大文字使用の違い[編集]

大文字・小文字の違いで検索をした場合はシステムが自動的に変換するため、原則リダイレクトを用意する必要はありません。例外として「FORTRAN」のように大小文字違いで意味が異なる場合は[[FORTRAN|Fortran]]とはせずにリダイレクト「Fortran」を介したリンクとしてください。

正式名称に記事名に使えない文字が含まれる場合[編集]

正式名称にWikipedia:表記ガイド#項目名で規定されている範囲内にないが、Unicodeの基本多言語面内にある文字を含む場合、記事名は規定されている範囲内の文字だけを使い、正式名称は記事名へのリダイレクトとします。

以下にリダイレクトの例を示します。

同義語(類義語)[編集]

改名・改称[編集]

表記変更[編集]

短縮名・略称[編集]

通称・俗称[編集]

補記[編集]

補記の入ったリダイレクトは、その補記込みで使われることが多いもの以外は作成しなくてかまいません。

ペンネーム・芸名・別名[編集]

本人や公式な情報源から公開されていない別名義などについては、「独自研究本人の公表していないプライバシー」とみなされますので、リダイレクトを行わないでください。リダイレクトを行う際はリダイレクト先にその名義に関する説明や出典情報などの提示をお願いします。

字(あざな)・雅号[編集]

愛称・あだ名[編集]

ただし、以下のようなものは、リダイレクト先の変更・曖昧さ回避ページへの変更・リダイレクトの削除依頼による削除・即時削除が行われる場合があります。

  1. 固有名詞・普通名詞や形容詞などと重複するもの。それらと完全に同じ文字やひらがな表記・カタカナ表記など同じ音のもの。他の意味の検索を阻害しないようにしてください(曖昧さ回避ページを阻害しないも参照)。
  2. 作成者のみ、またはごく一部の者にしか通じないもの。使用例が少なく、著名性が充分でないもの。
  3. 転送先の人物・団体を貶すことが目的と思われるもの。不祥事や犯罪歴を責め立てるようなリダイレクトは即時削除の方針の全般3で即時削除される場合があります。ただし、アホの坂田など本人が自称していて別な芸名として通用しているような例は除きます。

正式名・本名[編集]

通称や芸名が記事名になっていることもあります。

ただし、芸名・ペンネーム・選手登録名、また旧姓本名の方で知られている芸能関係者・文筆業者・スポーツ選手が大半ですので、無差別に本名や結婚後姓のリダイレクトを作成することは推奨されません。

本人や公式な情報源から公開されていない本名については、「独自研究もしくは本人の公表していないプライバシー」とみなされますので、リダイレクトを行わないでください。リダイレクトを行う際はリダイレクト先にその名義に関する出典情報などの提示をお願いします。

よくある間違った表記[編集]

記事の冒頭部に間違いであることを明記

既発売品のマイナーチェンジ版[編集]

曖昧さ回避ページへのリンク[編集]

曖昧さ回避ページへ意図的にリンクしていることを明示するために、ページ名の末尾に「 (曖昧さ回避)」を付加したページから、ページ名の末尾に「 (曖昧さ回避)」を含まない曖昧さ回避ページにリダイレクトする。詳細はWikipedia:曖昧さ回避#曖昧さ回避ページへのリンク方法を参照してください。

リダイレクトの注意点[編集]

転送元のページに関する注意点[編集]

曖昧さ回避ページを阻害しない[編集]

同じ名前で異なる事柄を判別するために、曖昧さ回避のページが作られているのに、それを邪魔するようなリダイレクトを作らないように注意しなければなりません。 つまり、リダイレクトにしようとする言葉が曖昧さ回避に該当していないかを必ず検索して調べてみて下さい。

以下は一意的でないためにリダイレクトが適切でない例です。

リンク切れを防ぐ[編集]

リンク切れは訪問者に時間を無駄にさせますし、不快にさせてしまいます。ですから、ウィキペディアのある部分の構成を変更したり、重複記事を統合したときは、必ず記事のあった場所から新しい場所へのリダイレクトを作成してください。検索エンジンや訪問者は元のページにリンクしているかもしれません。もしページが削除されていたら、サーチエンジンからの訪問者が編集ウィンドウにたどり着いてしまう可能性があります。以前に元のページをブックマークしていた人などにも同様です。

これは重複記事を統合する場合や、一つの総合的な主題を異なった見方で捉えている小さなスタブを寄せ集める場合に適用されます。

ページ名の変更の手順を踏まないでリダイレクトを作成しない[編集]

単に記事のタイトルを新しいものに変えたいために、新タイトルのページに内容をコピーして、元の記事名からのリダイレクトを作成するようなことは避けて下さい。更新履歴が壊れてしまうだけでなく、ノートページが存在しても自動的に引き継がれません。このような場合には、Wikipedia:ページの改名に沿って作業して下さい。こうすれば履歴やノートページも無事に引き継がれ、リダイレクトも自動で作成されます。

転送先のページに関する注意点[編集]

穏当な転送を行う[編集]

「最小困惑度の原則」に従いましょう。リダイレクトの後、読者が最初に感じる疑問は、「Aについて読みたいのに、なぜBが表示されるんだ?」というものです。読者に対して、リダイレクトの結果として「正しいページが表示された」ということが理解できるように努めて下さい。

具体的には、転送先のページでは最初の2段落内で転送元のページについて言及するようにして下さい。具体例を以下に挙げます(以下に挙げているものはあくまでも例ですので、実際の状況とは異なる場合があります)。

マリオカート ダブルダッシュ!!テレビゲームのタイトル)からマリオカートにリダイレクトする場合
「マリオカート」のページでこれがゲームのシリーズであることを説明した上で、「マリオカートダブルダッシュ!!」を含むシリーズ全体について解説しましょう。
黒澤明記念館から黒澤明にリダイレクトする場合
「黒澤明」のページでは、彼の作品に関連する品々が「黒澤明記念館」で展示されていることについて言及しましょう。
Windows Messengerから.NET Messenger Serviceにリダイレクトする場合
「Windows Messenger」が当サービスを通じて利用できるクライアントの一つであることを説明しましょう。

多くの場合、リダイレクトは一時的な措置に過ぎません。上記の「Windows Messenger」の例では、誰かがこの特定のクライアントについてのページを作成しようとするかもしれません。

ループするリンク、重複するリンクを作成しない[編集]

これらは不必要に同じページを二度読み込ませるだけでなく、何より読む人を混乱させてしまいます。

「ループリンク」を作成しない
ページからそのページ自身への転送ページに対してリンクしてはいけません。例えば「JASRAC」から「日本音楽著作権協会」にリダイレクトが設定されている場合、「日本音楽著作権協会」のページでは、
日本音楽著作権協会(Japan Society for Rights of Authors, Composers and Publishers)([[JASRAC]])は……
のようにリンクしてはいけません。読者が更なる情報を求めて「JASRAC」をクリックしても、ただ同じページに戻ってくるだけです。
「重複リンク」を作成しない
また、同一ページにたどり着く複数の言葉にリンクしてはいけません。例えば、
P2Pの普及を受け[[日本音楽著作権協会]]([[JASRAC]])は……
のようにリンクをしてしまうと、読者が2つのリンクをクリックしても、同じページを2回読み込むだけになってしまいます。

二重リダイレクトをしない[編集]

二重リダイレクトとは、たとえばAというリダイレクトページからCという記事へ転送されるべきなのに、そのAとCの中間にBというリダイレクトページが介在している状態をいいます。つまり、Aリダイレクトページ→Bリダイレクトページ→C記事という経路をたどっている状態です。二重のリダイレクトを見つけたら、直接転送されるように修正しましょう。いまの例でいえば、AリダイレクトページからC記事へ転送されるように編集しなおす必要があります。特に、記事を分割したり、統合した場合、多重リダイレクトにならないよう注意しましょう(リンク元を確認することで簡単に見付けられます)。

他言語版へのリダイレクトを作成しない[編集]

他言語版へのリダイレクトは、記事が日本語版に存在しないことが分かりづらくなり、記事を作るきっかけを阻害するデメリットが、他言語版へのアクセス性向上のメリットより大きいと考えられるため、作成してはいけません。代わりにTemplate:仮リンクのテンプレートを使うことを検討してください。他言語版へのリダイレクトは、即時削除の対象となります。

リダイレクトと赤リンク[編集]

項目の副次的な話題について独立ページがない時に、どうするかにはいくつかの方法が考えられ、リダイレクトにするのが必ずしも最良とは限りません。

例えばBがAに関連する副次的な話題で、Bが独自のページを持っていないとき、次のような方法が考えられます。

BからAへリダイレクトする。
欠点: Bについて新しいページを作るきっかけにはなりにくいでしょう。またAにリンクしているページが多いときにはBに行くのは不便です。
Aの中にBへのリンクを作り、Bについてのページを新規作成するきっかけを提供する。
欠点: Bについて調べようとした、ウィキメディアプロジェクトに不慣れな人には不親切。Aへ自動的にリダイレクトされる方がずっと分かりやすいです。Bにリンクしているページが多いときはなおさらです。
両方つくる(Aへの間接的な自己リンク)。
欠点: 不慣れな人には分かりにくい。方針としてループリンクは推奨されていない。
同上だが、BからAへはソフトリダイレクトにする。
すなわち、Bには、「[[A]]参照」などとだけかきます。スタブ機能を使うと、Aを閲覧中にBはとても短いページであることがわかります。
欠点: ソフトリダイレクトは一般的ではありません。事情を知らない人が、普通のリダイレクトにかえてしまうかもしれません。また、普通のリダイレクトよりちょっと不便です。スタブ機能を使っていない読者は無駄にBをクリックしてしまいます。
Bをリダイレクトにした上で、AからBへ外部リンク形式を使って、「リダイレクトしない」ページ、もしくは編集ページへリンクする。
例えば TemplateTemplateについて新規記事を作成 のようにできます。

リダイレクトの解消[編集]

ある記事AがリダイレクトページRにリンクしており、Rは記事Bにリダイレクトしているとします。記事Aと記事Bがこのような関係にあるとき、記事Aと記事Bの間には「リダイレクトを経由したリンク」が存在しています。

リダイレクトページにリンクしている記事(A)を見つけた場合、その記事を編集して、直接リダイレクト先の記事(B)を参照するように修正したくなるかもしれません。そのような修正は、記事Aと記事Bの間に存在している「リダイレクトを経由したリンク」を「リダイレクトを経由しないリンク」へと変更することを意味します。このような変更のことを、ここでは「『リダイレクトを経由したリンク』の解消」と呼びます。「『リダイレクトを経由したリンク』の解消」は、慣例的に「リダイレクトの解消」とも呼ばれています。「リダイレクトの解消」というのは、リダイレクトページ自体を削除することや、リダイレクトページからリダイレクト機能を除去することを指すのではありません。

「リダイレクトを経由したリンク」は、解消してもよい場合と、解消してはいけない場合があります。解消しようとするときには、当該部分を執筆した人に何らかの意図があって故意にリダイレクトページへリンクしているのではないことをよく確認してください。

リダイレクトを経由したリンクを解消せずに存置するほうがメリットがある場合があります。それは、ある記事から別の記事へリンクしたいけれどもリンク先の記事が全く執筆されていないという場合や、ある記事から他の記事中の節へリンクしたい場合です。詳しくは、Wikipedia:リダイレクト#解消すべきでない例を参照してください。

「リダイレクトを経由したリンク」を解消する作業は、他の編集の機会に一緒に行うことを推奨します。

解消してもよい例[編集]

「リダイレクトを経由したリンク」の解消をする前に、必ずリダイレクト先の記事を読み、前後との関係やリンク自体の意味が変わらないことを確認してください。

記事A → 国連(リダイレクトページ)→ 国際連合

国連」というリダイレクトページのリダイレクト先は「国際連合」です。上図のように、ある記事Aが「国連」にリンクしているとき、そのリンクがそもそも「国際連合」を指すものであるということが明らかな場合は、このような「リダイレクト経由のリンク」を解消してもかまいません。つまり、記事Aから「国連」へのリンクを編集して、記事Aから「国際連合」への直接のリンクに変更してもかまいません。

記事A → 薔薇(リダイレクトページ)→ バラ

薔薇」というリダイレクトページのリダイレクト先は、植物の「バラ」です。上図のように、ある記事Aが「薔薇」にリンクしているとき、そのリンクがそもそも植物の「バラ」を指すものであるということが明らかな場合は、このような「リダイレクト経由のリンク」を解消してもかまいません。解消しようとするリンクが、そもそも「植物のバラ」以外の「バラ」を指しているのではないということを確認したうえで、解消してください。

解消すべきでない例[編集]

独立の可能性[編集]

未執筆の記事が執筆されて独立した記事になる可能性がある場合

(例):記事A →「岳物語」(未執筆)→「椎名誠
任意の記事(A)から別の記事へリンクしたいけれどもリンク先の記事が全く執筆されていない場合には、そのリンクを赤リンクとしておく他に、上図のように未執筆の記事を他の関連する記事へのリダイレクトページにしておき、任意の記事からそのリダイレクトページへリンクしておく方法がとられていることがあります。こうすることで、将来「岳物語」の記事内容が執筆されて「岳物語」が独立した記事となった時に、記事Aは直ちに適切なリンク先「岳物語」へリンクしている状態になります。

記事中の節が、独立した記事になる可能性がある場合

(例):記事A →「天然資源」(リダイレクトページ)→「資源#天然資源
任意の記事(A)から他の記事中の節へリンクしたい場合にリダイレクトを経由することにも有用性があります。例えば、「資源」という記事中に「天然資源」という節があり、そこへ節リンクしたい場合には、上図のように別途「天然資源」というページを「資源#天然資源」へのリダイレクトページとして作成したうえで、記事Aから「天然資源」へリンクすることで、将来「資源#天然資源」が「資源」という記事から分割されるなどして「天然資源」という独立した記事となった時に、記事Aは直ちに適切なリンク先「天然資源」へリンクしている状態になります。(ただし、記事中の節にリダイレクトするこのようなリダイレクトページの作成は、リダイレクト先の節が将来において独立した記事となる可能性が高いと考えた場合にのみ行うべきです)。
このような意図で設けられている「リダイレクトを経由したリンク」は、解消せず存置したほうがよい場合があります。もしも解消してしまったら、「資源#天然資源」が「資源」という記事から分割されるなどした後においては、任意の記事から「資源#天然資源」へのリンクを探して「天然資源」にリンクするように書き換えるという手間が発生します。未執筆の記事が執筆されて独立した記事になった場合にも、同様の書き換えが必要になります。このような手間を事前に防ぐことが、「リダイレクトを経由したリンク」の有用性の1つです。

曖昧さ回避の意図的明示[編集]

(例)記事A →「エンジン (曖昧さ回避)」(リダイレクトページ)→「エンジン」(曖昧さ回避ページ)
一般的には、曖昧さ回避ページへはリンクするべきではありませんので、任意の記事が曖昧さ回避ページヘリンクしている場合は、適切なリンク先へ変更するべきです。ただし、任意の記事(A)から曖昧さ回避ページへ意図的にリンクしていることを示すために、Aからページ名の末尾に「 (曖昧さ回避)」を付けたページへリンクし、そこから、ページ名の末尾に「 (曖昧さ回避)」を含まない曖昧さ回避ページへリダイレクトを作成してある場合があります。この場合も、リダイレクト経由のリンクを解消しないでください。詳細はWikipedia:曖昧さ回避#曖昧さ回避ページへのリンクを参照してください。

解消すべき例[編集]

ナビゲーションテンプレート」では、リダイレクトを解消すべきです。なぜなら、ナビゲーションテンプレートでは、「自己リンク」が期待されるためです。自己リンクは、表示しているページとリンク先が同一である場合に起き、リンク表記が太字のテキストになります。しかし、リンクがリダイレクトのままでは自己リンクにはなりません。

関連項目[編集]