TeraPad

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テラパッド(TeraPad)
作者 寺尾進
初版 1999年4月19日(18年前) (1999-04-19
最新版 1.09 / 2012年11月12日(5年前) (2012-11-12
プログラミング言語
対応OS
使用エンジン TEditor
種別 テキストエディター
公式サイト TeraPad
テンプレートを表示

TeraPad(テラパッド)は、Windowsで動作するSDIタイプのテキストエディターである。

その名称は作者の寺尾進に由来する。 なお、名称が似ているTera Term[1]とは一切の関係は無い。

ソフトウェアは、日本語圏では長年に亘って親しまれており、テキストエディターという有名な古参が多いカテゴリにありながらも専門に扱われた書籍も存在する[2]

余談ではあるが、本ソフトウェアの初期のバージョンではメニューアイコンが存在せず、そのアイコンも現在知られるものとは別物のように異なるものであった。

特徴[編集]

ラッパー[編集]

テラコレクションを使用すると、SDIであるTeraPadをMDI化して使用できる。 本ソフトウェアはTeraPadのラッパーとして動作する。

プラットフォーム[編集]

  • Windows 95/98/Me/NT4/2000/XP/Vista/7/8/10(UTF-8を除く)

注釈[編集]

  1. ^ 寺西高が作成したターミナルエミュレーターソフトウェア
  2. ^ 中村昇はじめてのTeraPad工学社2008年8月8日ISBN 978-4-7775-1382-6
  3. ^ 編集モードを起動時のコマンドラインパラメーターで指定する必要が有る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]