DOWN TOWN/やさしさに包まれたなら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DOWN TOWN/やさしさに包まれたなら
坂本真綾シングル
初出アルバム『You can't catch me(#1)』
A面 DOWN TOWN
やさしさに包まれたなら
B面 悲しくてやりきれない
リリース
規格 マキシシングル
録音 2010年
日本の旗 日本
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル flying DOG
JVCエンタテインメント
作詞・作曲 伊藤銀次(作詞 #1)
山下達郎(作曲 #1)
荒井由実(作詞・作曲 #2)
プロデュース 田村充義・maaya
チャート最高順位
坂本真綾 シングル 年表
マジックナンバー
2009年
DOWN TOWN/やさしさに包まれたなら
(2010年)
Buddy
2011年
テンプレートを表示

DOWN TOWN/やさしさに包まれたなら」(ダウン タウン/やさしさにつつまれたなら)は、坂本真綾の18枚目のシングル2010年10月20日flying DOGから発売された。

概要[編集]

前作「マジックナンバー」から11ヶ月ぶりのシングル発表となる本作は、15周年記念第3弾目の企画として、自身初のカバーシングルとして発表された。カバー曲としては、2001年発表のオリジナルアルバム『Lucy』に収録された「紅茶」(菅野よう子作曲CM曲のカバー)で既に発表しているが、大々的に作品化して発表するのは今回が初の試みとなる。

本作は収録曲3曲ともが全てカバー曲で構成されており、1曲目「DOWN TOWN」はシュガー・ベイブ、2曲目「やさしさに包まれたなら」は荒井由実、3曲目「悲しくてやりきれない」はザ・フォーク・クルセダーズの同名楽曲をそれぞれカバーしている。なお、3曲とも編曲者が演奏を行っている。両A面となっている「DOWN TOWN」は、テレビアニメそれでも町は廻っている』のオープニングテーマ、「やさしさに包まれたなら」は、OVAたまゆら』のオープニングテーマとしてそれぞれ使用されている。なお、「DOWN TOWN」はEPOのカバーバージョンがフジテレビ系『オレたちひょうきん族』、「やさしさに包まれたなら」は原曲のアルバムバージョンがアニメ映画『魔女の宅急便』のエンディングテーマとしてそれぞれ使用されていたことで知られている。

初回限定盤には、「DOWN TOWN」のPVを収録したDVDが付属しているほか、自身の全国ツアー『坂本真綾 LIVE TOUR 2011 "You can't catch me"』の公演先行予約抽選応募のフライヤーが封入されている。

主な記録[編集]

2010年11月1日付のオリコン週間シングルチャートで5位を獲得。初動売上は1.6万枚であり、前作から約0.3万枚増加した。また、自身のシングル作品のトップ10入りは、前々作「雨が降る」以来2作ぶりであり通算5作目となった。

累計出荷枚数は2.5万枚。

声優の個人名義作品のトップ10入りは2010年8月2日付のオリコン週間シングルチャートで6位、9位を獲得した林原めぐみの「集結の運命」、茅原実里の「Freedom Dreamer」以来。キャラクター名義を含めると2010年10月25日付のオリコン週間シングルチャートで10位を獲得した北神未海名義の小川真奈のシングル「おしゃれマイドリーム/エレガントガール」以来となった。

収録曲[編集]

  1. DOWN TOWN [3:58]
    作詞:伊藤銀次、作曲:山下達郎、編曲:服部隆之
  2. やさしさに包まれたなら [3:55]
    作詞・作曲:荒井由実、編曲:DEPAPEPE
  3. 悲しくてやりきれない [4:11]
    作詞:サトウハチロー、作曲:加藤和彦、編曲:J.A.M
  4. DOWN TOWN(instrumental
  5. やさしさに包まれたなら(instrumental)
  6. 悲しくてやりきれない(instrumental)

逸話[編集]

かつて『DOWN TOWN』を作曲し、かつシュガー・ベイブのボーカルとして歌った山下達郎が、2010年11月7日オンエア分の自身のラジオ番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』にて坂本版『DOWN TOWN』を流すほか、坂本版についてコメントをしている。それによると山下も坂本版のバックミュージシャンを務めた難波弘之三谷泰弘のふたりから「あのアレンジは凄い!」という服部隆之が行った編曲に感嘆したことを聞かされており、山下自身も坂本版を「素晴らしいカバーになった」と評している。

収録アルバム[編集]

  • 「やさしさに包まれたなら」
    • 『たまゆら オリジナルサウンドトラック』

外部リンク[編集]