2014年コモンウェルスゲームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第20回コモンウェルスゲームズ
XX Commonwealth Games
開催都市 スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
参加国・地域数 71
参加人数 4,947
競技種目数 17競技261種目
開会式 2014年7月23日
閉会式 2014年8月3日
開会宣言 女王エリザベス2世
最終聖火ランナー サー・クリス・ホイ
主競技場 セルティック・パーク(開会式)
ハムデン・パーク(閉会式)
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2014年コモンウェルスゲームズ(XX Commonwealth Games)は2014年7月23日から8月3日スコットランドグラスゴーで開催された。

大会招致まで[編集]

大会開催に当たっては2007年11月9日のコモンウェルスゲームズ連盟の理事会でナイジェリアアブジャを破り、開催が決定された[1]

2014年英連邦大会開催地投票
都市 国・地域 結果
グラスゴー スコットランドの旗 スコットランド 47
アブジャ ナイジェリアの旗 ナイジェリア 24

実施競技[編集]

競技会場[編集]

参加国[編集]

71の国と地域、そして4947人の選手が参加し、史上最大のコモンウェルスゲームズである。2013年10月7日、ガンビアはコモンウェルスから脱退し、今大会に出場しないと発表した。

開催日程について[編集]

枠内の数字は施行競技数。なお、日付はイギリス時間である。

2014年7月23日 - 8月3日, 数字は金メダル確定数

OC 開会式 予選 1 決勝 CC 閉会式
7月/8月 23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
Events
開会式・閉会式 OC CC
陸上競技 4 7 7 7 9 7 9 50
バドミントン 1 5 6
ボクシング 13 11
自転車競技 4 4 5 4 2 2 2 23
飛込 3 2 3 2 10
体操競技 1 1 4 2 2 5 5 20
ホッケー 1 1 2
柔道 5 4 5 14
ローンボウルズ 1 2 2 2 3 10
ネットボール 1 1
7人制ラグビー 1 1
射撃 3 5 2 4 5 19
スカッシュ 2 1 2 5
競泳 6 8 7 7 8 8 44
卓球 1 1 2 3 7
トライアスロン 2 1 3
ウエイトリフティング 2 2 2 2 2 2 2 1 4 19
レスリング 5 5 4 14
Total Events 20 22 30 23 27 31 19 25 20 33 11 261
20 42 72 95 122 153 172 197 217 250 261
7月/8月 23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
Events

開会式[編集]

開会式は7月23日午後9時(BST)からセルティック・パークで行われ、ロッド・スチュワートスーザン・ボイルニコラ・ベネデッティらが登場した。また選手入場の際にマレーシアはマレーシア航空17便の犠牲者を追悼するため半旗を掲げて入場。さらにアレックス・サモンド自治政府首相には黙祷が捧げた。連盟旗にはイアン・ソープニコル・デービッドらが登場した。クライマックスのクイーンズバトンリレーの最終ランナーにサー・クリス・ホイが、コモンウェルスゲームズ連盟のイムラン会長に手渡され、女王に開会宣言が告げられた。

閉会式[編集]

閉会式は8月3日午後9時(BST)からハムデン・パークで行われ、カイリー・ミノーグルルディーコン・ブルードギー・マクリーンらが登場した。連盟旗がグラスゴー市長からゴールドコースト市長に引き継がれた。そしてエドワード王子により閉会宣言が告げられた。フィナーレにはスコットランド民謡 「オールド・ラング・サイン」を大合唱し、12日間の大会に幕を下ろした。

各国・地域のメダル獲得数[編集]

  Host nation (Scotland)
国・地域
1 イングランドの旗 イングランド 58 59 57 174
2 オーストラリアの旗 オーストラリア 49 42 46 137
3 カナダの旗 カナダ 32 16 34 82
4 スコットランドの旗 スコットランド 19 15 19 53
5 インドの旗 インド 15 30 19 64
6  ニュージーランド 14 14 17 45
7  南アフリカ共和国 13 10 17 40
8 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 11 11 14 36
9  ケニア 10 10 5 25
10 ジャマイカの旗 ジャマイカ 10 4 8 22

大会協賛社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Glasgow 2014 Presentation Transcript

関連項目[編集]

外部リンク[編集]