2010年コモンウェルスゲームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第19回コモンウェルスゲームズ
19th Commonwealth Games
開催都市 インドの旗 インド デリー
参加国・地域数 71
参加人数 6,081
競技種目数 21競技272種目
開会式 2010年10月3日
閉会式 2010年10月14日
開会宣言 チャールズ皇太子
パティル大統領
選手宣誓 アビナヴ・ビンドラ(射撃)
最終聖火ランナー スシル・クマール(レスリング)
主競技場 ネルースタジアム
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2010年コモンウェルスゲームズ2010 Commonwealth Games)は2010年10月3日から10月14日にかけてインドデリーで行われた。

大会開催までの経緯[編集]

2003年11月13日ジャマイカで行われた理事会で開催が決定した。なお、この大会にはカナダハミルトンも名乗りも挙げていたが、投票で46対22でデリーが開催地に選ばれた。

国際総合競技大会では1951年1982年アジア大会の開催の経験がある。

大会の準備[編集]

2005年1月には、コモンウェルスゲームズ連盟の副会長ラジャ・ランディール・シンが、大会組織委員会の設立が遅れていることに対する懸念を表明している。しかし2008年1月、コモンウェルスゲームズ連盟は進捗に問題はないと発表した。

本大会の実施に関する最高委員会の代表にはスポーツ省の大臣が、組織委員会の代表にはインドオリンピック委員会会長のスレシュ・カルマディが就任する予定である。

本大会の開催にかかる費用はおよそ16億米ドルと見積もられている。これには、空港や道路など、スポーツと直接関係のないインフラの開発にかかる費用は含まれていない。これにより、本大会は史上最も費用のかかるコモンウェルスゲームズとなる見込みである。 参考までに、2002年コモンウェルスゲームズの開催にかかった費用は約4億2000万米ドル、2006年コモンウェルスゲームズの開催にかかった費用は約11億米ドルである。

インフラ[編集]

現在のデリーには既に、都市計画に基づく国際的な機能が多く備わっている。しかし、大会の間にデリーを訪れる多くの観光客に対応するため、都市部の美化・輸送機関の開発・古い建造物に対する整備など、多くの改良作業がインド政府によって行われた。

主な競技会場[編集]

各国・地域のメダル獲得数[編集]

国・地域
1 オーストラリアの旗 オーストラリア 74 55 48 177
2 インドの旗 インド 38 27 36 101
3 イングランドの旗 イングランド 37 60 46 143
4 カナダの旗 カナダ 26 17 33 76
5  南アフリカ共和国 12 11 10 33
6  ケニア 12 11 9 32
7 マレーシアの旗 マレーシア 12 10 14 36
8 シンガポールの旗 シンガポール 11 11 9 31
9 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 11 8 14 33
10 スコットランドの旗 スコットランド 9 10 7 26

関連項目[編集]

外部リンク[編集]