金子信雄の楽しい夕食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金子信雄の楽しい夕食
ジャンル 料理番組
放送時間 月-金曜13:00 - 13:15(15分)
放送期間 1987年4月6日 ‐ 1995年3月31日
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
出演者 金子信雄
東ちづる
大桃美代子
成田万寿美
エンディング 「cookクッキング」(チェリッシュ
テンプレートを表示

金子信雄の楽しい夕食』(かねこのぶおのたのしいゆうしょく)は、1987年4月6日から1995年3月31日まで、朝日放送(ABC)を制作局として、テレビ朝日系列で放送された料理番組である。食通・料理通として知られた俳優金子信雄が自慢の料理の腕前を披露し、人気を博した。放送時間は、月曜日から金曜日の13:00 ‐13:15(JST)であった。

歴代アシスタント[編集]

最終回[編集]

上沼恵美子のおしゃべりクッキング』を新たに立ち上げるために1995年3月で終了する事が決まっていた。ところが、その矢先の同年1月20日に金子が急逝してしまった。その後は収録済の分を放送した後、番組内で金子が作ったレシピを辻調理師専門学校の講師が改めて作るという形で最終回までつないだ。また歴代のアシスタントが出演し、過去に作った料理で金子を偲ぶ回もあった。最終回には金子の息子が出演し、母(金子の夫人)である丹阿弥谷津子の代理を兼ねて視聴者にお礼の挨拶を述べて、8年に渡る番組を終了した。

番組エピソード[編集]

  • オープニングは毎回、スタジオからではなく、市場での食材を紹介するシーンから始まっていた(必ずしもそれがその日に採り上げるメニューの材料だとは限らない)。しかし、途中から全編スタジオからの放送に切り替わった。
  • 毎回試食のシーンでは金子が酒を飲んでおり(料理に合わせて日本酒、ビール、ワインを選ぶ。また、調理をしている東を横目に冷蔵庫から調理用のワインを取り出して飲んだり、大さじ2杯の料理酒を3杯と言って最後の1杯を飲んでいた事もある。)、番組は2週間分一気に収録するため、週末の放送などでは呂律が回らない事も多かった。
  • 通常でも調理しながら洒落や冗句を織り込みつつの軽妙なトークを展開していたが、酒が回るにつれてかなりきわどい発言をする事があった。金子は東ちづるを大変気に入っていたが、東の金子の扱いが巧く、セクハラをそうとは見せずあしらっていた(その一方で視聴者への調理法および分量等の説明を過不足なくこなすなど、進行役としても非常に優秀であった)。
    この二人のコンビネーションが絶妙だったために東降板後の大桃や成田は進行をこなすのが精いっぱいで金子の扱いに苦しむこととなり、金子は(特に大桃に)「ちじゅるはそうじゃなかったぞ」とか「ちじゅるならここで…」と東への寵愛ぶりを隠すことなく比較批評して適当にあしらうという素っ気ないやり取りが多くなり、時にはかなりやる気のない場面もあった。
  • 番組の後期になると年老いて1週間収録分の料理を全て少しずつでも食べることが難しくなったためか、金子自身は作った料理に全く箸を付けずアシスタントだけが味見をして、金子は酒だけ飲んでいるというシーンが増えた。
  • 通常、テレビの料理番組では、「10分煮込む」などの場合、あらかじめ調理しておいた鍋などを用意して入れ替える事が行われるが、この番組では本当に調理が終わるまで待っていたとされる。なお、画面には調理時間経過を表す時計が出ており、その際に流れるジングルには、高井麻巳子の「素顔で恋して」(アルバム「いとぐち」収録)のエンディング部分(ガットギターのソロフレーズ)が使われていた。
  • 朝日放送では毎年夏に高校野球の中継時期を迎えると準決勝放送日などを中心に通常編成の系列局に向けて一度裏送りを行い、大会終了後、次番組の『徹子の部屋』と共に後日改めて時差放送する形式を採ってい事があった(その日の試合〈地方予選含む〉に出場する地元代表校と関連する地方系列局も同じで、この場合『徹子の部屋』も当然振り替え放送となっており、これは現在も変わっていない。)。
  • 番組の最後、エンディングテーマが流れ出しスタッフロールが出た後に、必ず「今日のおさらい」という、VTRで文字通り作り方をおさらいするコーナーがあった。

スタッフ[編集]

エンディングテーマ[編集]

  • 「COOK・クッキング」 歌・エッちゃん・ジュンちゃん(チェリッシュ) 作詞・作曲:PEE&NAO 編曲:加藤達雄
  • 最大の特徴として、最後の「出来たー!!」のフレーズを、前述の「今日のおさらい」でその日に採り上げたメニューができ上がったシーンが出てくる瞬間とタイミングよくかち合わせるようにしていた。

放映ネット局[編集]

当時はテレビ朝日系列局が次第に増えていった時期であり、最終的に朝日放送・テレビ朝日との同時ネット局は最大21局に及んだ。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
近畿広域圏 朝日放送 テレビ朝日系列 制作・幹事局
関東広域圏 テレビ朝日 同時ネット
北海道 北海道テレビ
青森県 青森朝日放送 1991年10月開局から
宮城県 東日本放送
秋田県 秋田朝日放送 1992年10月開局から
山形県 山形テレビ 1993年4月のテレビ朝日系列へのネットチェンジから
福島県 福島放送
新潟県 新潟テレビ21
長野県 テレビ信州 日本テレビ系列
テレビ朝日系列[1]
1991年3月まで
長野朝日放送 テレビ朝日系列 1991年4月開局から
静岡県 静岡朝日テレビ [2]
石川県 北陸朝日放送 1991年10月開局から
中京広域圏 名古屋テレビ
広島県 広島ホームテレビ
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列[3]
遅れネット[4] 1993年3月打ち切り[5]
山口朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット 1993年10月開局から
香川県
岡山県
瀬戸内海放送
福岡県 九州朝日放送
長崎県 長崎文化放送 1990年4月開局から
熊本県 熊本朝日放送 1989年10月開局から
大分県 大分放送 TBS系列 遅れネット[6] 途中打ち切り
大分朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット 1993年10月開局から
鹿児島県 鹿児島放送
※1995年4月に開局を控えた愛媛朝日テレビでは、サービス放送で最終週のみ放送。
※遅れネットではあったが、チャネル・オー→スカイ・エーでも放送されていた。
※放送時点で日本テレビ系列とのクロスネット局だった青森放送(RAB、1991年9月まで)・山形放送(YBC、1993年3月まで)・福井放送(FBC、1989年4月以降)や、フジテレビ系列とのクロスネット局だったテレビ熊本(TKU、1989年9月まで)・テレビ大分(TOS、日本テレビ系列の3系列クロス・1993年9月まで)・テレビ宮崎(UMK、フジテレビ系列との3系列クロス)では、スポンサーセールスや編成の都合が付かなかったためか放送されなかった(大分県ではOBSへ移譲)。
1989年4月3日放送分から、エンディングのクレジットタイトルが「制作著作:朝日放送・東通企画」から「制作著作:ABC・東通企画」に変更された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1991年3月までは日本テレビ系列とテレビ朝日系列によるクロスネット局
  2. ^ 1993年9月までの社名は「静岡県民放送」(通称:静岡けんみんテレビ)で、同年10月に現社名に変更。
  3. ^ 1993年9月までは日本テレビ系列とテレビ朝日系列によるクロスネット局。
  4. ^ 同日の15:45 - 16:00に2時間45分遅れでネットしていた。
  5. ^ 山口朝日放送開局内定に伴う系列番組の移行準備の為途中打ち切り。
  6. ^ 自社制作番組『パッチワーク30』内のコーナーとして放送されていた。
テレビ朝日ABC 13:00 - 13:15枠
前番組 番組名 次番組
金子信雄の楽しい夕食
(この番組より料理番組枠)