過ぎ去りし日々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
過ぎ去りし日々
ジョージ・ハリスンシングル
初出アルバム『想いは果てなく〜母なるイングランド
B面 神のらくがき
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ダーク・ホース
作詞・作曲 ジョージ・ハリスン
プロデュース ジョージ・ハリスン
レイ・クーパー
チャート最高順位
ジョージ・ハリスン シングル 年表
ファースター
(1979年)
過ぎ去りし日々
(1981年)
ティアードロップス
(1981年)
テンプレートを表示

過ぎ去りし日々」(すぎさりしひび、All Those Years Ago)は、1981年ジョージ・ハリスンが発表した楽曲。前年の1980年12月8日に暗殺されたジョン・レノンへの追悼歌である。

アルバム想いは果てなく〜母なるイングランド』収録。ベスト・アルバム『ダーク・ホース 1976-1989』にも収録されている。

概要[編集]

本来は追悼歌との位置付けではなく、旋律についてはジョンの生前時点でジョージがリンゴ・スターに贈った曲で、レコーディングも行われていたが、リンゴのボーカルとキーが合わない[4]うえに歌詞が不出来と判断されていた[5] 。そこへジョンの訃報が飛び込む。これを受けジョージは急遽歌詞を書き換え、録音済みのリンゴによるドラムスに自身のボーカルを加えた。更に、ポール・マッカートニー率いるウイングスも協力[6]。結果として1970年に発表されたビートルズの「アイ・ミー・マイン」以来そして解散後で初めてジョージ・リンゴ・ポールが共演する楽曲として発表された。

ジョンへの畏敬、喪失の悲しみ、祈りなどを歌っている。歌詞には「All You Need Is Love」や「Imagine[注釈 1]、「God」など、ジョンが作った楽曲のタイトルやフレーズが登場する。

ジョン暗殺の衝撃が世界を走った直後とあって、ヒットした。アメリカの『ビルボード』誌では3週連続最高位2位を獲得し[2]、1981年度年間ランキングでは74位、『キャッシュボックス』誌では3週連続最高位3位を記録[7]し、1981年度年間ランキングでは、38位を記録している。イギリスでも最高位8位を獲得し、久しぶりのヒットとなった。

演奏[編集]

シングル収録曲[編集]

  1. 過ぎ去りし日々(All Those Years Ago
  2. 神のらくがきWriting's On The Wall

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「"you were the one who Imagined it all"」というフレーズで登場する。

出典[編集]

  1. ^ Artist: George Harrison”. Official Charts Company. 2019年3月6日閲覧。
  2. ^ a b Awards: George Harrison”. AllMusic. 2019年3月6日閲覧。
  3. ^ Top 100 Hits of 1981/Top 100 Songs of 1981”. Musicoutfitters.com. 2019年3月6日閲覧。
  4. ^ Rodriguez, Robert (2010). Fab Four FAQ 2.0: The Beatles' Solo Years, 1970–1980. Milwaukee, WI: Backbeat Books. ISBN 978-1-4165-9093-4. 
  5. ^ Madinger, Chip; Easter, Mark (2000). Eight Arms to Hold You: The Solo Beatles Compendium. Chesterfield, MO: 44.1 Productions. ISBN 0-615-11724-4. 
  6. ^ Badman, Keith (1999). The Beatles After the Breakup 1970-2000: A day-by-day diary. London: Omnibus Press. ISBN 0-7119-7520-5. 
  7. ^ “Cash Box Top 200 Singles”. Cash Box. (1981-06-27).