愛はすべての人に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛はすべての人に
ジョージ・ハリスンシングル
初出アルバム『慈愛の輝き
B面 ソフト・ハーテッド・ハナ(イギリス盤、日本盤)
ソフト・タッチ(アメリカ盤)
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ダーク・ホース
作詞・作曲 ジョージ・ハリスン
プロデュース ジョージ・ハリスン
ラス・タイトルマン
ジョージ・ハリスン シングル 年表
ブロー・アウェイ
(1979年)
愛はすべての人に
(1979年)
ファースター
(1979年)
テンプレートを表示

愛はすべての人に」(原題:Love Comes to Everyone)は、1979年4月27日に発売されたジョージ・ハリスン(George Harrison)の楽曲である。日本では、1979年5月25日にリリースされた。

概要[編集]

アルバム慈愛の輝き』からのセカンド・シングル。イントロ部分のリードギターエリック・クラプトン、間奏でのモーグ・シンセサイザースティーヴ・ウィンウッドによる。英米でチャート・インを果たせなかったが、ジョージのソロ作品の中でも、しばしば高く評価される楽曲の一つ。音楽評論家の和久井光司は「ジョージ・ハリスンのエッセンスが凝縮されている」と評し[1]、ジョージ・ハリスンのマニアとして知られる漫画家の本秀康は、特に好きな曲としてこの曲を挙げた[2]。『Best Of Dark Horse 1976-1989』では、シングル・ヴァージョンが聴くことが出来る。

エリック・クラプトンは、2005年に発表したアルバム『Back Home』で、ジョージへの追悼の意を込めてこの曲を取り上げている。

収録曲[編集]

  • 愛はすべての人に - (Love Comes to Everyone)
  • ソフト・ハーテッド・ハナ - (Soft-Hearted Hana)(英)(日)
  • ソフト・タッチ - (Soft Touch)(米)

脚注[編集]

  1. ^ 『KAWADE夢ムック 文藝別冊[総特集]ジョージ・ハリスン』(2001年、河出書房新社、ISBN 4-309-97619-0)p.79
  2. ^ 『レコード・コレクターズ増刊 オール・シングス・アバウト・ジョージ・ハリスン』(2002年、ミュージック・マガジン)p.51