クラウド・ナイン (ジョージ・ハリスンのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラウド・ナイン
ジョージ・ハリスンスタジオ・アルバム
リリース 1987年 11月2日
録音 -
ジャンル ロック
時間 41分25秒
レーベル ダーク・ホース/ワーナー・パイオニア(初発)
ダーク・ホース/東芝EMI(現行盤)
プロデュース ジョージ・ハリスンジェフ・リン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 10位(イギリス)
  • 8位(アメリカ)
ジョージ・ハリスン 年表
ゴーン・トロッポ
(1982年)
クラウド・ナイン
(1987年)
ダーク・ホース 1976-1989
(1989年)
テンプレートを表示

クラウド・ナイン(原題: Cloud Nine)は、1987年11月2日に発表されたジョージ・ハリスンのアルバムである。日本国内では同年11月10日ワーナー・パイオニアからリリースされた。

解説[編集]

セールスが全く振るわなかった1982年の前作『ゴーン・トロッポ』から、実に5年のブランクを経て発表されたオリジナル・アルバム。プロデュースを手がけたのはハリスンと、当時グループとしての活動を休止させたばかりのエレクトリック・ライト・オーケストラのリーダー、ジェフ・リンである。前作発表後、ハリスンは自らが出資する映画会社「ハンドメイド・フィルムズ」での仕事などに力を注ぎ、それ以外は趣味を楽しむようになった。そんな彼が再びミュージック・シーンへの本格的な復帰に興味を示すきっかけとなったのが、当時新婚だったショーン・ペンマドンナ元夫妻が主演して話題を呼んだハンドメイド・フィルムズ配給の映画『上海サプライズ』である。ハリスンはこの映画の制作総指揮を務め、当時未発表だった数曲の新曲を提供し、劇中にもエキストラ出演して演奏を披露していた。そのシーンでハリスンとともにビッグバンドの一員として演奏していたのがリンであった。共通の友人であるデイヴ・エドモンズを介して更に親交を深めるようになった二人は意気投合し、アルバムの制作へと至った。

この作品は以前のアルバムと同様に、自宅スタジオで1987年の1月から3月にかけて制作された。収録曲は1曲のカヴァー曲と先述の映画への提供曲を含む音楽活動を休止していた4年のあいだに書き溜められた作品から構成されており、うち数曲はリンとの共作である。参加ミュージシャンはこれまでのハリスンのアルバムでは常連の顔ぶれとなっていたジム・ケルトナーやレイ・クーパーに加え、エリック・クラプトンエルトン・ジョンなど非常に豪華なラインナップとなっている。

ジャケット撮影で使われたグレッチ・デュオ・ジェット(G6128T DSV)の近似モデル。ジョージのものは1957年製。外観上の違いは、ブリッジとコントロールノブとフレットインレイなど。

ジャケット写真でジョージが持っているギターは、ビートルズ初期に愛用していたグレッチ・デュオ・ジェットである。

アメリカビルボードでは最高8位まで上昇してミリオンセラーになった。1988年度年間ランキングでも、31位と上位にランクされた。また、『キャッシュボックス』誌では、最高位4位を獲得し、1988年度年間ランキングでは、こちらも24位と上位にランクされた。本国イギリスや日本のオリコンでも堅実なセールスを記録し、特に日本ではこれまでの彼の作品の中で最もセールス的に成功したアルバムとなっている。日本では1990年に一度再発され、その後レコード会社との契約の問題から長年廃盤になっていたが、デジタル・リマスタリングを施されて2004年3月にEMI傘下で再発された。その際には、ボーナス・トラックとして『上海サプライズ』に使用されていた「上海サプライズ」「ジグ・ザグ」の2曲が追加収録された。「ジグ・ザグ」はシングル「FAB」のカップリング曲としてシングルCDの形でCD化されていたが、「上海サプライズ」は公式にはこれが初CD化(但し、海賊盤としては映画中の音源を繋げた物がCDとして出回っていた)だった。

アルバムからのファーストシングル「セット・オン・ユー」は全米第1位(全英では2位)となり、この年の年間チャートでも第5位にランクされる大ヒットとなった。この大ヒットによってハリスンは「世界一長い間ヒットを飛ばし続けた男」としてギネスブックに認定されるにいたる。またセカンドシングル「FAB」も全米・全英ともに23位とヒットし、サンレモ音楽祭でベスト・ビデオ・クリップ賞を受賞している。サードシングル「ディス・イズ・ラヴ」(全英55位)は、このシングルのB面曲を製作するに当たって集まったメンバーがトラヴェリング・ウィルベリーズへと発展した。このアルバムには、他にもエルトン・ジョンがピアノで参加した「ジャスト・フォー・トゥデイ」や「ザッツ・ホワット・イット・テイクス」、「サムプレイス・エルス」などが収録されている。

収録曲[編集]

  • 付記があるもの以外はジョージ・ハリスン作曲。
  1. クラウド・ナイン - "Cloud 9" (3:15)
  2. ザッツ・ホワット・イット・テイクス - "That's What It Takes" (3:59) (George Harrison/Jeff Lynne/Gary Wright)
  3. フィッシュ・オン・ザ・サンド - "Fish On The Sand" (3:22)
  4. ジャスト・フォー・トゥデイ - "Just for Today" (4:06)
  5. ディス・イズ・ラヴ - "This is Love" (3:48) (George Harrison/Jeff Lynne)
  6. FAB - "When We Was Fab" (3:57) (George Harrison/Jeff Lynne)
  7. デヴィルズ・レイディオ - "'Devil's Radio" (3:52)
  8. サムプレイス・エルス - "Someplace Else" (3:51)
  9. 金星の崩壊 - "Wreck of the Hesperus" (3:31)
  10. ブレス・アウェイ・フロム・ヘヴン - "Breath Away from Heaven" (3:36)
  11. セット・オン・ユー - "Got My Mind Set on You" (3:52) (Rudy Clark)

アディショナル・トラック[編集]

  • 12. 上海サプライズ - "Shanghai Surprise" (5:09)
  • 13. ジグ・ザグ - "Zig Zag" (George Harrison / Jeff Lynne)

※2007 年にiTunes Store販売版に追加されたボーナス・トラック。

  • 14. セット・オン・ユー - "Got My Mind Set on You" (Extended Version) (5:17) (Rudy Clark)
        12”シングル収録バージョン

演奏者[編集]