谷津 (上尾市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 埼玉県 > 上尾市 > 谷津 (上尾市)
谷津
上尾郵便局
上尾郵便局
谷津の位置(埼玉県内)
谷津
谷津
谷津の位置
北緯35度58分15.3秒 東経139度35分23.7秒 / 北緯35.970917度 東経139.589917度 / 35.970917; 139.589917
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Ageo, Saitama.svg 上尾市
人口
2019年(平成31年)1月1日現在)[1]
 • 合計 2,837人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
362-0042[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮
座標の場所は上尾郵便局

谷津(やつ)は、埼玉県上尾市町名。現行行政地名は谷津一丁目および二丁目。住居表示実施済み[4]郵便番号は362-0042[2]

地理[編集]

上尾市中央部の大宮台地と、鴨川左岸側の低地からの谷戸からなる[5]起伏がある場所に位置する。町域は東部を高崎線を挟んで仲町愛宕と接し、南部は西宮下、西部は富士見、北部は柏座と接する。駅前空間となる北東部は商業地で、他は一部に耕作地が残るほかは主に住宅地が広がっている。上尾駅が至近にあり、その西口駅前広場が谷津の地区内に位置され、そこから西上尾第一・第二団地や川越市方面への路線バスや羽田空港へ向かう空港連絡バスも運行されるなど、市内では交通至便な地域である。

地価[編集]

住宅地の地価は、2018年平成30年)の公示地価によれば、谷津ニ丁目7-7の地点で14万6000円/m2となっている[6]

歴史[編集]

もとは江戸期より存在した足立郡大谷領に属する谷津村であった[5]。古くは柏座村のうちにあったが、正保〜元禄期の間に春日谷津村とともに分村して成立した。飛地が柏座および弁財両村のうちに存在した[5]。地名の由来は低湿地を意味する「ヤチ」が起源である[5]

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
谷津一丁目 435世帯 853人
谷津二丁目 959世帯 1,984人
1,394世帯 2,837人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[14]

丁目 番地 小学校 中学校
谷津一丁目 全域 上尾市立鴨川小学校 上尾市立南中学校
谷津二丁目 1-1ソフィア上尾
谷津二丁目 1-2以降 上尾市立富士見小学校 上尾市立西中学校

交通[編集]

地区の東境を高崎線が通るが、鉄道駅は設置されていない。最寄り駅は上尾駅[6]で至近距離にある。

道路[編集]

地区内に国道や主要地方道・県道は通っていない。なお、上尾郵便局の直ぐ北側を東西に通る都市計画道路(仮称)仲町谷津線が計画されている[15][16]。高崎線との交差箇所はアンダーパスとなる予定。

  • 都市計画道路 上尾平方線[17](市民体育館通り)
  • 谷津一番街通り[15]

バス[編集]

谷津二丁目に所在する西口駅前広場より西上尾第一・第二団地方面や川越駅方面への路線バスが多数運行されている。

東武バスウエスト上尾営業所

地区内は始・終点となる「上尾駅西口」停留所のみ設置されている[18]

上尾市コミュニティバス「ぐるっとくん[19]
  • 大石桶川線
  • 大石領家北上尾線
  • 平方丸山公園線
  • 平方小敷谷循環
  • 大谷循環
  • 原市瓦葺線

地区内は「上尾駅西口」・「谷津」停留所が設置されている。

施設[編集]

地区が駅前に位置するため、多数の商業施設が立地する。なお、上尾駅は柏座に立地する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁大字別人口表”. 上尾市 (2019年2月4日). 2019年2月10日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年2月14日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年2月14日閲覧。
  4. ^ 住居表示に関する届け出”. 上尾市役所 (2017年12月28日). 2019年2月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』868頁。
  6. ^ a b 国土交通省地価公示・都道府県地価調査.2019年2月14日閲覧。
  7. ^ 『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』117-123頁。
  8. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1421頁。
  9. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』929頁。
  10. ^ a b 『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』299-230頁。
  11. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』928頁。
  12. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』増補5頁。
  13. ^ 広報あげお 2018年7月号(No.1012) (PDF)”. 上尾市役所. pp. 1-9 (2018年7月). 2019年2月14日閲覧。
  14. ^ 市内小・中学校通学区一覧”. 上尾市 (2018年4月1日). 2019年2月14日閲覧。
  15. ^ a b 『上尾の都市計画』 Ⅵ 上尾市の都市計画の現況 (PDF)”. 上尾市役所. pp. 16・36 (2019年4月). 2019年8月15日閲覧。
  16. ^ 『上尾の都市計画』 (PDF)”. 上尾市役所. p. 46 (2019年4月). 2019年8月15日閲覧。
  17. ^ 上尾市緊急輸送道路閉塞建築物耐震診断補助制度”. 上尾市役所 (2014年8月25日). 2019年2月14日閲覧。
  18. ^ 路線図 (PDF) - 東武バス. 2019年2月18日閲覧。
  19. ^ ぐるっとくん 上尾市内循環バスROAD案内マップ (PDF) - 上尾市役所.2019年2月11日閲覧。
  20. ^ 特集 JR高崎線上尾駅開業130周年 時代と共に変わる上尾駅 (PDF)”. 上尾市役所. 2019年2月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 上尾市教育委員会・編『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』上尾市、1997年3月31日。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104