大石村 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大石村
廃止日 1955年1月1日
廃止理由 新設合併
上尾町、平方町原市町大石村
上平村大谷村 → 上尾町
現在の自治体 上尾市桶川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
北足立郡
面積 12.04km2.
総人口 5,817
(住民登録人口、1954年7月1日)
隣接自治体 北足立郡上尾町桶川町平方町上平村大谷村川田谷村
比企郡川島村
大石村役場
所在地 埼玉県大石村大字中分[1]
外部リンク 当時村ホームページは存在せず
 表示 ウィキプロジェクト

大石村(おおいしむら)は、埼玉県北足立郡にあった。大石の名は、この地域が大谷領および石戸領に属していたことにちなむ。現在の上尾市北西部(一部は桶川市)にあたり、1955年に上尾町・平方町・原市町・上平村・大谷村と合併して上尾町となり消滅した。

地理[編集]

隣接していた自治体[編集]

(括弧内は現在の自治体)

歴史[編集]

大石村初代村長の新藤慶之助
  • 1869年(明治2年)1月 - 村域は廃藩置県により、大宮県に所属。
  • 1869年(明治2年)9月 - 大宮県が浦和県に改称。
  • 1871年(明治4年)11月14日 - 浦和県が忍県岩槻県と合併し、埼玉県が誕生。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、藤波村・中分村・畔吉村・小敷谷村・小泉村・石戸領領家村(以上石戸領)・沖ノ上村・弁財村・中妻村・井戸木村(以上大谷領)が合併し、大石村となる[1]。名称は石戸領と大谷領の頭文字をとって大石村とした。役場を大字小泉に設置[1]。合併時は人口3,626人、戸数は587戸。
  • 1955年1月1日 - 上尾町・平方町・原市町・上平村・大谷村と合併し、上尾町となる[2]。大石村消滅。大字は上尾町へ継承された。
  • 1956年(昭和31年)4月1日 - 大字井戸木字後が上尾町から分離し、桶川町に編入される[3]
  • 1956年(昭和31年)4月2日 - 大字井戸木字後の一部が桶川町から分離し、上尾町に編入される[3]
  • 1958年(昭和33年)7月15日 - 市制施行により上尾市となる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』155頁。
  2. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1421頁。
  3. ^ a b 町の境界変更 昭和31年3月31日 総理府告示第144号”. 桶川市役所 (1956年3月31日). 2018年10月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]