原市町 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原市町
安藤乗合馬車
安藤乗合馬車
廃止日 1955年1月1日
廃止理由 新設合併
上尾町、平方町原市町大石村
上平村大谷村 → 上尾町
現在の自治体 上尾市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
北足立郡
面積 5.6km2.
総人口 3,897
(住民登録人口、1954年7月1日)
隣接自治体 大宮市、北足立郡上尾町、上平村、伊奈村
春岡村、南埼玉郡蓮田町
原市町役場
所在地 埼玉県北足立郡原市町大字原市[1]
 表示 ウィキプロジェクト

原市町(はらいちまち)は、埼玉県北足立郡にあった。現在の上尾市南東部にあたり、1955年に上尾町・平方町大石村上平村大谷村と合併して上尾町となり消滅した。

地理[編集]

隣接していた自治体[編集]

(括弧内は現在の自治体・行政区)

歴史[編集]

  • 1869年(明治2年)1月 - 町域は廃藩置県により、大宮県に所属。
  • 1869年(明治2年)9月 - 大宮県が浦和県に改称。
  • 1871年(明治4年)11月14日 - 浦和県が忍県岩槻県と合併し、埼玉県が誕生。
  • 時期不明(明治初期) - 原市村が原市町となる[1]
  • 1874年(明治7年) - 上瓦葺村・本瓦葺村・下瓦葺村が合併し、瓦葺村となる[2]
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、北足立郡原市町[1]・瓦葺村が発足、2町村で原市町外1ヶ村組合を構成する。
  • 1913年(大正2年)4月2日 - 原市町外1ヶ村組合を解消、瓦葺村を原市町に編入し、改めて原市町となる[3]。旧町村は原市町の大字原市および大字瓦葺となる。
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - 上尾町・平方町上平村大石村大谷村と合併し、上尾町となる[3]。大字は上尾町へ継承された。
  • 1956年(昭和31年)1月1日 - 岩槻市の一部(馬込の一部)が蓮田町に編入され、上尾町大字瓦葺と隣接しなくなる[4]
  • 1958年(昭和33年)7月15日 - 上尾町が市制施行して上尾市となる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]