谷津矢車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
谷津 矢車
誕生 1986年3月??
日本の旗 東京都
職業 小説家劇作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 歴史小説
主な受賞歴 歴史群像大賞優秀賞(2012年)
歴史時代作家クラブ賞作品賞(2018年)
デビュー作 『洛中洛外画狂伝』2013年
配偶者 既婚
公式サイト 谷津矢車 note
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

谷津 矢車(やつ やぐるま、1986年3月[1] - )は、日本小説家演劇の原案も提供する。ペンネームの谷津矢車は実家の家紋が八つ矢車であることに由来[2]

来歴[編集]

東京都青梅市出身。北多摩高等学校[3]駒澤大学文学部歴史学科考古学専攻卒業。中学生の頃から小説を書きはじめる。2012年『蒲生の記』で第18回歴史群像大賞優秀賞受賞。2013年『洛中洛外画狂伝』でデビュー。二作目の『蔦屋』は「この時代小説がすごい!2015年版」にて第7位[4]。小説の執筆だけでなく、原案提供も行う。

2018年『おもちゃ絵芳藤』で第7回歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞。2019年2月、初の短編集『奇説無惨絵条々』を発表。

  • 2015年12月、KADOKAWA角川文庫から刊行予定だった『からくり同心 景 黒い好敵手』は、担当編集者による無断改変(文章の大幅加筆や台詞の変更など[5])があったとして発売中止となった。また、同年8月刊行の『からくり同心 景』にも同様の改変があったとして絶版・回収が決定した[6][7][8]

受賞・候補[編集]

作品[編集]

単行本[編集]

文庫[編集]

  • 『唸る長刀』幻冬舎 2014年6月 (主人公 大石進)
  • 『ふりだし 馬律流青春雙六』学研パブリッシング 2014年8月 [18]
  • 『洛中洛外画狂伝 狩野永徳 上』学研M文庫 2014年10月
  • 『洛中洛外画狂伝 狩野永徳 下』学研M文庫 2014年10月 (Kindle版)
  • 『からくり同心 景』KADOKAWA 2015年8月 (前述の無断改変問題により初版絶版・回収)
  • 『柳生剣法帖 ふたり十兵衛』KADOKAWA 2015年9月 (主人公 柳生十兵衛)
  • 『からくり同心 景 黒い好敵手』KADOKAWA 2015年12月
  • 『しゃらくせえ 鼠小僧伝』幻冬舎 2016年5月
  • 『洛中洛外画狂伝 狩野永徳』徳間文庫 2018年2月
  • 『曽呂利 -秀吉を手玉に取った男 』実業之日本社 2019年2月 [19]


アンソロジー収録作品[編集]

未刊行・未収録作品[編集]

  • 「恋唄」(短編『野性時代』2014年10月号、角川書店)
  • 「さよなら僕らの西郷どん」(短編『文芸カドカワ』2015年3月号、角川書店)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 谷津矢車. “この辺りが誕生日、実際の誕生日は非公開”. 2019年3月6日閲覧。
  2. ^ 作家インタビュー:谷津矢車 Reader Store
  3. ^ 谷津矢車. “facebook”. 2019年3月6日閲覧。
  4. ^ e-hon. “『三人孫市』著者紹介”. 2019年3月6日閲覧。
  5. ^ 【お詫び】からくり同心景シリーズ凍結について 谷津矢車観察日記 2015年12月24日
  6. ^ 12月25日発売予定 角川文庫『からくり同心 景 黒い好敵手』発売中止のお知らせとお詫び KADOKAWA 2015年12月24日
  7. ^ 谷津矢車さん新作小説を無断改変 発売中止 毎日新聞 2015年12月24日
  8. ^ KADOKAWAが小説発売中止 編集者が原稿を無断改変 産経ニュース 2015年12月24日
  9. ^ 本屋が選ぶ時代小説大賞
  10. ^ 学研HD 2014年12月11日. “谷津矢車の長編第2作『蔦屋』が「この時代小説がすごい!2015年版」第7位にランクイン!”. 2019年3月6日閲覧。
  11. ^ 学研出版サイト. “谷津矢車”. 2019年3月6日閲覧。
  12. ^ 幻冬舎. “谷津矢車”. 2019年3月6日閲覧。
  13. ^ 文藝春秋. “谷津矢車”. 2019年3月6日閲覧。
  14. ^ 週刊読書人ウェブ. “谷津矢車”. 2019年3月6日閲覧。
  15. ^ 角川春樹事務所「ランティエ」2017年8月号. “個人の個性を殺そうとする組織の不気味さみたいなものを書いてみたかった『某には策があり申す 島左近の野望』刊行記念インタビュー”. 2019年3月6日閲覧。
  16. ^ 小学館. “谷津矢車”. 2019年3月6日閲覧。
  17. ^ 紀伊国屋書店. “『奇説無惨絵条々』2019年2月 文藝春秋”. 2019年3月6日閲覧。
  18. ^ 学研出版サイト. “『ふりだし 馬律流青春雙六』”. 2019年3月6日閲覧。
  19. ^ 紀伊国屋書店. “著書”. 2019年3月6日閲覧。
  20. ^ 光文社. “『平成二十六年度(60) 代表作時代小説』”. 2019年3月6日閲覧。
  21. ^ 中央公論新社. “『幕末 暗殺! 』”. 2019年3月6日閲覧。

 

外部リンク[編集]