草奈伎神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
草奈伎神社
Kusanagi-jinja (Geku) 02.jpg
所在地 三重県伊勢市常磐一丁目5番
位置 北緯34度29分41.4秒
東経136度41分41.9秒
座標: 北緯34度29分41.4秒 東経136度41分41.9秒
主祭神 御剣仗神
社格 式内社(小)
豊受大神宮摂社
創建 延暦23年(804年)以前
本殿の様式 神明造
例祭 神嘗祭10月19日
主な神事 祈年祭月次祭ほか
テンプレートを表示
大間国生神社
Omakunari-jinja 02.jpg
所在地 三重県伊勢市常磐一丁目5番
位置 北緯34度29分42秒
東経136度41分48.2秒
主祭神 大若子命乙若子命
社格 式内社(小)
豊受大神宮摂社
創建 雄略天皇21年(477年
本殿の様式 神明造
例祭 神嘗祭大間巡回(10月19日)
主な神事 祈年祭月次祭ほか
テンプレートを表示

草奈伎神社(くさなぎじんじゃ)は、伊勢神宮豊受大神宮外宮)の摂社。外宮の摂社としては第1位である[1]。本記事では草奈伎神社と同じ社地にある外宮摂社の大間国生神社(おおまくなりじんじゃ)についても記述する。

草奈伎神社・大間国生神社ともに外宮の中でも格式の高い神社であり、20年に1度の社殿の造り替えが行われてきたほか、他の摂社以下の神社に比べ多くの祭祀が行われる[2]

概要[編集]

ここでは草奈伎神社・大間国生神社共通事項について記述する。

三重県伊勢市常磐一丁目1142番地[3]住居表示では常磐一丁目5番)、大間広と呼ばれる台地上に鎮座する[2]。一の鳥居から宮域に入り、向かって左側(西側)が草奈伎神社、右側(東側)が大間国生神社である[1]。宮域面積は1,744m2[4]。地元では氏神の祭礼当日に小俣神社へ参拝する風習がある[5]

賽銭箱は置かれていない。鎮座地は南側が伊勢市道に面するほかは三方を住宅地に囲まれている[4]

祭神[編集]

草奈伎神社の祭神は御剣仗神(みしるしのつるぎのかみ)[1]。外宮の祭祀を司ってきた度会氏の遠祖である大若子命(おおわかこのみこと[1]、おおわくごのみこと[2])が越国の阿彦(あびこ)を平定する際に使った[1]剣のであるという[2]。大若子命は大間国生神社に祀られている[2]皇大神宮(内宮)方の学者側からは、大若子命を度会氏の遠祖に位置付けることが不遜であると非難されているが、櫻井勝之進は「度会の一族がかつて祖神と仰いだ神々であったということだけは尊重してよいと思われる」と述べている[2]

大間国生神社の祭神は先述の大若子命と乙若子命(おとわかこのみこと)。両神とも京都市にある梅宮大社の祭神と同じである[6]。鎮座地の大間広を開拓した神であり、天日別命(あめのひわけのみこと)の子孫であるとされる[1]。大若子命は鳥羽市沖の答志島・和具の古墳に、乙若子命は志摩市志摩町和具の古墳にも葬られている[7]

草奈伎神社[編集]

社名・草奈伎神社の「くさなぎ」の表記は『止由氣儀式帳』では「草奈支」、『神名秘書』では「草奈岐」となっており、近世には先述の2つに加え「草薙」も出現したが、『延喜式神名帳』にしたがって今日では「草奈伎」に統一されている[8]日本武尊伝説にちなんで命名されたという説がある[9]

社殿神明造板葺で、写真にあるように玉垣に囲まれている[10]承元4年(1210年)にそれまで外宮摂社の第1位であった月夜見宮が別宮に昇格して以降、草奈伎神社が摂社の第1位となった[8]1976年昭和51年)6月25日に建て替えられた[10]

大間国生神社[編集]

『倭姫命世記』 によれば倭姫命雄略天皇21年丁巳冬10月(ユリウス暦477年10月 - 11月)に定めた神社であるとされ、社名・大間国生神社は、「大間社」と記す古書もある[11]。外宮の摂社としては第2位である。

社殿は草奈伎神社と同様に神明造板葺である[12]。1つの玉垣の中に2つの社殿が建っており、右側(東側)が大間社で大若子命を、左側(西側)が国生社で乙若子命を祀るとされる[1]。『勢陽五鈴遺響』に同様の記述がある[13]。式内社であり、多くの古書に2つの社殿からなることが記されているが、『延喜式神名帳』では「大間国生神社」とあるのみで2つの社殿があるとは記されていない[14]。1976年(昭和51年)5月28日に建て替えられた[12]

『類聚神祇本源』では清野井庭神社が「大間社東野」にあり、草名伎社が「大間社西」にあったと記述しており、清野井庭神社を今社に比定する説が正しいとすれば、大間国生神社と草奈伎神社の位置がずれることになる[15]。この問題に関して『宇治山田市史』では、往古の大間国生神社は江戸時代の同社よりも広い社地を持っていたと考えられるが、清野井庭神社の再興時点での大間国生神社の社地を基準に考えてしまったため現社地(伊勢市常磐一丁目8番)に清野井庭神社が鎮座したのであり、今社(伊勢市宮町一丁目1番)が式内社の清野井庭神社の本来の社地であるとしている[16]

歴史[編集]

ここでは草奈伎神社・大間国生神社共通事項について記述する。

伊勢神宮の摂社の定義より『延喜式神名帳』成立、すなわち延長5年(927年)以前に創建された。また、『止由氣儀式帳』にも記載がある[17]ことから延暦23年(804年)以前から存在したことになる。応仁2年(1469年)にはまだ存続していたものの中世に廃絶し、近世には社地不明となる[18]

禰宜度会常晨(桧垣常晨)の尽力により、正保2年(1645年)に現社地で再興された[3]。現社地が古代の草奈伎神社社地と同じであるかどうかについては近世に議論もあったが、遷座することはなかった[19]。多くの摂社が再興された寛文3年(1663年)には、すでに再興されていた草奈伎神社・大間国生神社では社殿の建て替えと宮域の画定が行われた[20]

大間国生神社は、第二次世界大戦中の1945年(昭和20年)7月29日宇治山田空襲により被災した[21]

祭祀[編集]

草奈伎神社では歳旦祭(1月)、元始祭(1月)、建国記念祭(2月11日)、祈年祭(2月)、風日祈祭(5月・8月)、月次祭(6月・12月)、神嘗祭(10月)、新嘗祭(11月)、天長祭12月23日)のすべてが境内にて祭祀を執行しており、外宮の摂社では唯一遥祀によらず祭儀が行われる[22]。同じ宮域にある大間国生神社では歳旦祭、元始祭、建国記念祭、風日祈祭、天長祭を遥祀により、その他の祭典は社殿の前で巡回祭祀により執行する[6]

植物相[編集]

境内には高木ケヤキムクノキクスノキカシのほか中低木のアラカシネズミモチサンゴジュが茂る[23]。境内地の生垣にはネズミモチ、サンゴジュとイスノキが植えられている[24]

交通[編集]

公共交通
自家用車

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 伊勢文化舎(2008):53ページ
  2. ^ a b c d e f 櫻井(1969):91ページ
  3. ^ a b c 式内社研究会 編(1990):213, 299ページ
  4. ^ a b 式内社研究会 編(1990):216, 303ページ
  5. ^ 櫻井(1991):294ページ
  6. ^ a b 式内社研究会 編(1990):302ページ
  7. ^ 中村(1951):152ページ
  8. ^ a b 式内社研究会 編(1990):213ページ
  9. ^ 式内社研究会 編(1990):215ページ
  10. ^ a b 式内社研究会 編(1990):217ページ
  11. ^ 式内社研究会 編(1990):299, 302ページ
  12. ^ a b 式内社研究会 編(1990):304ページ
  13. ^ 式内社研究会 編(1990):301ページ
  14. ^ 式内社研究会 編(1990):303ページ
  15. ^ 式内社研究会 編(1990):330ページ
  16. ^ 宇治山田市役所 編(1929):下巻936 - 937ページ
  17. ^ 式内社研究会 編(1990):213, 216ページ
  18. ^ 式内社研究会 編(1990):213, 216, 217, 302, 304ページ
  19. ^ 式内社研究会 編(1990):213 - 215ページ
  20. ^ 式内社研究会 編(1990):215 - 216, 300 - 301ページ
  21. ^ 伊勢市 編(1968):445ページ
  22. ^ 式内社研究会 編(1990):216ページ
  23. ^ 式内社研究会 編(1990):216 - 217, 303ページ
  24. ^ 式内社研究会 編(1990):217, 303ページ

参考文献[編集]

  • 伊勢市 編『伊勢市史』伊勢市役所、昭和43年3月31日、954p.
  • 宇治山田市役所 編『宇治山田市史 下巻』宇治山田市役所、昭和4年3月5日、1690p.
  • 櫻井勝之進『伊勢神宮』学生社、昭和44年5月20日、251p.
  • 櫻井勝之進『伊勢神宮の祖型と展開』国書刊行会、平成3年11月30日、318p. ISBN 4-336-03296-3
  • 式内社研究会 編『式内社調査報告 第六巻 東海道1』皇學館大学出版部、平成2年2月28日、690p. ISBN 4-87644-080-8
  • 中村精貮『志摩の地名の話』伊勢志摩国立公園協会、昭和26年11月3日、167p.
  • 『お伊勢さん125社めぐり』別冊『伊勢人』、伊勢文化舎、平成20年12月23日、151p. ISBN 978-4-900759-37-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]