朽羅神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朽羅神社
Kuchira-jinja.jpg
所在地 三重県度会郡玉城町森ノ前272
位置 北緯34度29分1.9秒
東経136度35分1.5秒
座標: 北緯34度29分1.9秒 東経136度35分1.5秒
主祭神 千依比賣命
千依比古命
社格 式内社(小)
皇大神宮摂社
創建 延暦23年(804年)以前
本殿の様式 神明造
別名 宮田森
主な神事 神嘗祭
地図
朽羅神社の位置(三重県内)
朽羅神社
朽羅神社
テンプレートを表示

朽羅神社(くちらじんじゃ)は、伊勢神宮皇大神宮(内宮)の摂社。内宮の摂社27社のうち第12位である[1]

祭神は農耕神で、境内は水田の中に浮かぶ緑の小島のように見える[2]

概要[編集]

三重県度会郡玉城町森ノ前272に鎮座する[3]。鎮座地は「宮田森」と呼ばれる[4]倭姫命の定めた神社である[3]。石を神体とする[5]

社名の「朽羅」とは、「籠る」(こもる)という意味であり、の籠る森であることを指している[4][6]。別の説では、「朽羅」は「口原」であり、道の入り口を指すと解釈する[7]。「朽羅」の読みに関しては、「くちら」とする史料と「くたみ」とする史料がある[7]

境内の入り口には石をくりぬいた手水舎があり、くねった参道を進むと小さな社殿に達する[8]。社殿は神明造板葺で長さ6尺(≒1.8m)×広さ4尺(≒1.2m)である[9]。社地の面積は3反9畝9歩(≒3,898m2[10]

祭神[編集]

祭神は千依比賣命(ちよりひめのみこと)と千依比古命(ちよりひこのみこと)[4][6]。どちらも田野の守護神である[4][6]。2柱はともに大歳神の子であり、千依比賣命が姉、千依比古命が弟である[3]

『神名秘書』では祭神を水神とする[9]

歴史[編集]

『皇大神宮儀式帳』には「朽羅神社」の記載はなく、「久麻良比神社」として掲載されている[11]。久麻良比神社は千依比賣命と千依比古命を祭神としており、倭姫命が定めた神社であった[11]

寛文3年8月29日グレゴリオ暦1663年9月30日)に再興された[7]。ただし、御巫清直は再興地が旧社地ではないと述べ、江戸時代には既に廃村となっていた旧原村の産土神が旧社地であるとした[12]。「朽羅」を「くたみ」と読むと主張する伴信友は、朽羅神社の読みが二見(ふたみ)に似ていることから、二見に鎮座していた神社ではないかと解釈している[13]

社殿は1908年(明治41年)12月に建て替えられている[10]

祭祀[編集]

雨乞い信仰のある神社であり、雨の降らない日が続くと住民が太鼓ほら貝を鳴らしながら「アーメ、ターモレ、ターベーヨ」(雨賜もれ給べよ)と復唱した[3]

周辺[編集]

神社は方角さえ間違えなければ分かりやすい位置に鎮座する[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宇治山田市役所 編(1929):9 - 11ページ
  2. ^ 伊勢文化舎 編(2008):62, 64ページ
  3. ^ a b c d e 辰巳出版(2013):59ページ
  4. ^ a b c d 学研パブリッシング(2013):68ページ
  5. ^ 金子(1983):59ページ
  6. ^ a b c 伊勢文化舎 編(2008):64ページ
  7. ^ a b c d 式内社研究会 編(1990):315ページ
  8. ^ レディオ キューブ FM三重”. 8月17日放送 玉城町 朽羅(くちら)神社. 三重エフエム放送 (2013年4月4日). 2014年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月4日閲覧。
  9. ^ a b 式内社研究会 編(1990):317ページ
  10. ^ a b 宇治山田市役所 編(1929):10ページ
  11. ^ a b 式内社研究会 編(1990):316ページ
  12. ^ 式内社研究会 編(1990):315 - 316ページ
  13. ^ 式内社研究会 編(1990):316 - 317ページ
  14. ^ コース19 玉城ルート2 〜古薫る田園の神々を巡る〜”. 伊勢市観光協会. 2013年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 伊勢文化舎 編『お伊勢さん125社めぐり』別冊『伊勢人』、伊勢文化舎、平成20年12月23日、151p. ISBN 978-4-900759-37-4
  • 宇治山田市役所 編『宇治山田市史 上巻』宇治山田市役所、昭和4年1月20日、862p.
  • 学研パブリッシング『伊勢神宮に行こう』Gakken Mook神社紀行セレクションvol.1、薗田稔監修、学研マーケティング、2013年7月4日、82p. ISBN 978-4-05-610047-1
  • 金子延夫『玉城町史 第1巻―南伊勢の歴史と伝承―』三重県郷土資料叢書第61集、三重県郷土史料刊行会、昭和58年8月10日、276p.
  • 式内社研究会 編『式内社調査報告 第六巻 東海道1』皇學館大学出版部、平成2年2月28日、690p. ISBN 4-87644-080-8
  • 『日本人なら知っておきたい 伊勢神宮と125の社』タツミムック、辰巳出版、2013年11月1日、127p. ISBN 978-4-7778-1197-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

画像外部リンク
朽羅神社